十三非常階段
●ミクロマン  マグネパワーズ アミューズメント限定版 ミクロマン ウォルト
MICROMAN MAGNE POWERS Amusement Prize Exclusive MICROMAN WALT 426

ミクロマン・マグネパワーズは数多くのバリエーションが存在し,
特にアニメやコミックスで主役となったチームの5人は
カラーバリエーションやリデコレーション版が数多く製作された。

アミューズメント施設専用のプライズ版ミクロマンもその一つであり、
景品としても通用するマグネパワーズの汎用性の高さを示した。

更にミクロマン・マグネパワーズの優れた点を挙げるとすれば、十数年以上という
長期間経た後に当時と変わらぬ遊び方をしても、何ら問題は無い事である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  038 アクロゼンマイン カブターボ
ミクロマン マグネパワーズ 038 アクロゼンマイン カブターボ 1738

20世紀末という時世も影響していたのだろう、1999年を中心に展開した
小さな巨人ミクロマン 超磁力システム』、通称ミクロマン・マグネパワーズは、
タカラ製男児玩具の集大成的な要素を多分に含んだトイで構成されていた。

主軸となる可動ミニフィギュアのミクロマンは勿論の事、
磁石を組み込んだマグネモシリーズ、変形ロボットのトランスフォーマー等、
それまでタカラが培ってきた様々なトイシリーズの長所を惜しげも無く導入している。

そして1980年代に一大ブームを起こしてタカラ製玩具のブランドの一つとなった、
チョロQのギミックを取り入れたミクロマンの新アイテムがゼンマインである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  マグネパワーズ アミューズメント限定版 ミクロマン エジソン
MICROMAN MAGNE POWERS Amusement Arcade Prize MICROMAN EDISON 9097

昭和期にスタートしたミクロマンシリーズは大いに人気を博し、
約10年間も継続する長期シリーズとして展開、
男児玩具の一つのジャンルとして確固たる地位を築いていた。

昭和ミクロマンのシリーズ終了後は久しく休止状態にあり、
本格的に復活したのは1998年から展開した平成ミクロマンだった。

アミューズメント限定版マグネパワーズは、平成ミクロマンのボディに
昭和ミクロマンのカラーリングを取り入れた独特な仕様により、
新旧のファンが楽しめる画期的なミクロマンであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  マグネパワーズ アミューズメント限定版 ミクロマン オーディーン
ミクロマン マグネパワーズ アミューズメント限定版 ミクロマン オーディーン 8980

1999年、玩具展開と共にミクロマン初のTVアニメ放送を行った
相乗効果により、スマッシュヒットを飛ばしたミクロマンシリーズは、
破竹の勢いで数々のプロモーションを実施した。

アミューズメント施設用のプライズもその一環であり、
ゲームセンターにミクロマンフィギュアが景品として登場するという、
誰も予想していなかった展開に驚きを禁じ得なかった。

更にプライズながらも手抜かり無く製作されており、一般販売されている
ミクロマンフィギュア
と比べても全く遜色が無い完成度の高いアイテムだった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  019 アクロイヤーチェンジトルーパーズ コブラージ
ミクロマン マグネパワーズ 019 アクロイヤーチェンジトルーパーズ コブラージ 216

悪の軍団アクロイヤーに属し、強力な戦闘力を秘めているにも拘らず、
その力を使いこなせずに日和見主義に徹しているキャラクターがコブラージだ。

「能ある鷹は爪を隠す」と言うが、コブラージは
終始実力を発揮出来ない性分のキャラクターであった。

しかし表面上の態度とは裏腹に、家族を養う為に
汚れ仕事にも取り組む様は、一家の主として理想の姿なのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  004 マグネパワーズ ミクロマン エジソン
ミクロマン・マグネパワーズ 004 ミクロマンエジソン 718

頭脳明晰なキャラクターはどの様なジャンルのストーリーにも
必ずと言って良いほど存在しているが、
それは『ミクロマン』に於いても同様である。

更に発明家であり、その名も“エジソン”という、
この上なく分かり易いネーミングにも痺れる。

新型マシンの開発に余念が無いエジソンは、
ある意味、要とも言える存在であり、
ミクロマンチームの重要人物である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  002 マグネパワーズ ミクロマン イザム
ミクロマン・マグネパワーズ 002 ミクロマンイザム  367

ミクロマン・マグネパワーズには数々のアイディアが盛り込まれている。

共通の型で造られたボディのカラーを変える事で別キャラククターとしていた
昭和期のミクロマンに対し、平成ミクロマンはボディは同じでも
頭部を新規造形の物にする事で、キャラクターの差別化が分かり易くなった。

カラーリングと頭部変更のアイディアは画期的であり、
基本的には同じ仕様のトイながら、全てのキャラクターを
収集したくなる欲求に駆られてしまう魅力的な物であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  016 アクロイヤーマグネパワーズ デモンレッド
Microman Magnepowers Demonred IMGP9487

タカラのSF玩具ミクロマンは、誕生から四半世紀近くの時を経て
初めてTVアニメ化された、非常に息の長いシリーズである。

その間、休止状態も長く続いていたが、1998年に本格的に復活を果たし、
玩具と共にコミックやアニメが製作され、マルチメディア展開を行った。

その軸となるのは無論玩具であり、昭和ミクロマンの意匠を受け継ぎながらも
平成の時代に相応しい、スタイリッシュなデザインがファンを虜にした。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  003 マグネパワーズ ミクロマン ウォルト
microman walt MGP0896

最小クラスのアクションフィギュアであるミクロマンは、
昭和期に一旦シリーズが終了し、長い歳月が経っていた。

1998年に本家タカラが復活させた新シリーズでは、
10cmであった昭和ミクロマンよりも更に小さい8cmの物が採用され、
新機構として全身各所に磁石を内蔵した事で、
プレイバリューが高い傑作シリーズとなった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  007 チェンジトルーパーズ トマホーク
Imgp7845.jpg

チェンジトルーパーズとは変形するミクロマンだ。

ミクロマンは小サイズのボディを活かしてビークルや基地に搭乗する事が
定番であったが、ミクロマン自体が変形するといったアイディアは
それまでのミクロマンの暗黙のルールを覆す新発想であった。

この柔軟な姿勢が面白味のあるトイを生み出しているのだろう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  021 アクロイヤーチェンジトルーパーズ チェーンスパイダー
Imgp3711.jpg

既存のミクロマンのスタイルを継承しつつ、
新たなアイディアを盛り込んだ平成ミクロマンシリーズには
マシーンに変形するミクロマンも登場し、
それは敵側のアクロイヤー軍団にも配置された。

アクロイヤーチェンジトルーパーズは、
マシーンに変形するミクロマン側チェンジトルーパーズとは異なり、
悪の軍団らしく不気味な生物の姿に変形する機能を備えていた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  005 マグネパワーズ ミクロマン オーディーン
Imgp1885.jpg

ミクロマンは身長10cmの統一サイズがベーシックですが、
アニメ化された、いわゆる平成ミクロマンは8cmでした。

1998年当時から約20年前のミクロマンと同程度の価格の
一体500円に抑えた結果と、搭乗ビークル等のサイズを
考慮してのサイズ変更だったのでしょう。

それまでのミクロマンよりサイズは小さくなりましたが、
既存の物と比べるとプレイバリューはアップしました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  006 チェンジトルーパーズ ドリルジョー
driljoetop3.jpg

80年代に一旦終了していたミクロマンブランドが、関連他社の復刻版シリーズ等の
紆余曲折を経て徐々に再開の兆しを見せ、1998年に復活を遂げます。

翌年開始の『小さな巨人 ミクロマン』のアニメ放送とのタイアップを念頭に置いた
このシリーズは、こちらもタカラの旧ブランド、マグネモシリーズ
との融合で新たなミクロマン像を打ち出しました。

様々な試みの中で変形するミクロマンも登場したのです。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog