十三非常階段
●トランスフォーマー スーパーリンク  EX-01 ロングハウル
TRANSFORMERS SUPER LINK EX-01 BUILDRON SET LONGHAUL 171

数十年に渡る歴史を持つトランスフォーマー シリーズの基礎となっているのは、
1980年代~1990年代初頭のG1期に生み出された設定が多くを占め、
各キャラクターの特徴や変形モチーフ、ネーミングも一定のパターンが確立された。

名前と変形モードは密接に関わっており、『ロングハウル』ならば、
G1ビルドロン部隊の影響によりダンプトラックのイメージが濃厚である。

しかしTFスーパーリンクでは合体チームのメンバーに
ダンプトラック型TFが居なかった為、クレーン車でありながら
ロングハウルという名前が与えられ、少なからず違和感があった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF スーパーリンク  ハイパートランスフォーマー ② ウイングコンボイ キャノンモード
トランスフォーマースーパーリンク カバヤ ハイパートランスフォーマー ウイングコンボイ キャノンモード 2460

技術は年を重ねる毎に進歩していく物だ。

この事はトイ開発の場にも当て嵌まり、ファンの手元に届く製品に
それまでは見られなかった新たな要素を見出せた時に認識出来る。

カバヤの食玩トランスフォーマーにも進歩したと受け取れる面が
確認出来る事から、真摯に製品を開発している事が窺える。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  SD-06 コマンドジャガー
トランスフォーマースーパーリンク SD-06 コマンドジャガー  7700

テラーコンの名称は元々、『トランスフォーマー2010』シリーズで
1987年に登場したモンスター部隊・テラートロンの海外名であった。

トランスフォーマー プライム』ではダークエネルゴンの力により
蘇ったアンデット・トランスフォーマーの名称に使用されている。

日本に於いてテラーコンの名称が初めて使用されたのは
トランスフォーマー スーパーリンク』であり、このシリーズでは
アルファQ配下の野獣型TFがテラーコンのカテゴリーに括られた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF スーパーリンク  ウィンドチャージャー アニバーサリーエディション スクリュー
Transformers Superlink Wind Charger Micron Anniversary Edition SCREW 495

トランスフォーマーの非売品プレミアムの配布条件は様々だ。

TF玩具を数千円以上購入でプレゼントというパターンが
大半を占める中、時として特殊な条件を満たさなければ
入手する事が出来ない限定アイテムも少なからず存在する。

予想外の条件を目の当たりにした時、TFファンの心の強さが試される。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF スーパーリンク  ウィンドチャージャー アニバーサリーエディション スロットル
TF SuperLink Micron Throttle P5441

販促キャンペーンで配布される非売品アイテムにマイクロンは
度々採用され、数多くの限定マイクロンが登場してきた。

2004年にトイザらスで実施されたキャンペーンでは
3体合体可能なマイクロンチームが導入された。

キャンペーンは3回に分けて行われ、マイクロンを1体ずつ配布する
スタイルが取り入れられた為、ファンの収集欲を刺激する物となった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF スーパーリンク  ウィンドチャージャー アニバーサリーエディション アクセル
Micron Accele IMGP7764

マイクロンは一体当たり300円で販売される安価なアイテムだが、
キャンペーン配布の非売品マイクロンの場合は意味合いが異なってくる。

入手に必要な特定の条件を満たす為、多額の出費は免れず、
更に限定数が定められている事から、キャンペーンを逃せば
ショップやオークション等で転売されている物を入手するしかない。

配布マイクロンは、各々が捻出可能と判断した額により
そのアイテムの価格が決まると言っても良い。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  SD-11 アイアントレッド
TF Superlink Irontrread IMGP5015

壮絶な最期を迎えたアイアンハイドが、エネルゴンの力により
新たなボディを得て復活した姿がアイアントレッドだ。

作品によって同名キャラクターが多く紛らわしいが、
ここでのアイアンハイドとは『TFマイクロン伝説』及び、
TFスーパーリンク』に於けるデストロン軍団の一員で、
海外ではデモリッシャーの名で知られている。

パワーと破壊活動に特化したアイアントレッドは、アニメ劇中でも
その能力を発揮し、大いに活躍したキャラクターである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  SD-12 ダイノボット
Superlink Dinobot IMGP4072

トランスフォーマーの一時代を築いた『ビーストウォーズ』は、
リアルタイプの生身の動物がモチーフとなっていた。

BWが『ビーストマシーンズ』で終結した事により、
以降のシリーズは自動車やジェット機等のビークルが主流となり、
ビーストタイプの新規TFは、数えるほどしか存在していなかった。

TFスーパーリンク』のテラーコンは、久々に登場した
ビーストタイプのTFであり、しかもリアルビーストではない、
G1期の様なメカニカルなスタイルが目新しく映った。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  SC-02 ホットショット
superlink hotshot IMGP1509

マイクロンとの合体でギミックが発動する事を主軸にした
TFマイクロン伝説』のトイから一転、『TFスーパーリンク』のトイは、
TF同士の合体機能に重きを置いた、連動性が楽しめるシリーズであった。

スーパーリンク機能を備えたTF第一弾にラインナップされた
ホットショットは、シリーズの基本とも言うべきアイテムである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  EX-01 ボーンクラッシャー
IMGP7786.jpg

スカウトクラスのTFは完成度が高い事で知られている。

これは映画版TFに限った事ではなく、ビーストウォーズシリーズから続く
小サイズクラスのアイテムは、年を重ねる毎に進化の過程を見せてくれた。

TF ENERGON(スーパーリンク)シリーズ前半まではベーシッククラスと
呼称されていたこれらのTFは、低価格帯のアイテムにも拘らず、
上位クラスに引けを取らないレベルの高さでファンを魅了し続けてきた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  SD-01 ナイトスクリーム
IMGP40154.jpg

年を重ねるに連れトランスフォーマーの作品も増えて行き、
シリーズ毎に様々なストーリーを見せてくれる。

コンボイやメガトロンの様な主要キャラクターは、
各シリーズの新バージョンが登場する事が常となっており、
TF随一の名物キャラクター、スタースクリームも例外ではない。

日本ではナイトスクリームに改名された
このキャラクターも、スタースクリームの新バージョンであり、
その人気の高さを改めて感じさせてくれる。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  ハイパートランスフォーマー ③ スペリオン
IMGP34592.jpg

合体ロボットは、あらゆるロボットが登場するアニメや特撮作品と同様に、
トランスフォーマーに於いても心惹かれる魅力的な存在である。

海外では個人主義が強い為か、合体時よりも各単体での
活躍の方が目立つ場合が多いが、協力体勢を良しとする
日本では、団結力を示す合体ロボットの存在意義は高い。

その様な合体ロボットは無論、子供達にも人気があり、
食玩に採用される事も当然の成り行きと言えるでしょう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  SC-07 エアグライド
Imgp9955.jpg

オムニコンで唯一の飛行能力を持ったエアグライドは、
他のタイプのオムニコンより活躍の場を与えられていた。

ストーリーの序盤から終盤までブラストアームと共に登場し続け、
脇役の中では代表格と言っても良い存在だった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog