十三非常階段
●トランスフォーマー リベンジ  RD-07 デッドエンド
Imgp0356.jpg

映画一本でTVアニメ一年分のトイを発売する、スターウォーズ的な
販売スタイルを導入したTFムービーシリーズのトイには、
映画未登場のキャラクターが多数存在します。

その経緯は映画用にデザインされながらカットされたTFや、
ハリウッドデザインに合わせてトイメーカーが生み出した物など様々。

映画未登場といえども魅力あるデザインのTFは、
映画以上の存在感を示し楽しませてくれます。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ  D-4 タランス
TRANSFORMERS BEAST WARS D-4 TARANTULAS 250

タランスはビーストウォーズで恐らく最も出世したトランスフォーマーです。

最初は只の一兵卒に過ぎなかった彼は、奸計を巡らすその性格から
ビーストウォーズ・メガトロンに対抗するキャラとして位置付けられ、
実はハイカウンシルの秘密警察だったとか、更にはユニクロンズ・スポーンでもあった等、
メタルス以降の後付け設定で大きな存在へと変容していきました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー コレクターズエディション  67 オライオンパックス
Imgp9869.jpg

何故コンボイの若りし頃の名が何ら関連のなさげなオライオンパックスなのか?
その疑問はコンボイの海外名がオプティマスプライムと知り得た時、納得出来た物でした。

ここ数年来、ハリウッド映画に合わせオプティマスの名を浸透させる試みがなされ、
TFアニメイテッドでも海外名を使用する事で統一しました。

然れど日本のTFファンには昔も今もこれからも、
馴染みのある呼び名はコンボイである事に変わりはありません。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー コレクターズエディション  67 ダイオン
Imgp0010.jpg

2010年のトランスフォーマーコレクターズクラブの配布TFはダイオン。
ヘンケイ!版ホットロッドのリペイントで、このウィーリー版と
どちらもアニメのダイオンとは似ていない所が面白いチョイス。

そして基になったウィーリーの異彩を引き継いだこのダイオンは、
TCC版に負けない絶大なインパクトを放っています。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●SPAWN ULTRA-ACTION FIGURES  スポーンⅡ
spawn2  top2

1994年に登場したスポーンフィギュアはそれまでのアメトイを
遥かに超えるハイクオリティさを見せ、瞬く間に人気を博しました。

その余波は中米、ヨーロッパを始め、アジア、そして日本も巻き込み、
稀に見るフィギュアブームを起こしたのです。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズⅡ  C-24 モーターアーム
Imgp9718.jpg

歴代のTFアニメを通して脇役や合体ロボのパーツになるメンバーが
なおざりにされる事が多い中、ビーストウォーズⅡは登場する
全キャラクターの個性を明確に表現出来ていたシリーズでした。

子供向け番組としてギャグ要素も多く見られ、このジョイントロンの
メンバーは悪ノリの極みとも言うべき個性派揃いで、
「いいぞ、もっとやれ!」とエールを贈りたくなる面々でした。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TRANSFORMERS UNIVERSE  USAエディション スカイワープ
Imgp9618.jpg

トランスフォーマーの代名詞とも言うべきリペイント品、その数は知る由も無し。
そのリペイントアイテムだけで、ひとシリーズ作ってしまったのが
トランスフォーマー ユニバース』です。

そんな強引な発想と実現力は、資本主義アメリカを強く感じさせる物でした。

色変えアイテムのみでは正規販売に結びつかなかったのか、
日本では全てショップ限定で発売され、値段も高く集め難かったシリーズです。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●映画 トランスフォーマー  ベーシック スタースクリーム
basicstarscream robot1891

ハリウッドムービー・スタースクリームのデザインを最初に見た時は衝撃でしたが、
更にこのベーシック版スタースクリームにも驚かされました。

全体のシルエットは映画版を再現しているとしても、ジェット機モードのスタイルは
見た者、手にした者にとって忘れられない物となったのです。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  006 チェンジトルーパーズ ドリルジョー
driljoetop3.jpg

80年代に一旦終了していたミクロマンブランドが、関連他社の復刻版シリーズ等の
紆余曲折を経て徐々に再開の兆しを見せ、1998年に復活を遂げます。

翌年開始の『小さな巨人 ミクロマン』のアニメ放送とのタイアップを念頭に置いた
このシリーズは、こちらもタカラの旧ブランド、マグネモシリーズ
との融合で新たなミクロマン像を打ち出しました。

様々な試みの中で変形するミクロマンも登場したのです。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ギャラクシーフォース  GC-15 サイドス
saidosrobo978.jpg

ギャラクシーフォースは、過去数年の集大成とすべくラインナップが考えられたそうだ。

ビークルに変形する物に加え、ビーストロボ、マイクロン、胸にミニロボが収納できるTF等、
過去の人気商品を投入する事を念頭に置いたシリーズとして製作された。

ビーストに変形するアイテムは全体として見ると少なかったですが、
それまでのビーストウォーズトイとは異なるデザインが新鮮でした。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  EX-01 スクラッパー
slscrapper robot569

ロボット物には『合体』は欠かせない要素でありTFも例に漏れません。
思えばG1のデバスターが最初の合体TFでした。

スーパーリンクには旧キャラクターをリファインしたスタイルのTFが
数多く登場し、このビルドロンもその中の一つでした。

忘れられがちですが、手足になるロボットにも
存在感が薄いながら味のあるTFがあります。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー リベンジ  RD-23 N.E.S.T. スカウトブレークダウン
nestbreakdown robo4

トランスフォーマーリベンジの新カテゴリー、N.E.S.T.シリーズでは
G1TFの名を持つキャラクターが大半を占めています。

これまでは全く関連の無いキャラクターに過去の名前を付けた物が多い中、
N.E.S.T.シリーズはG1当時のスタイルや
キャラクター設定を引き継いでいる物もあり好感が持てます。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog