十三非常階段
●TF ロボットヒーローズ  G1 バンブルビー VS サウンドウェーブ
TRANSFORMERS ROBOT HEROES G1 BUMBLEBEE VS SOUNDWAVE 1287

長期に渡り展開し続ける『トランスフォーマー』シリーズの
基盤はG1初期に創られ、数々の名キャラクターが誕生した。

最小のサイバトロン戦士で親しみ易い性格のバンブル
対して無感情で考えが読めないサウンドウェーブ
味方からも疎んじられるデストロンの情報参謀だ。

両者のキャラクター性は対極にある物と言えるが、
後々の各TFシリーズにも度々登場している
人気キャラクターという面は共通している。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ロボットヒーローズ  G1 オプティマス・プライム VS ラベージ
Transformers G1 ROBOT HEROES OPTIMUS PRIME VS RAVAGE 2749

あらゆる種類のロボットを内包するまでになった『トランスフォーマー』だが、
創成期のG1初期の頃から様々なタイプのロボットが存在していた。

元々は日本製SF玩具の『ミクロマン・ミクロチェンジシリーズ』と
ダイアクロン』を統合したラインナップであっただけに、
カーロボットやジェット機だけではなく、ピストルやカメラ、カセットテープ等、
巨大ロボット物としては有り得ない様な変形モチーフのロボットが斬新に映った。

その懐の深さを感じさせるTFシリーズの伝統は、
数十年を経た今も尚、脈々と受け継がれている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ロボットヒーローズ  G1 サンストリーカー & ガルバトロン
TF Universe Robot Heroes Sunstreaker Galvatron 61

2007年の実写映画第一作目『トランスフォーマー』に合わせて
展開をスタートした『ロボットヒーローズ』は、
TFをディフォルメしたPVC製のミニフィギュアである。

G1トランスフォーマー、実写映画版TFのシリーズに続き、
2008年以降もロボットヒーローズは継続して展開、
TRANSFORMERS UNIVERSE 2.0』シリーズに組み込まれ、
パッケージも一新、数多くのアイテムがリリースされた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ロボットヒーローズ  MOVIE2 オートボット スプリンガー & スタースクリーム
robot heroes MGP0601

トランスフォーマーのハリウッド映画シリーズも三作を数え、
TFのキャラクター数もとどまる所を知らぬ勢いで増大の一途を辿っている。

映画劇中にも大量のTFが登場する一方、デザインを興されながらも
採用されなかった者や、玩具オリジナルTFも数多に存在する。

たとえ映画に登場しなくとも、それらのTFは世界観を
膨らませる役目を担っており、ファンを楽しませてくれる事も確かである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ロボットヒーローズ  MOVIE2 マッドフラップ & ランページ
IMGP65647.jpg

ハリウッド映画版TFの複雑なデザインは、見る者を圧倒し楽しませてくれる。

その姿を立体化し、更に変形可能なトイにする事は驚くべき物だが、
キャラクターの特性を的確に汲み取り誇張したディフォルメトイも又、
変形トイとは違った別の視点から驚きを与えてくれる。

PVC製のTFのディフォルメフィギュアシリーズである
ロボットヒーローズも、その期待を裏切る事はない。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ロボットヒーローズ  G1 ミラージュ VS スタースクリーム
Imgp3095.jpg

何故このキャラクター同士がセットになっているのか
頭を捻る様なチョイスが面白いロボットヒーローズは、
アメリカ特有の途方も無いアイテム数の多さで
コレクション性も高く、揃えていくに連れ面白さも増していく。

値段の高さがネックとなり日本で定着する事は無かったが、
完成度の高いディフォルメ具合は独特の魅力を放っている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ロボットヒーローズ  MOVIE2 オートボット スキッズ & メガトロン
Mgp6008.jpg

実写映画化に伴ない様々な商品が発売されたトランスフォーマーは、
基本となる変形トイとは異なるシリーズも多数用意されている。

ムービー第一作目から展開を開始したロボットヒーローズも他の例に漏れず、
第二作目TFリベンジでも健在振りを発揮、多くのアイテムが登場した。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ロボットヒーローズ  G1 ウルトラマグナス VS メガトロン
Imgp4312.jpg

デストロン軍団の創設者にして最高権力者である破壊大帝メガトロン。
強力無比なパワーと計略を駆使してサイバトロンを苦しめた。

悪のボスに相応しい威厳のある彼の高笑いは、印象深く記憶に刻まれている。
ロボットヒーローズ版メガトロンは、その笑顔が楽しげに映る秀逸な造形である。

そして、このセットにはウルトラマグナスも付属する。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ロボットヒーローズ  G1 オートボット ジャズ VS サンダークラッカー
Imgp2272.jpg

ハスブロ発のディフォルメPVCフィギュアシリーズの
ロボットヒーローズは2007年のハリウッド映画に合わせて市場に投入され、
当初のラインナップは全てG1初期のキャラクターを扱っている事から、
やはりオールドファンをターゲットに据えたのでしょう。

日本ではトミーダイレクトが輸入販売を行い、第二弾まで発売されましたが、
海外程オールドファン層が多くない為か、将又メーカーが映画版TFに力を注いだのか、
ロボットヒーローズのそれ以降の新作は日本未発売となりました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ロボットヒーローズ  G1 オートボット ハウンド & ブリッツウイング
Imgp3515.jpg

PVC製のトランスフォーマーのディフォルメフィギュアシリーズ、
ロボットヒーローズは海外では次々とアイテム数を増やしていきました。

日本では現行シリーズばかりが注目を浴びる傾向がありますが、
海外では流行りに関係無く、過去シリーズに愛着を持つファンが
相当の数に昇る土壌がある為、G1TFのアイテムを
リリースし続ける事が出来るのでしょう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ロボットヒーローズ  G1 グリムロック VS ショックウェーブ
Imgp2181.jpg

その独特なディフォルメが秀逸なロボットヒーローズ。
手頃なサイズのコレクタブルフィギュアで収集したい衝動に駆られます。

ツボを押さえたマニアックな造形やキャラクターセレクトも好感が持てます。
惜しむべきは日本での発売点数が少なかった事でしょう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog