十三非常階段
●ビーストウォーズⅡ  グレートヒーロー ライオコンボイ
トランスフォーマー ビーストウォーズⅡ グレートヒーロー ライオコンボイ 711

変形ロボット玩具であるトランスフォーマーの場合、
変形トイ以外のアイテムが発売される事は珍しいと言える。

ビーストウォーズⅡ』で登場したグレートヒーローは、
ソフトビニール製のフィギュア、いわゆるソフビ人形であり、
G1期以来長らく登場していなかったトランスフォーマーの
ソフビ人形という面が非常に目新しく、ファンを驚かせた。

更にその完成度の高さは注目に値する物で、
通常の変形トイにはないソフビならではの魅力を備えている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●キュートランスフォーマー  QT-10 ホイルジャック
Q TRANSFORMERS QT-10 WHEELJACK 642

G1トランスフォーマーの中でもサイバトロンの主要メンバーの一人であり、
数々の発明品を生み出したホイルジャックは、多大な貢献と共に
敵味方双方を巻き込む騒動も引き起こしてしまう名キャラクターだ。

メカの扱いに長けたキャラクター性は非常に印象深い物であったが、
作品によってはG1版とは懸け離れた個性が与えられており、
様々なホイルジャックが登場している事も興味深い。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ロストエイジ  AD-27 バンブルビー
トランスフォーマー ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ AD-27 バンブルビー 466

G1期以来、バンブルは愛嬌のあるマスコット的なキャラクター性が
特徴であったが、2007年の実写映画化によりイメージを一新、
馴染み易い性格に加えて戦闘にも果敢に挑む戦士として描かれた。

映画第4作目に当たる『トランスフォーマー ロストエイジ』では、
1~3作目までのバンブルビーとは大幅に異なるデザインに変更し、
よりスタイリッシュで攻撃的なイメージとなった事で、
バンブルビーの新たな魅力を引き出してくれた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー クロニクル  EZコレクション 02 スタースクリーム
TRANSFORMERS CHRONICLE EZ COLLECTION 02 STARSCREAM 271

スタースクリーム型のトイは、小サイズトイのEZコレクションから
大型アイテムのマスターピースまで数多く存在するが、
共通しているのは同型のバリエーションが豊富という事である。

同型で別キャラのスカイワープサンダークラッカーが製作される事は
当然の成り行きだが、EZコレクションの場合はスタースクリームという
キャラクターのみでも、数々のバリエーションが造られている所が興味深い。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●アルティメット スパイダーマン  SPIDER WARS バトル・スパイダー リザード
ULTIMATE SPIDER-MAN SPIDER WARS BATTLE SPIDER LIZARD 256

バトル・スパイダーは、その名が示す通り
蜘蛛をメカニカルにアレンジしたビークル型のトイであるが、
スパイダーマン』に登場する様々なキャラクターの特徴を
取り入れている為、モチーフは蜘蛛だけに限らない。

バトル・スパイダー リザードは、スパイダーマンの代表的な
ヴィランの一人であるリザードをモチーフにしている為、
蜘蛛とトカゲが融合している奇天烈なデザインとなり、
モンスター色の強い姿が目を引くアイテムとなった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー アドベンチャー  TAV-04 スチールジョー
TRANSFORMERS ADVENTURE Adventure Series TAV-04 STEELJAW 041

狼に変形するトランスフォーマーは既に何人も存在しているが、
カーモードから『人狼』の姿となるスチールジョーの様なタイプは初である。

TFアドベンチャーのディセプティコンは、ビースト要素を
多分に取り入れている事が特徴であり、人型ロボットと狼を
融合したかの様な姿のスチールジョーはその代表格だ。

更に動物要素が濃厚な姿から想像される凶暴で野獣的なイメージを覆す、
知略に長けた頭脳も備えたキャラクター性は、意外性があり驚くべき物であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー プライム  アームズマイクロン ウェポンシリーズ AMW-13 アイロR
TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON WEAPON SERIES AMW-13 IRO・R 949

オプティマスプライムバンブルビーの様に
TFファン以外にも認知されている有名キャラクターのトイは、
バリエーションが把握し切れないほど多く、
リカラー、リデコレーション品も数多く存在する。

反面、トランスフォ-マーにはマイナーなキャラも大勢居るが、
それ等のTFはリカラー品が製作される事は少ない。

アイロの様な超マイナーなTFのリカラー版が登場した事は
非常に珍しい例であり、アームズマイクロン5体セットという
特殊な形式の商品であった為、実現出来たと考えられる。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TRANSFORMERS ROBOTS IN DISGUISE  スキッズ
Transformers ROBOTS IN DISGUISE Flip Changers SKID-Z 662

トランスフォーマーのトイをコレクションする上でファンを悩ませる事例の一つに、
海外と日本では同一トイでも異なる仕様の物が多い事が挙げられる。

ビーストウォーズからこの傾向は顕著になり、2000年に日本で展開した
トランスフォーマー カーロボット』のトイも、2001年より海外でスタートした
TRANSFORMERS ROBOTS IN DISGUISE』では
塗装や成形色等が日本版と異なる仕様に変更されている。

どちらが優れていると決める事は出来ず、これは各人の好み次第だが、
迷った時の選択肢は一つ、両方買えば良いのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビークール  B-17 アメリカンパトカー ディセプティコン バリケード
TRANSFORMERS BECOOL B-17 DECEPTICON BARRICADE 6474

実写映画『トランスフォーマー』で衝撃的な活躍を残し、
悪のパトカー型トランスフォーマーというキャラクター性を確立した
バリケードは、主な活躍は実写版映画第一作目のみにも拘らず、
その後も数々のトイが発売され続けた人気キャラクターだ。


この流れは低年齢の児童向けシリーズ『ボットショット』にも取り入れられ、
日本版の『ビークール』にも導入された事も頷ける展開だった。

しかし日本のファンを驚かせたのは、ビークール・バリケードは
それまでの悪役という個性を根底から覆す、
完全に新規のキャラクター性が与えられていた事である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイテッド  UN-20 ランブル
TRANSFORMERS UNITED UN-20 RUMBLE 347

同型異色のトイが数多く存在するトランスフォーマーの伝統は、
シリーズ創成期のG1初期から取り入れられている手法だが、
個性的なキャラクター設定により、リカラーキャラの存在感も大きかった。

G1当時から同型トイであったフレンジーランブルも、リメイクされる際は
揃って製作される事がほとんどで、ファンもそれを望んでいる。

どちらか一人では物足りない。
トランスフォーマーには型は全く同じでも、セットである事が
求められるキャラクターが多数存在しているのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog