十三非常階段
●ビーストウォーズ  D-3 ワスピーター
Imgp5794.jpg

CG版ビーストウォーズは、物語が進んで行くに連れて後付け設定が次々に追加されて
複雑難解になり、BWメタルス後半には食傷気味と感じざるを得なかった。

その様な中でワスピーターに代表されるコメディリリーフの存在は
救いとなっており、お決まりのヤラレ振りが笑いを誘った。

不遇な扱いばかりが目立ったワスピーターであるが、
最初期のビーストウォーズからビーストマシーンズの最終話まで
活躍の場を与えられていた、影の主人公と言えなくもないキャラクターであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロン伝説  MD-05 スラスト
Imgp5499.jpg

TFマイクロン伝説のストーリ中盤に登場したスラストは、
知略に長けた参謀として活躍する知性派のデストロンだ。

ノーズコーンが位置している稀に見る頭部形状や
ジェットノズルがそのまま腕になる特徴的なスタイルも記憶に残る。

ウェザリングや迷彩が施された実機モチーフのジェットモードも、
SF色が強いビークルモードが多い他のマイクロン伝説トイとは一線を画していた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●X-MEN  MUTANT ARMOR  ヘビーメタル ビースト
Imgp5330.jpg

アメコミのフィギュアはマクファーレントイズが打ち出した
スポーンの爆発的な人気の影響により、スポーンフィギュアと同じ
6インチサイズのフィギュアが主流となった。


1990年代、トイビズのフィギュアがまだ5インチの物が一般的であった頃、
最も人気を博したのはX-MENシリーズであり、コミックやアニメに
登場する物はもちろん、トイオリジナルのフィギュアも多数登場した。

その中には謎に満ちた珍奇なスタイルの物も存在する。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー リベンジ  RA-30 N.E.S.T. スキャッターショット
Imgp5268.jpg

ムービーシリーズのスカウトクラスは新アイテムが登場する度に
精度が上がっていく様な印象を受けます。

小サイズながらも細かいモールドと適度な難易度の変形等、
こだわりが感じられる見所が多い事も特徴の一つです。

スキャッターショットはムービーシリーズの
オートボットでは比較的少ない戦闘車両モチーフのTFで、
他の例に漏れずレベルの高いトイでした。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ ネオ  C-33 ロックバスター
Imgp5188.jpg

ビーストウォーズネオシリーズのラインナップは
新規開発されたTFに加え、約半数はリペイントアイテムでした。

シリーズスタート時のリペイントTFは、日本で正規発売に
至っていなかったアイテムが選定されていた。

ロックバスターもその一つで、海外でもリペイント版で
珍しいアイテムであったにも拘らず、BWネオに
加えられた事は気の利いた配慮だと言えるでしょう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF アニメイテッド トランスフォーマーポーズフィギュア 03 メガトロン
Imgp5073.jpg

タカラトミーの連結子会社であった食玩担当の『すばる堂』や『ハートランド』、『ユーメイト』の
経営不振から、傘下にあった『ユージン』と統合し新会社『タカラトミーアーツ』が発足した。

トランスフォーマーの食玩は従来『カバヤ』から発売される事が常であったが、
食玩分野も社内にある為なのだろう、TFアニメイテッドの食玩は
タカラトミーアーツ』からの発売となった。

消費者にとってはどのメーカーから発売されても、然して問題は無く、
TFアニメイテッドの食玩モデルが登場した事が嬉しかった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TRANSFORMERS CYBERTRON  スキャッターブレイン
Imgp4959.jpg

日本と海外では同じシリーズであっても、発売されるアイテムには異なる面がある。

市場が大きいアメリカでは商品点数が兎に角多く、
ここぞとばかりに次々に新商品を投入する傾向がある。

コレクターにとっては珍しいアイテムに出会える機会が増える訳で、
不必要と思える程のアイテム数を誇る海外展開も捨て難い。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  SC-19 ホイルジャック
Imgp4831.jpg

合体を主軸に展開を行ったスーパーリンクシリーズは、
様々なパターンの合体が取り入れられており楽しませてくれた。

サイバトロン側の多くのキャラクターが上下二体合体の
スーパーリンク機構を備えており相互合体が可能な為、
数が増えれば面白さも比例して増していく楽しさがあった。

ホイルジャックもその中の一人で、シリーズ後半に増員された一人だった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー アニメイテッド  TA-07 スタースクリーム
Imgp4683.jpg

トランスフォーマー アニメイテッドで新たな設定として導入された事の一つに
ディセプティコンはオートボットよりも大型のロボットとして描かれている事が挙げられる。

トイではディセプティコンが巨大に造られている訳ではないが、
スタースクリームの背の高さは充分なインパクトを持っていた。

更に特異なスタイルと大掛かりなオートモーフ機構を備えたアイディア満載の
このトイは、TFアニメイテッドを代表するアイテムと言っても過言ではない。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズⅡ  D-15 スラスト
Imgp4576.jpg

ビーストウォーズⅡスタート時の最初期に発売されたトイは
新規開発の物は一つも無かったのだが、日本未発売アイテムが
多かった事もあり、見劣りする印象は受けなかった。

当時はビーストTF全盛であった背景もあり、日本未発売トイの中には
日本導入が難しいと思われていたアイテムも含まれており、
アメリカのショップ限定で展開したマシーンウォーズのアイテムが、
装いも新たにBWⅡのラインナップに加えられた事は嬉しいアイテム選定であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●キッズトランスフォーマー レスキューヒーロー ゴーボッツ  GO-07 スミス
Imgp4510.jpg

ゴーボッツは簡単な変形と安全に遊べる事を考慮した
幼児向けのトランスフォーマーだ。

低年齢用と謳われたTFは1987年の『ぼくのトランスフォーマー
以来、実に15年振りとなり、その動向が注目された。

人気や売上は上々だった模様で、初回発売分の単発で終わる事は無く、
数度に渡り追加アイテムが後に続き、その名を知らしめる事となった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ロボットヒーローズ  G1 ウルトラマグナス VS メガトロン
Imgp4312.jpg

デストロン軍団の創設者にして最高権力者である破壊大帝メガトロン。
強力無比なパワーと計略を駆使してサイバトロンを苦しめた。

悪のボスに相応しい威厳のある彼の高笑いは、印象深く記憶に刻まれている。
ロボットヒーローズ版メガトロンは、その笑顔が楽しげに映る秀逸な造形である。

そして、このセットにはウルトラマグナスも付属する。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●X-MEN  MARVEL HALL OF FAME・SHE FORCE  ジーン・グレイ
Imgp4445.jpg

男児玩具であるエックスメンのフィギュアでは
女性キャラクターは子供受けが悪い為、
なかなかフィギュア化の機会が巡って来なかった。

折しもフィギュアブーム全盛であった90年代後半、
立体化を願う声も高かったのであろう、
満を持してジーン・グレイのフィギュアが登場した事は
全てのX-MENファンが待ち望んだ歓迎すべき出来事であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog