十三非常階段
●ビークール  B-07 消防車 センチネルプライム
TRANSFORMERS BECOOL B-07 FIRE TRUCK SENTINEL PRIME 609

センチネルプライムの起源は、G1期のイギリスで発売された
UK版マーベルコミックスまで遡り、オプティマスプライム(コンボイ)
前任司令官というキャラクター性が、後のTFシリーズにも受け継がれている。

2011年公開の実写映画『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』では、
ストーリーのキーマンとして多大な存在感を示し、
予想外の行動で見る者の度肝を抜いたTFとなった。

このキャラクター性が低年齢の児童向けトイの『ビークール』にまで
反映されている事は、驚きと共にファンを大いに楽しませてくれた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TRANSFORMERS BOT SHOTS  BP-003 プロール
TRANSFORMERS BOT SHOTS 3-PACK BP-003 PROWL 395

トランスフォーマーのトイを選ぶ際、海外版か日本版の
どちらにするか決めかねる事も多々ある。

塗装面や成形色が異なる場合や付属パーツが別物であれば決め易いが、
僅かな違いしか無いケースでは取捨選択は難しい物となる。

然れども、好きなキャラクターや気に入ったトイであれば、
例え僅かな相違しか無くとも手を伸ばし、或いは同じトイを複数入手する事も
コレクションの一つの手段であり、好みは十人十色なのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビークール  BS-04 ハイパータンク メガトロン
TRANSFORMERS BECOOL BS-04 HYPER TANK MEGATRON  241

トランスフォーマーでは同じシリーズであっても、人気キャラクターのトイは
複数製作される事が定番となっており、『ビークール』に於いても
オプティマスプライムバンブルビーラチェットメガトロン
数タイプずつ異なるトイが発売されている。

メガトロンの場合はムービー版をモチーフにしている事もあり、
TFダークサイド・ムーン』のタンクローリータイプに続いて
TFリベンジ』の戦車タイプが新たに加わり、
造形も全く異なる新規の物となっている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビークール  B-18 タンクローリー メガトロン
TRANSFORMERS BE COOL B-18 MEGATRON 769

G1スタート時には拳銃に変形したメガトロンは、後に戦車に変形する事が主流となったが、
トランスフォーマーの数十年の歴史の中で、それ以外の様々な
変形モードを持つメガトロン
が生み出され、ファンに驚きを与え続けてきた。

映画『トランスフォーマー ダークサイド・ムーンが最新作であった2011年に
開発されたボットショット(ビークール)には、ダークサイド・ムーン版の
タンクローリー・メガトロンが採用されている事が特徴だ。

ライバルのオプティマスプライムと同じトラック型ビークルに変形するメガトロン
目新しく映り、更にビークール版ではオプティマスとの関連も深いアイテムとなっている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビークール  B-17 アメリカンパトカー ディセプティコン バリケード
TRANSFORMERS BECOOL B-17 DECEPTICON BARRICADE 6474

実写映画『トランスフォーマー』で衝撃的な活躍を残し、
悪のパトカー型トランスフォーマーというキャラクター性を確立した
バリケードは、主な活躍は実写版映画第一作目のみにも拘らず、
その後も数々のトイが発売され続けた人気キャラクターだ。


この流れは低年齢の児童向けシリーズ『ボットショット』にも取り入れられ、
日本版の『ビークール』にも導入された事も頷ける展開だった。

しかし日本のファンを驚かせたのは、ビークール・バリケードは
それまでの悪役という個性を根底から覆す、
完全に新規のキャラクター性が与えられていた事である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TRANSFORMERS BOT SHOTS  BP-001 バンブルビー
TRANSFORMERS BOT SHOTS 3 PACK BP-001 BUMBLEBEE 931

元々世界的なロボットシリーズであったトランスフォーマーは、
ハリウッド実写映画の成功により更なるファン層を開拓した。

そして三部作の最終章『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン
興奮と人気が覚めやらぬ内に、畳み掛ける様に新シリーズのトイを連発した。

トイのターゲット層も細分化され、主に低年齢の幼児を対象とした
トランスフォーマー ボットショット』シリーズは、ディフォルメされたデザインと
瞬間自動変形のアクションギミック、加えて対決遊びのゲーム性も兼ね備えており、
それまでのTFトイとは一線を画す注目に値する要素を数多く備えていた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビークール  B-13 ハイウェイパトカー パトロールラチェット
TRANSFORMERS BECOOL 13 HIGHWAY PATOROL CAR PATOROL RATCHET 7846

数あるトランスフォーマーのトイシリーズの中でも
ビークール』は低年齢層の幼児を対象としたトイである為、
取り扱い易さに加えて、明るめのカラフルなボディカラーのアイテムが多い。

意図的に鮮やかな色を多用している事が窺えるビークールは、
カラーリングも注目すべき要素の一つと言えよう。

更に大人の視点から捉えてトランスフォーマーらしさを感じる面は、
同型のトイでも色が異なれば別キャラクターとして設定している事である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビークール  B-15 緑のスポーツカー オートボット ジャズ
トランスフォーマー ビークール B-15 緑のスポーツカー オートボットジャズ 458

トランスフォーマーにとってはボディカラーも個性の一つであり、
コンボイならバンブル黄色等、カラーリングは伝統的に引き継がれている。

然れどビークール版ジャズは、本来のジャズの白いボディカラーとは
懸け離れたグリーンという配色に驚きを禁じ得なかった。

トランスフォーマー』である事を敢えて重要視しなかった
ビークール』シリーズだからこそ成立した、独特なカラーリングである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマーGo!  G-24 ビークール ジンブ
TRANSFORMERS Go! G-24 BeCool JINBU Bot Shots 7119

独自の世界観を持つ『びっくりワールド』に住するビークール達は、
既存のトランスフォーマーとは接点を持たない特殊なTFであった。

しかしビークール版侍チームの面々は、
ビークールでありながらもトランスフォーマーGo!』の
ソードボット侍チーム
と同一人物という特殊な位置付けの存在である。

これにより従来のトランスフォーマーの世界と、ビークールの
びっくりワールドを繋ぐ重要なキャラクターとなっている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビークール  B-03 トレーラー オプティマスプライム
Transformers Be Cool B-03 Trailer OPTIMUS PRIME 195

トランスフォーマーの歴史は脈々と受け継がれており、
毎年登場する様々な新シリーズにも従来の設定は取り入れられている。

それはトランスフォーマーである事を重要視していない
ビークール』という幼児向けシリーズにも当て嵌まり、
従来のTFシリーズの知識がある大人のファンをも唸らせる拘りに驚く。

ビークールは何も知らない児童にも通用する面白さを備えているが、
それまでのTFシリーズの設定を知っていれば、更に楽しむ事が出来る。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビークール  B-01 パトカー プロール
トランスフォーマー ビークール  B-01 パトカー プロール 9768

トランスフォーマーには「カラーリングの妙」という言葉が
似合うトイが幾つも存在し、ファンを楽しませてくれる。

金型流用により生み出されるそれ等のTFは、既存のトイと
同型ながらも、新たなイメージを構築している事に感心する。

ボットショット / ビークールでは特にリカラー版が多いが、
アイディア溢れる配色で納得の完成度を誇るアイテムも数多く存在する。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマーGo!  G-24 ビークール ガンオウ
トランスフォーマーGo! G-24 ビークール 侍チーム ガンオウ  5438

独自の世界観を持つ『ビークール』は、幼児向けシリーズの為か
トランスフォーマー』という面を敢えて強調していない。

パッケージでもトランスフォーマーのロゴは目立たない場所に
小さく配置されており、“乗り物からロボットに自動変形するオモチャ”
という側面を前面に出したトイシリーズであった。

トランスフォーマーである事を強くアピールしているビークールは、
トランスフォーマーGo!』シリーズで登場した
ビークール侍チームが初である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビークール  B-12 スペシャルスポーツカー バンブルビー クリアカラー
トランスフォーマー ビークール B-12 スペシャルスポーツカー バンブルビークリアカラー  4721

日本に於けるトランスフォーマートイの展開は海外より
後発となる事が多く、その分トイのストックがある為、
各シリーズのスタート時には大量のトイが一気に発売される。

ボットショットも1年ほどの期間を経て漸く日本に導入された為、
ビークールの第一弾アイテムは12種類も登場する事となった。

更に海外では特別版の『スーパーボット』と称される
クリア成形のアイテムまでラインナップされている
バラエティの豊富さには驚かされた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog