十三非常階段
●戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー  C-59 アウトバック
Imgp2930.jpg

アニメ第一作目では主役級のストーリーが数々作られたミニボットも、
トランスフォーマー2010では出番がめっきりと減って正に脇役となってしまいました。

その中でもアウトバックは比較的登場回数が多く、
他のリデコミニボットよりも恵まれていた存在でした。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー バイナルテック アスタリスク  BTA-02 サンストリーカー
Imgp2822.jpg

1/24スケールのリアルなカーモデルからの変形で人気を博したバイナルテックに、
同スケールのフィギュアを加えたシリーズがバイナルテック アスタリスクです。

様々な要因による問題は多々見受けられた物の、そのアイデアは
後のヒューマンアライアンスの原型になったとも言うべきシリーズでした。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ロボットマスターズ  RM-11 ビーストコンボイ
Imgp2728.jpg

ロボットマスターズのトイはリペイント品が大半を占めましたが、
司令官クラスのキャラクターは新規で造られました。

その中でもBWシリーズの三体、ビーストコンボイ
ビーストメガトロンライオコンボイは、特に力が入っていると
感じさせる出来映えのトイに仕上がっていました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー コレクターズエディション  69 ハウルバック
Imgp2625.jpg

カセットロンの歴史は古く、創生は1983年のミクロマンシリーズまで遡ります。
これ程長くリリースされ続けたトイはTFだけに限らず珍しい存在と言えるでしょう。

その中でもジャガータイプは変形、可動、スタイルも優れており、
四半世紀を越えた今尚、通用する高いクオリティーに驚かされます。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー コレクターズエディション  70 ガーボイル
Imgp2486.jpg

数あるカセットロボTFは意外にも日本限定の物が多く存在します。

新カセットロンは復刻版のリペイント品ながらも、
新たなキャラクター設定を与えられた個性豊かなTFでした。

しかしながら、全てショップ限定で高額だった為か、
ファンに重要視されなかった不遇のトイです。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●映画 トランスフォーマー  MD-09 ボーンクラッシャー
Imgp2317.jpg

映画では異形のトランスフォーマーとして登場したボーンクラッシャーが
ハイウェイをローラーダッシュで駆け抜け、
バスを破壊するシーンは脳裏に焼き付く迫力ある物でした。

更に驚いたのはメイキング映像で、実際の高速道路でCGではなく
本物のバスを爆発させていたという事実を知った時でした。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  SD-08 シャドウホーク
Imgp2257.jpg

TFスーパーリンクではセルアニメ調の3DCGの採用で
それまでのTFとは違う映像を見せてくれました。

特にテラーコンは、既出だったゾイドのアニメを彷彿させる動きが
トランスフォーマーに新鮮味を与えていた事が印象深いです。

集団戦法が記憶に残るテラーコンの中でもシャドウホークの活躍は豊富でした。
航空戦力の攻撃部隊として、コマンドジャガーの輸送部隊として等、
その場の状況に合わせた多用な見せ場が与えられていました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ロボットヒーローズ  G1 グリムロック VS ショックウェーブ
Imgp2181.jpg

その独特なディフォルメが秀逸なロボットヒーローズ。
手頃なサイズのコレクタブルフィギュアで収集したい衝動に駆られます。

ツボを押さえたマニアックな造形やキャラクターセレクトも好感が持てます。
惜しむべきは日本での発売点数が少なかった事でしょう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズⅡ  C-17 ビッグモス
Imgp1992.jpg

元々海外用に悪役側として開発されたインセクトロンのメンバーは、
不気味な昆虫モードと奇怪なロボットモードが特徴です。

日本では正義側のサイバトロンとされましたが、
その姿は敬遠された感が強く、今一つ人気が上がりませんでした。

しかし他で類を見ない特殊な昆虫ロボは貴重な存在でもありました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー 超神マスターフォース  D-314 クラーケン
Imgp1890.jpg

トランスフォーマーは1987年のザ・ヘッドマスターズ以降、
海外と日本のストーリー展開は別となり、1988年スタートの
超神マスターフォースは完全日本オリジナルのストーリーに一新されました。

海外版以上の個性を持つキャラクターが多数生み出される中、
シーコンズは没個性になってしまった事は否めません。

しかし同形のTFが集団で暴れる様は目新しい物で、
強い印象を残した事も事実でした。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  005 マグネパワーズ ミクロマン オーディーン
Imgp1885.jpg

ミクロマンは身長10cmの統一サイズがベーシックですが、
アニメ化された、いわゆる平成ミクロマンは8cmでした。

1998年当時から約20年前のミクロマンと同程度の価格の
一体500円に抑えた結果と、搭乗ビークル等のサイズを
考慮してのサイズ変更だったのでしょう。

それまでのミクロマンよりサイズは小さくなりましたが、
既存の物と比べるとプレイバリューはアップしました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ  C-8 タイガトロン
Imgp1777.jpg

「ござる」口調のサムライ戦士タイガトロンは、元の海外版でも超然とした存在でした。
脇役ながら強い個性を示し、BWの物語にも深く関わっていました。

チータスと全く同じ型にも拘らず別人に見えるのは、
カラーリングの妙による物に加え、アニメでの
キャラクター付けが個性豊かに表現してくれた御蔭でしょう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●映画 トランスフォーマー  PEPSI BE@RBRICK バンブルビー
Imgp1721.jpg


数々のオマケトイを世に送り出してきたPEPSIから遂にトランスフォーマーが登場しました。
今回はペプシ、パラマウントジャパン、メディコムトイの三社のコラボレーションで、
その可愛らしい姿は思わず手にしたくなるアイテムになっています。

いつの頃からかペプシにはプレミアムトイが付属するのが
当たり前との感覚が芽生えてしまい、オマケの付いていない
ペプシを買ったのは遠い日になってしまいました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog