十三非常階段
●トランスフォーマー マイクロン伝説  BIGトランスフォーマーVer.2 ➁ ジェットファイヤー
TRANSFORMERS MICRON LEGEND KABAYA BIG TRANSFORMERS Ver.2 JETFIRE 126

カバヤ製食玩トランスフォーマーの精度はG1初期の頃から高く、
その優秀な仕様は時代が流れた後も受け継がれている。

非変形の彩色済み完成フィギュアというスタイルの
BIGトランスフォーマー』は、数あるカバヤTFの中でも
予想を超える優れたトイに仕上がっており、驚きを与えてくれた。

カバヤ独自の拘りが詰め込まれたレベルの高いフィギュアを再び手にした時、
長い時を経た後も色褪せない魅力を備えていると実感するのである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●KRE-O TRANSFORMERS  ガチャ・トランスフォーマー クレオン バンブル
KRE-O TRANSFORMERS GACHA KREON BUMBLEBEE 027

バンブルはG1期の頃から人気が高いキャラクターで、
2007年の実写映画以降、更に知名度と人気がアップした。

一般層にはムービー版バンブルビーの方が認知されているが、
目、鼻、口があるG1アニメデザインのバンブルの方が
子供にとっては親しみ易い顔のロボットと言えるだろう。

しかしクレオン・バンブルはG1版を基にしたデザインながらも、
可愛げの無い表情をしている事が特徴となっており、
海外版ディフォルメトイらしさが感じられるフィギュアであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー アドベンチャー  TAV-13 ネメシスプライム
TRANSFORMERS ADVENTURE TAV-13 NEMESIS PRIME 9889

2015年からスタートした『トランスフォーマー アドベンチャー』は、
海外版『TRANSFORMERS ROBOTS IN DISGUISE』と
ほぼ同時展開ながらも、トイのラインナップは大幅に異なっている。

日本独自のカラーリングによるトイオリジナルのTFが多数組み込まれ、
アニメ劇中には登場しない新キャラクターが多い事も特徴だ。

日本では特に人気の高いキャラクターのネメシスプライム
加えられている事も注目点であり、限定品の常連であるネメシスプライムが
一般販売のラインで発売された事はファンを大いに歓喜させた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー カーロボット  C-021 ビルドサイクロン
TRANSFORMERS CAR ROBOT BUILDMASTER C-021 BUILD CYCLONE 9741

建設機械に変形するトランスフォーマーは、
G1初期のビルドロン部隊を筆頭に度々登場しており、
サイバトロン軍にも建機型TFが加わっている。

2000年にリリースされた『トランスフォーマー カーロボット』の
ビルドマスターは、G1末期の『トランスフォーマー合体大作戦』以来、
久々に登場したサイバトロンの建機TFチームだった。

合体機能のみならず各単体のロボットのクオリティは高く、
建設車モードの遊びやギミックも豊富に備わっていた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●キュートランスフォーマー  QT-12 サンストリーカー
Q TRANSFORMERS QT-12 SUNSTREAKER 9628

生命を宿しているトランスフォーマーだからこそ、ロボットであるにも拘らず
兄弟』が居ると設定されている者も存在する。

サンストリーカーランボルと共に兄弟トランスフォーマーの元祖であり、
G1アニメに於けるコンビでの活躍も記憶に残る。

キュートランスフォーマーでは、サンストリーカーとランボル
両者が出揃った事でより楽しめるラインナップになった為、
二人共揃えたいという衝動に駆られるのは必然であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Vol.2 5 シーカー
TRANSFORMERS MICRON BOOSTER VOL.2 5 SEEKER 484

2007年のハリウッド実写映画以前の日本に於けるトランスフォーマーは、
G1初期から20年以上も日本独自の名称が使用され続けてきた。

オリジナルの英語名称では日本人、特に対象としている
子供にとっては言い難く覚え辛い為で、各キャラクターや軍団名、
サブグループ名も日本独自の物に変更されている。

日本名が使用される事が常であった時期に登場した
マイクロンのシーカーは、日本オリジナルTFであるにも拘らず、
海外版のサブグループ名を有する稀有な存在であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン  サイバーバース CV-06 アイアンハイド
TRANSFORMERS DARKSIDE MOON CYBERVERSE CV-06 IRONHIDE 315

TFムービーシリーズに於けるメインキャラクターの一人として、
アイアンハイドは実写映画第一作目から大いに活躍し、
トイも小サイズのEZコレクションから大型のリーダークラスまで
多種多様なアイアンハイドのアイテムが登場し続けてきた。

2011年の新規シリーズ・サイバーバースではコマンダークラスで登場し、
約10cm高のサイズながらも非常にリアルな造形を誇り、
プレイバリューも高い優れたトイに仕上がっていた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ロボットマスターズ  RM-03 リジェ
TRANSFORMERS ROBOTMASTERS RM-03 RIJIE 126

G1アニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の
第13話『リジェの裏切り』に於ける活躍で記憶に残るリジェは、
単独でのスパイ行動を得意とし、姿を消す能力と戦略を駆使して戦う
超A級のスナイパーであり、サイバトロンの危機を幾度も救った功労者だ。

G1アニメと世界観がリンクしている『ロボットマスターズ』では、
G1コンボイ直属の有能な部下として活躍する。

ロボットマスターズ版リジェの注目すべき点は、
G1アニメ版を彷彿させる姿とカラーリングの再現度が非常に高く、
入手困難なG1リジェのトイに代わるアイテムとして遜色が無い事であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●キュートランスフォーマー  QT-20 メガトロン
Q TRANSFORMERS QT-20 MEGATRON Lamborghini Veneno 067

スーパーカースポーツカーが大半を占めるキュートランスフォーマーは、
当然の様にカーロボット型TFが多いオートボット側のキャラクターが大多数であった。

ディセプティコン側の名の知れたカーロボットは少ない事もあり、
ロックダウン一体のみがラインナップされるにとどまっていた。

しかしディセプティコン大帝メガトロンが、装いも新たに
カーロボットTFとなってQトランスフォーマーに加わった事は、
驚きと共にファンを大いに歓喜させた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロン伝説  MD-03 マイクロン サーチ
TRANSFORMERS MICRON LEGEND MD-03 MICRON SEARCH 938

トランスフォーマー史上、初の日米共同プロジェクトとして展開した
トランスフォーマー マイクロン伝説』は、トイの仕様も一新され、
フル可動の変形ロボットを主軸としていたG2ビーストウォーズ期の
TFトイとは趣が異なる、遊び易さ重視の新型トイとして登場した。

注目すべきは新機軸の小型TF・マイクロンの導入であり、
G1期のマイクロトランスフォーマーを遥かに凌ぐ
プレイバリューの高さは驚くべき物だった。

更にその技術の高さは、マイクロンが初登場した2002年の時点で
既に確立されていた事も、見過ごす事は出来ない事実なのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog