十三非常階段
●ビーストウォーズ ネオ  D-30 セイバーバック
Imgp02432.jpg

ビーストウォーズシリーズの集大成とも言えるBWネオ玩具は、
他のビーストシリーズよりも明らかに上を行く変形と
ロボット、ビースト両モードでのスタイルの良さが秀逸である。

ロボットモードでのデザイン性は特に優れており、
個性的な面々が顔を連ねる中、群を抜いて
印象に残る姿を誇るのがセイバーバックであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー リベンジ  限定マイクロン マイティーストラ
Imgp01662.jpg

ハリウッド映画第ニ作目となる『トランスフォーマー リベンジ』は、
前作がトランスフォーマーを一般に認知させた事もあり、日本でも大いに人気を博した。

映画人気と比例するが如くTF玩具もヒットを飛ばし、
その様な中、畳み掛ける様にマイクロン配布キャペーンが催された。

映画上映期間中に加え夏休みという、集客にはこの上ない好条件の下、
ファンにとっては配布アイテムの入手は争奪戦宛らであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●スパイダーマン  SHAPE SHIFTERS ベノム
Imgp006252.jpg

トランスフォーマーの様なロボットに限らず、変形玩具には面白味がある。
スーパーヒーローが全く別のフォームに変形してしまう
シェイプシフターズは、単純な発想ながら楽しませてくれる物だった。

スパイダーマンが変身する玩具が発売されれば、
敵側のヴィランも同様の物が登場するのが道理。

やはりヒーローとライバルは共に押さえておきたいのが心情だ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー  アダムス
Imgp0029.jpg

変形するロボットヒーロー、トランスフォーマーは
様々なモチーフの選択で楽しませてくれる。

“変形すれば何でも有り”の様相を呈するTFの中にあっても、
UFOという突飛な変形モードを持つアダムスは、
TFシリーズのキャッチコピー『Robots In Disguise』を
真っ向から無視しているかの様であり、その異端さに心惹かれる。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー スーパーリンク  SC-07 エアグライド
Imgp9955.jpg

オムニコンで唯一の飛行能力を持ったエアグライドは、
他のタイプのオムニコンより活躍の場を与えられていた。

ストーリーの序盤から終盤までブラストアームと共に登場し続け、
脇役の中では代表格と言っても良い存在だった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー カーロボット  C-006 イーグルキラー
Imgp9857.jpg

6台の車で構成されたスパイチェンジャーは、シリーズのタイトル
トランスフォーマー カーロボット』に相応しいチームで、
更に変形ロボットとミニカーとしての遊びを両立出来る優れたトイだ。

安価で手に取り易く、遊び甲斐があり壊れ難い。

スパイチェンジャーは玩具の本質と言える事柄を
改めて思い起こさせてくれるTFトイである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイテッド  UN-04 メガトロン サイバトロンモード
Imgp9701.jpg

G1キャラクターのリメイク版が多数ラインナップされている
海外展開のTFジェネレーションズは、日本国内でも
TFユナイテッドとして導入された事は大変喜ばしい。

日本版は海外版とは異なるカラーリングとなる事が常だが、
TFユナイテッドは2010年のTFアニメイテッドで培われた
メタリック塗装も導入し、豪華なイメージで好印象の物となった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF アニメイテッド  EZコレクション スタースクリーム パープルクリアVer.
Imgp9581.jpg

リペイント品を発売する事が常套手段であるTFの中でも
アニメイテッドのEZコレクションほど数が多かった例は珍しい。

4タイプしか無い金型を最大限に駆使し、
数多くのリペイント版を登場させてくれた。

取り分けリカラーが多かったのがスタースクリームで、
日本未発売のTFアニメイテッド・レスキューラチェット
付属したレジェンドクラス・スタースクリームを含めると、
この『たからとみぃくじ』版は9タイプ目のアイテムとなった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー リベンジ  EZコレクション EZ-04 スタースクリーム
Imgp9519.jpg

映画第一作目の時点で国内発売されたEZコレクションは
6種のみであり、更に発売元となっていた『すばる堂』の消滅により
EZコレクションの新作は日本で発売されるのか危惧された。

その心配を余所に映画二作目『トランスフォーマー リベンジ』の
公開直後に装いも新たに登場したEZコレクションは、
8種類の新作トイをラインナップに揃え、発売当初は
品薄になる程の好スタートを切ったのだった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ  C-3 チータス
Imgp9484.jpg

CG版ビーストウォーズはコンボイ率いる小部隊の波瀾に満ちた冒険譚だ。

CG製作の都合、キャラクター数は限られていたが、逆にメンバーの
一人一人のキャラクター性を掘り下げて描いていた事は評価に値する。

コンボイを中心にストーリーが展開する一方で、ビーストウォーズから
メタルス、ビーストマシーンズへと発展した長期のストーリーは、
そのままチータスの成長物語と言える物でもあった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロン伝説  MEGA SCF 11 ホットロッド
Imgp9360.jpg

非変形のアクションフィギュアシリーズ・メガSCFは
2002年の登場以来、確実にアイテム数を増やしていた。

G1キャラクターで占めていたラインナップは、
TVアニメ『トランスフォーマー マイクロン伝説』のスタートと共に
全てマイクロン伝説のキャラクターに切り替わる事になる。

メインキャラクターは全てメガSCFで発売する予定だったのだろう、
ホットロッドはまだその意気込みが感じられる時期に登場したフィギュアだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●映画 トランスフォーマー  ベーシック メガトロン
Imgp9289.jpg

ハリウッド映画のTFは複雑なデザイン故、
トイの変形がタイトで難易度が高い物も多い事が特徴。

低年齢層でも簡単に変形出来、遊べるギミックを搭載したベーシックシリーズは、
玩具の本来の購買層である子供達に受け入れられる筈だった。

しかし文化の違いからか、単に価格が見合っていなかったのか、
日本でのベーシックシリーズは散々な有様になってしまったのが現実。

手に取ってみれば、よく出来たトイである事が実感出来るが、大多数は
手を伸ばすまで至らない事がベーシックシリーズにとって最大の難関であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TRANSFORMERS  レスキューフォース グラップルクロータンク
Imgp9186.jpg

リアルタイムで情報が行き交う現在、世界中の情報が溢れ、
苦も無く当たり前の様に入手出来る事は、正に21世紀なのだと改めて感じる。

1990年代の始め、ネット環境は整っておらず、そもそもPCの家庭への普及率は低かった。

加えてTFのトイガイドブックなど日本では存在している筈も無く、
日本のトランスフォーマーシリーズが風前の灯火の様な状況にあって、
海外でのみ発売されるTFの情報を掴む事自体が、至難の技と言える時代でもあった。

世界中でトランスフォーマーが低迷していた時期、
欧州で人知れず登場したTFが存在する。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog