十三非常階段
●トランスフォーマー ユナイテッド  ターゲットマスターマイクロン リコイル
TRANSFORMERS UNITED Exclusive TARGETMASTER MICRON RECOIL 448

G1リメイクシリーズ『トランスフォーマー ユナイテッド』の
スタートに合わせて実施されたキャンペーンでは、
PCCミニコン型のターゲットマスターマイクロンが投入され、
日本初登場の型という事もあって大いに盛り上がりを見せた。

ターゲットマスターマイクロンの特徴として、
ブラック&グレーのカラーリグで纏められている事が挙げられ、
更に数回に渡り増員された為、同系統のボディカラーを有する
統一感のあるTFグループを作り上げる事となった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイテッド EX  EX-05 レースマスター
TRANSFORMERS UNITED EX EX-05 RACE MASTER 462

合体ロボットシリーズの『トランスフォーマー ユナイテッド EX』は、
トイの合体機能は勿論の事、それ以上に各メンバーのキャラクター設定が
非常にマニアックな物となっていた為、設定面でも楽しませてくれた。

合体ロボットのコアとなるTFは、既存の様々なTFシリーズから
選ばれたキャラクターをモチーフにしている事が特徴であった。

ロボットのカラーリングや変形モード、設定やストーリー等の情報から
モチーフにしているTFの『正体』を探る事も、
TFユナイテッドEXシリーズの面白さの一つであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイテッド  UN-01 オプティマスプライム サイバトロンモード
TRANSFORMERS UNITED UW-01 WFC OPTIMUS PRIME CYBERTRON MODE 827

銀河の彼方、惑星サイバトロンを故郷とするトランスフォーマーは、
サイバトロン星での本来の姿と地球に於ける新たな姿の2形態を持つ。

故郷の惑星の名を採り、元々の姿はサイバトロンモードとされ、
地球に於ける新形態とは異なるデザインが与えられている。

TFユナイテッドのオプティマスプライム サイバトロンモードは、
数あるサイバトロンモードの中でも群を抜いてデザイン性に優れており、
マッシブ且つスタイリッシュな姿は新たなコンボイ像を示してくれた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイテッド  UN-20 ランブル
TRANSFORMERS UNITED UN-20 RUMBLE 347

同型異色のトイが数多く存在するトランスフォーマーの伝統は、
シリーズ創成期のG1初期から取り入れられている手法だが、
個性的なキャラクター設定により、リカラーキャラの存在感も大きかった。

G1当時から同型トイであったフレンジーランブルも、リメイクされる際は
揃って製作される事がほとんどで、ファンもそれを望んでいる。

どちらか一人では物足りない。
トランスフォーマーには型は全く同じでも、セットである事が
求められるキャラクターが多数存在しているのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイテッド EX  EXP-03 タンクマスター & ホイゼル
TRANSFORMERS UNITED EX EXP-03 Master Chaos TANKMASTER 230

海外版TFシリーズ『TRANSFORMERS POWER CORE COMBINERS』を
日本に導入した『トランスフォーマー ユナイテッド EX』は、
カラーリングの変更だけにとどまらず、キャラクター設定も一新された。

各キャラクターは従来のTFシリーズで活躍したTF達をモチーフにしており、
いわゆる『正体』が設定されているアイディアは多くのファンを惹き付けた。

キャラクターによっては易々と正体が思い付かない様な難儀な例もあり、
タンクマスターはTFユナイテッドEXの中でも非常に難易度の高いTFであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイテッド  誌上限定 ターゲットマスター スパークス
TRANSFORMERS UNITED Exclusive TARGETMASTER SPARKS 323

世界中で展開しているトランスフォーマー シリーズでは、
キャラクター名称が各国で異なっている例も多く、
コンボイオプティマスプライムに代表される様に
響きや意味まで全く別物となる場合も見受けられる。

国が異なる為、名称も変わる事は日常茶飯事だが、
ターゲットマスター・スパークスに限っては、アメリカ一国内で
異なる二つの名称が使用されていたという非常に特殊な例であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイテッド  UN-25 タンクメガトロン
TRANSFORMERS UNITED UN-25 TANK MEGATRON 839

銃規制は緩いが“銃のオモチャ”に対する規制は厳しいアメリカでは、
ワルサーP38に変形するG1メガトロンは販売し難い状況に陥った。

これにより、G2期からのメガトロンは変形モチーフをピストルから戦車に変更、
後のメガトロンのリメイク版も圧倒的に戦車タイプが多数を占めている。

様々な戦車型メガトロンが登場する中、日本での販売が
見送られていたTFクラシックスのDXクラス版メガトロンが、
日本独自のカラーで国内販売されるに至った事は大変喜ばしい。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイテッド  ターゲットマスターマイクロン キャリバースト
トランスフォーマーユナイテッド ターゲットマスターマイクロン キャリバースト 4232

G1トランスフォーマーのネームバリューは強力だ。

姿形が全く異なるTFだろうと、G1期に登場した名前が
冠されていれば、それだけで注目してしまう威力を備えている。

往年のファンは当時の記憶を呼び覚まされ、
新規の者は名前一つにも歴史がある事を知る機会となるのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイテッド  ターゲットマスターマイクロン ヘイワイヤー
トランスフォーマーユナイテッド ターゲットマスターマイクロン ヘイワイヤー 949

G1トランスフォーマーを現代風にリメイクしたアイテムで構成され、
2010年末から展開したシリーズが『トランスフォーマー ユナイテッド』だ。

そのスタート時に催されたキャンペーンでは、プレミアムの限定マイクロンにも
G1由来の名前が与えられていた事が憎い演出であった。

小型TFのPCCミニコンをG1当時の小型TFである
ターゲットマスターに見立てているアイディアも称賛に値する。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイテッド  UN-20 フレンジー
Transformers UNITED UN-20 FRENZY MG_1576

トランスフォーマーがそれまでのロボットアニメと異なる面は
数多くあるが、ロボットのサイズが大小様々な者が当たり前の様に
存在するという事も目新しい要素であった。

カセットロンのフレンジーは人間並の身長であり、コンボイやメガトロンの
膝の高さ程度という、TFとしてはミニサイズのロボットであった。

リメイク版も当時の設定を考慮し小サイズで造られているにも拘らず、
非常に精度が高いアイテムに仕上げている事に好感が持てる。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイテッド  UN-27 ウインドチャージャー
Transformers UNITED UN-27 WINDCHARGER  GP3330

トランスフォーマーはダイアクロンミクロチェンジ シリーズのトイを流用し、
開発期間が不要だった事もあり、スタート時から数十体のアイテムが導入されていた。

中心となるキャラクターがいる一方、大多数の中に埋もれ、
存在感が薄い者が生じてしまう事も不可避である。

チャージャーは比較的後者の範疇に入るキャラクターと言えるが、
この様に長い年月を経てもリメイク版が製作される機会に恵まれる事は、
初期メンバーの一人であるという理由が濃厚であると思われる。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー  アームズマイクロン オートボット ピンポインター
Arms Micron Autobot Pinpointer MGP9142

配布キャンペーンで登場したターゲットマスターマイクロン及び
アームズマイクロンは、海外展開のパワーコアコンバイナー・シリーズに属する
ミニコンが基となっていた為、日本では初出のタイプばかりで占められていた。

更に限定数が定められた非売品故に、収集欲を刺激するには充分な物であった。

トータルすれば多大な出費を強いられた事は明らかではあるが、
それもまた一興、楽しみながら集められた事は間違いない。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー  アームズマイクロン オートボット ファイアーボルト
Arms Micron Firebolt MGP8170

アームズマイクロンの配布キャンペーンは、畳み掛ける様に
毎月連続で行うという稀に見るパターンで、ファンに隙を与えなかった。

2011年12月末から2012年3月までの約3ヶ月間という短期間に登場した
アームズマイクロンは実に7体と、従来のキャンペーンとは一線を画していた。

この連続したキャンペーンを痛い出費と考えるか、
限定マイクロンが増員された事を喜ぶかは、各人しだいである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog