十三非常階段
●トランスフォーマー アニメイテッド  バトルホイール
Imgp2474.jpg

TVアニメ放送の恩恵で様々なアイテムが発売されている
アニメイテッドシリーズは、TFでは珍しいトイの投入も多く嬉しい限りです。

食玩は元よりアーケードゲーム、カード、ガチャガチャ等、
マルチな展開を見せる様は、TFファンとしても応援したくなります。

バトルホイールは元々他シリーズで使われた流用品ですが、
トランスフォーマーと名が付けば、それは立派なTFアイテムとなるのです。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●映画 トランスフォーマー  EZコレクション 6 バリケード
Imgp2573.jpg

バリケード、映画で人間との対比を迫力ある描写で示し、
映画ニ作目の『TFリベンジ』には登場しないにも拘らず、リデコアイテムや
ヒューマンアライアンス版が新造され、忘れられないキャラクターに成長したTF。

映画版TFは一つのキャラクターで様々なタイプのトイが造られますが、
レギュラーキャラクターではないのに、後年まで新作トイが造られた
バリケードは特殊な存在であると言えるでしょう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●映画 トランスフォーマー  EZコレクション 5 ラチェット
Imgp2539.jpg

TFギャラクシーフォース シリーズでの初登場時は3タイプの
EZコレクションしか発売されず、海外では多くのアイテムが
リリースされながら、日本導入は見送られていました。

2007年のハリウッド映画公開時、日本国内で再登場したEZコレクションは、
コンビニ等の流通網を活かしたかったのかもしれませんが、
ガム付きの食玩として発売されるという変則的な販売形態でした。

この様にEZコレクションが浸透するまでには
幾つかのハードルがあった事が分かります。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー アニメイテッド  TA-18 スナール
Imgp2425.jpg

アメリカでは1年半程掛けて展開したTFアニメイテッドは、
日本では約10ヶ月で全てのトイを売り出す、怒涛の発売ラッシュとなりました。

その豊富なキャラクターの中、人気の良し悪しが別れる事は当然で、
アニメでの登場回数が少なく、日本人受けが難しいパワータイプスタイルの
スナールは、その最もたる存在となってしまった模様。

しかしながらトイの出来映えは予想以上で、
楽しませてくれるアイアテムとなっています。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●BEAST MACHINES  スパイストリーク
Imgp2335.jpg

2001年より展開されたビーストマシーンズの新カテゴリー、
BATTLE FOR THE SPARK』シリーズではパッケージを一新、
ビーストマシーズの健在振りを示しました。

ビーストマシーンズ特有のデザインを引き継ぎながら、
トイとしての精度は初期BMトイよりも向上した、
一目置くに値するシリーズとなっていました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ロボットヒーローズ  G1 オートボット ジャズ VS サンダークラッカー
Imgp2272.jpg

ハスブロ発のディフォルメPVCフィギュアシリーズの
ロボットヒーローズは2007年のハリウッド映画に合わせて市場に投入され、
当初のラインナップは全てG1初期のキャラクターを扱っている事から、
やはりオールドファンをターゲットに据えたのでしょう。

日本ではトミーダイレクトが輸入販売を行い、第二弾まで発売されましたが、
海外程オールドファン層が多くない為か、将又メーカーが映画版TFに力を注いだのか、
ロボットヒーローズのそれ以降の新作は日本未発売となりました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  EX-01 グレン
Imgp2195.jpg

スーパーリンクは合体を大きくフィーチャーした作品で、
トイも合体機能を備えた物が大半を占めました。

G1期のスクランブル合体シリーズをブラッシュアップしたかの様な
新5体合体ロボは3タイプ登場し、相互の手足を入れ替える事が出来る面も
スクランブルシリーズのシステムを踏襲したクオリティの高いトイでした。

残念と言うべきは、一人一人に個性が与えられなかった事でしょう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●映画 トランスフォーマー  MA-04 オートボットジャズ
Imgp2037jazz.jpg

世界中で話題となったハリウッド映画版『トランスフォーマー』は、
その斬新なデザインも注目され、トイの発売が待たれました。

プレビューフィギュアは別として、ムービーシリーズのトイは
全世界で2007年6月2日解禁、販売開始という、
今までに無い方法をとった事も話題に。

案の定、アメリカのショップでは大々的にこのルールを破り
フライングの嵐でしたが、日本では決まり通り6月2日から発売され、
やはり国民性が真面目なのだと再認させられました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ギャラクシーフォース  GC-02 エクシリオン
Imgp1964.jpg

スーパーリンクでのサイバトロン勢は合体機能の弊害として
ロボットモードのスタイルに皺寄せが生じていました。

次作ギャラクシーフォースでは、それを払拭するかの様に
どのTFもスタイリッシュなデザインの姿を与えられており驚嘆しました。

その中でもエクシリオンは最もたる、王道的なヒーロー体型のTFでした。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスォーマー2010  C-95 ロールバー
Imgp1622rolbar.jpg

至極当然の事だがトランスフォーマーは子供向けの玩具です。

シリーズが四半世紀を越えた現在、ハイエイジ向けのアイテムも多数発売されました。

しかしG1期のターゲット層はアクマで低年齢の子供達で、
カーメーカーのライセンスを取得する程のリアルさや
関節可動の多さに重点を置いていた訳では無く、
扱い易さや遊べるギミックを取り入れ、
子供達を喜ばす事に力が入っていた様に思われます。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー カーロボット  C-020 ビルドタイフーン
Imgp1391buildt.jpg

トランスフォーマー カーロボットに登場した、新型合体ロボの一人ビルドキングに合体する
ビルドマスターは、新たな合体システムを取り入れた意欲的なトイでした。

男子玩具の定番として欠かせないとも言える、建設車モチーフのビルドマスターは
その姿のイメージ通り、体力自慢のパワフルな活躍を見せ、
更に合体時よりも単体での見せ場が多く描かれた事も印象深い物でした。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズⅡ  C-23 DJ
Imgp0751.jpg

元々デストロン側の悪役として開発され、設定ではプレダコンズの最高幹部
として位置付けられた三人のTFは、日本では正義側の別キャラにされた事に加え、
TF史上稀に見る能天気なパーティー集団と化しました。

“色が変われば別人”はトランスフォーマーの不文律ですが、
これほどイメージを覆した例はあまり無く、
日本版スタッフのアイディアと懐の深さが窺えます。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●番外編  実物大 鉄人28号 巨大モニュメント
Imgp1092.jpg

神戸へ旅行に行ってきました。

観光の定番、北野異人館やポートタワー、灘の酒蔵巡り等、各所に赴きましたが、
ロボットファンなら忘れてはならない新名所が、新長田の『実物大・鉄人28号』です。

「一見の価値有り」、この言葉は鉄人モニュメントに相応しく、
大迫力のその姿を目の当たりにすれば、言葉の意味を強く実感する事請け合いです。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog