十三非常階段
●トランスフォーマー リベンジ  EZコレクション Vol.4 ラヴィッジ
Imgp4345.jpg

実写映画に於いてスコルポノックに続くアニマル型TFのラヴィッジは、
モチーフである豹の如きスピーディー且つしなやかな動きで目を見張る活躍を残した。

骨格標本を機械化したかの様な独特のシルエットは
美しくすらあり、その表現はトイでも遺憾無く発揮された。

更に小サイズのEZコレクションでも高い再現度で立体化された事に加え、
独自の解釈も付加した試みに驚きを禁じ得ないアイテムとなった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー2010  C-79 ブラー
Imgp4095.jpg

元祖早口ロボット・ブラーは、その強烈な個性で見る者の脳裏に焼き付く強い印象を残した。
1986年の『トランスフォーマー・ザ・ムービー』で初登場し、
続くTVシリーズにも準レギュラーのキャラクターとして活躍を見せた。

映画で初登場した2010TFはアニメデザインを元にトイが製作され、
その中でもブラーは他の者に比べ再現度が高いトイだった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー アニメイテッド  TA-10 クリフジャンパー
Imgp3638.jpg

スプリングを利用した自動変形・一発変形システムは、
何度も試してみたくなる面白さがあります。

ビーストウォーズマシーンウォーズ期の一発変形トイ
比較すると、アニメイテッドアクティベイター
格段に精度が向上しており、技術の進歩が窺えます。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ  D-1 メガトロン
TRANSFORMERS BEAST WARS D-1 MEGATRON 4036

久しくTVアニメ放送から遠退いていたトランスフォーマーが、
フルCGアニメとして装いも新たに復活し、トイもそれまでの
TFとは全く異なるリアルビーストからの変形ロボットという
新たなスタイルは、否が応でも期待を高めてくれた。

特に両軍リーダーはウルトラクラスという
ビッグサイズのトイで、搭載された豊富なギミックは、
我々を驚嘆させるに充分なインパクトを持っていた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー2010  MEGA SCF 04 ホットロディマス
Imgp3816mega hotord

2010年は日本でのTF25周年であり、アニメ『トランスフォーマー2010』の年でもあり、
2010に纏わる新商品が数々発売され、近年にも増して盛り上がりを見せています。

2010と聞いて、まず思い浮かべるのはロディマスコンボイでしょう。
前身のホットロディマスと共に人気を博したこのキャラクターは、
この先も世界中で愛され続けていく事は間違いありません。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  021 アクロイヤーチェンジトルーパーズ チェーンスパイダー
Imgp3711.jpg

既存のミクロマンのスタイルを継承しつつ、
新たなアイディアを盛り込んだ平成ミクロマンシリーズには
マシーンに変形するミクロマンも登場し、
それは敵側のアクロイヤー軍団にも配置された。

アクロイヤーチェンジトルーパーズは、
マシーンに変形するミクロマン側チェンジトルーパーズとは異なり、
悪の軍団らしく不気味な生物の姿に変形する機能を備えていた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●映画 トランスフォーマー  MA-07 スピードダイアル800
IMGP357888.jpg

実際の機器の大きさに近い実物大サイズのTF・リアルギアは、
手頃で扱い易く子供にとっては、なりきり玩具としても遊べるシリーズでした。

小型の精密機器がロボットに変形するコンセプトは
映画の中でも活かされ、楽しめる映像を見せてくれました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  DXトランスフォーマー ③ ガルバトロン
Imgp3491galvatron.jpg

トランスフォーマー玩具の精度の向上と共に
カバヤの食玩TFも進化を遂げ、組み立てキットが
主流だった食玩TFは時代に呼応し、
完成品モデルを採用するに至った。

2004年のスーパーリンクシリーズでカバヤTFは、
一先ずの頂点を極めたとも言える完成度を見せてくれた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー 超神マスターフォース  D-315 ロブクロウ
Imgp3454.jpg

数で圧倒するドローン的なTFは、初期シリーズでも
インセクトロンのクローン部隊やシャークトロン等が居たが、
日本版シーコンズは数の多さに加えて凶暴な巨大怪獣の様な活躍を見せてくれた。

一体でも通常のTFよりも巨大かつ強力なシーコンズが大群で暴れまわる様は
それまでのTFには無く、破壊されても次々に現れる描写は目新しさがあった。

マスターフォースは非常に日本的な展開を見せつつも
トランスフォーマーの新境地を切り開いた特筆すべきシリーズとなった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●BEAST WARS  レーザービーク
Imgp3314beak.jpg

リペイントアイテムは基になったキャラクターとは
印象が異なる目新しいカラーリングで楽しませてくれます。

『色が変われば別人』の不文律を貫き続けるTFですが、
このレーザービークは単なる色変えだけでは無く、
G1期のキャラクター設定を蘇らせた特殊な例でした。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー バイナルテック  BT-03 ストリーク
Imgp2940streek.jpg

『栄華あれば必ず憔悴あり』と言うが、バイナルテックの人気は未だ衰えを知らない。

2003年に登場し、そのカーモデルと見紛うばかりのリアルさに加え、
ロボットモードへの完全変形に感嘆を禁じ得なかった。

バイナルテックは高額商品であった物の、こだわりの造形、
ダイキャストの重量感、変形玩具としての完成度の高さに、
値段以上の価値を見出す事が出来る稀なTFシリーズでもあった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●X-MEN 6 エックスパワー セイバートゥース
Imgp3137.jpg

実写映画『ウルヴァリン X-MEN ZERO』でウルヴァリン
兄弟として登場し、存在感を存分にアピールしたセイバートゥース。
原作コミックとは大幅に異なる設定ながら、凶暴さを表した描写は見事であった。

コミックでもウルヴァリンと互角の力を持つ宿敵として活躍、
時代により心優しい一面を見せたりもしたが似合っているとは言い難く、
やはりセイバートゥースには凶悪なヴィランであり続けて欲しい。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●X-MEN 2 エックスパワー サイクロップス
Imgp3116.jpg

「エックスメンとは悪の脅威から人類を守り、人類とミュータントの
平和的共存を実現する為に組織されたミュータントヒーローチームである!」
このナレーションで始まるアニメ版X-MENは
ゴールデンタイムに放送され、日本ではまだ無名だったX-MENを
一般層に知らしめる事に一役買ったのであった。

ハリウッド映画などまだ製作されていなかった当時は、
コミック、アニメが最大のX-MENの活躍の場であったが、
アメコミに然程興味が無い一般の人が最も記憶に残っているのは、
カプコンのアーケードゲームが濃厚かも知れない。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog