十三非常階段
●トランスフォーマー レジェンズ LG-39 シナプス & ヘッドマスター ブレインストーム
TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 SYNAPSE & HEADMASTER BRAINSTORM 174

トランスフォーマーの定義は広範囲に渡る。

自由意思を持つ超ロボット生命体ではない者、
即ち個体毎のパーソナルコンポーネント
スパークの様な生命として機能するパーツが無くても、
変形すればトランスフォーマーに成り得るのだ。

パートナードローンも暦としたトランスフォーマーだが、
シナプスの場合は意思や個性も無い量産型ドローンという、
他とは一線を画した謎多き存在であった。



トランスフォーマー レジェンズ LG-39 パートナードローン シナプス 407

  ◆ 名前 : シナプス

  ◆グループ: パートナードローン

  ◆ 変形 : オフロードビークル / エアバイク
         / ウェポンモード


  ◆シリーズ: トランスフォーマー レジェンズ

  ◆ 発売日: 2016年12月28日

  ◆ 価格 : 4000円






TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 BRAINSTORM Package Box

パッケージ




TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 Partner Drone SYNAPSE Snow Crawler Vehicle 332

オフロードビークルモード

丸型ヘッドライトと縦のスリットが入ったグリルという、
ジープのスタイルを取り入れたSUV型車両。

足回りがタイヤから三角形のキャタピラに
換装されている豪雪地帯仕様のビークル。



TF LEGENDS LG-39 Partner Drone SYNAPSE Snow Crawler Vehicle 335

リア

実際のクローラー車両は、車種にもよるが
最高速度50~80km/h程度のスピードで走行可能。

SUVだけではなく、バン、ボックスカー、トラックや
軽自動車でもクローラー車両にする事が出来る。



Transformers LEGENDS LG-39 Partner Drone SYNAPSE Snow Cat Vehicle 339

サイド

実車ではゴムキャタピラが主流となっているが、
シナプスのトイではクローラー部はガンメタルに
塗装されている事から、戦車の様な金属製の
履帯をイメージしている事が分かる。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 Partner Drone SYNAPSE Snow Crawler Vehicle 411

『パートナーのシナプスは、
高度な工作能力を有するドローンで、
ブレインストームの射撃精度を
高めてくれる重要な相棒だ。』




トランスフォーマー レジェンズ LG-39 パートナードローン シナプス オフロードビークル 347

基になったトイは、2016年に海外で発売された
TRANSFORMERS TITANS RETURN』シリーズの
ブローンとセットになっているミニビークル。

ゴング(ブローン)のカラーを取り入れたダークグリーン主体の
ビークルだったが、TFレジェンズシナプス
明るいスカイブルーとなり全く異なる印象を引き出している。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 SYNAPSE Transform




トランスフォーマー レジェンズ LG-39 パートナードローン シナプス エアバイクモード 306

エアバイクモード

ディフォルメされた様なジープの如き
カーモードから一転、細長いボディを持つ
SF要素が強いエアバイクに変形する。

二つのビークルモードの印象が
対照的なので、非常に面白いトイである。



トランスフォーマー レジェンズ LG-39 パートナードローン シナプス エアバイクモード 309

リア

一見して「バイク」として認識するには
強引な感は否めないが、『エアバイク』という
特殊なモチーフは海外展開も行っているTFならでは。

これは世界的に有名な映画『スター・ウォーズ』に登場した
スピーダー・バイク』を意識している事は明らかで、
細長いボディ形状も類似したイメージだ。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 Avatar Drone SYNAPSE 384

モグルタンケッテカルゴ等の
他のパートナードローンは各一体のみであったが、
シナプスは無数に存在する量産型ドローンであり、
自我を持たない所が大きな違いとなっている。

エアバイクモードは工作機械としての機能も有し、
先端の銃口は溶接トーチも兼ねている。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 Partner Drone SYNAPSE Soeeder Bike Mode 313

付属コミックでは、G星雲89のトランステクター工場で稼動している
G-89型アバタードローン』と設定されており、
工作機械であると共に、有事にはウェポンモードに変形して
防衛設備やサイバトロン戦士の銃器としても使用される。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 Partner Drone SYNAPSE Hoverbike Mode 319

大量に存在するシナプス達に個性や意思は無いが、
その正体は後に発売されたLG-EX グランドマキシマス
付属するコミックで明かされる事となる。

トランステクター工場を稼動させている
G星雲89コンピューター』は自我を持っており、
そのコンピューターが実体を必要とする際に
使用するボディがシナプスである。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 Partner Drone SYNAPSE Hoverbike Mode 318

無数に存在するシナプスが『アバタードローン』とされるのは、
G星雲89コンピューターのアバター(分身、仮のボディ)として
機能するドローン達だからであり、
彼等はG星雲89コンピューターの手足なのだ。

コンピューターの意思を伝達し機能させるドローン故に、
シナプス』の名称が与えられていると考えられる。






TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 HEADMASTER BRAINSTORM  164

  ◆ 名前 : ブレインストーム

  ◆グループ: ヘッドマスター
         / サイバトロン

  ◆ 変形 : ロボット頭部




TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 HEADMASTER BRAINSTORM  150   TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 HEADMASTER BRAINSTORM  160

ロボットモード

LG-39 ブレインストームは、同シリーズの
LG-25 ブラーとパーツや変形機構を共有する事を
前提に造られている為、ヘッドマスターフィギュアも
同じ金型を使用しており、デザインも全く同じ。

唯一、背中に配置された大型ロボットの頭部は異なる。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 BRAINSTORM HEAD Mode 212

ヘッドモード

日本のレジェンズ版ブレインストーム
他のヘッドマスターと同様に、1987年のアニメ作品
トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ』版の
デザインを取り入れ、海外版とは異なる新規造形の頭部。

海外版やG1トイも含め、目、鼻、口が露出している「素顔」の
ブレインストームのトイは、レジェンズ版が初となった。




トランスフォーマー レジェンズ LG-39 ヘッドマスター ブレインストーム 220

大型ロボットのヘッドに変形する
マスター戦士の状態は、1987年の
G1版では固有名称が与えられていた。

海外版はネビュロン人アルカナ
日本版は小型TFカーナであった。



トランスフォーマー レジェンズ LG-39 ヘッドマスター ブレインストーム 183

2015年にボイジャークラスでリメイクされた
LG-09 ブレインストームでは、G1版と同じく
マスター戦士の名称は『カーナ』であった。

デラックスクラスのLG-39 ブレインストームでは
カーナは採用されず、小型ロボもブレインストームである。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 Headmaster BRAINSTORM & CHROMEDOME 417

レジェンズ版クロームドーム
ブラーのパーツを一部流用している為、
小型ロボットがブラーと同じデザインである。

ブレインストームもブラーと同じ型の
小型ロボットなので、クロームドームの小型ロボと
全く同じ姿になってしまった事は惜しい所だ。

しかし、これには理由がある。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 HEADMASTER BRAINSTORM Mini figure 184

ヘッドマスターズの中でブレインストームだけが
先行してボイジャークラスでリメイクされていた為、
ハズブロ側が企画していたタイタンズ・リターン
当初の案では、デラックスクラスのブレインストームを
造る予定は無かったと言う。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 HEADMASTER BRAINSTORM Mini Figure 206

しかし日本のタカラトミー側からの提案で、
他のメンバーと同じサイズのデラックスクラス
ブレインストームを製作する運びとなった。

この提案が無ければ、ブレインストームのみ
ボイジャークラス版という事態も有り得たのだ。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 HEADMASTER BRAINSTORM Figure 205

新たなデラックスクラス・ブレインストーム
造る為には、他のトイとの共用パーツを
使用せざるを得ない状況があった。

結果、サイバトロン・ヘッドマスターズの
マスター戦士はブラー型が2体となったが、
ブレインストームが他と同規格で
再度リメイクされた事を喜ぶべきだろう。





TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 HEADMASTER BRAINSTORM Ride On SYNAPSE 349

ヘッドマスター・ブレインストームは、
パートナードローン・シナプスに搭乗可能。

ロボットに対して小型のビークルなので、
ゴーカートに乗っている様な
コミカルな印象が感じられる。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 HEADMASTER BRAINSTORM Ride On SYNAPSE 354

上部からだと運転席に座っている様に見えるが、
コックピット内は空洞で穴が空いている状態。

ミニフィギュアの脚部を正座する様に後ろに曲げ、
足の裏のジョイントに車体後部内側のピンを差し込み固定する。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 HEADMASTER BRAINSTORM Ride On SYNAPSE Hoverbike 326

単体ではオートバイとして認識し辛いエアバイクモードだが、
ヘッドマスターフィギュアを搭乗させる事により、
空中を疾走するホバーバイクである事が分かり易くなる。

前傾姿勢で乗るスタイルを採用する事で、
オートバイという特徴が強く表現されている。



TF LEGENDS LG-39 HEADMASTER BRAINSTORM Ride On SYNAPSE Airbike 329

エアバイクモードもオフロードビークルモードと同じく、
正座スタイルにして足の裏の穴にマイクロピンを差し込む。

又、ガンメタルに塗装された後部の二つの銃口は、
エアバイクモードではマフラーとなっているアイディアが巧い。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 Headmaster BRAINSTORM & SYNAPSE Combine285

原型となった海外のTFタイタンズ・リターンでは、
タイタンマスター(ヘッドマスター)をミニビークル
合体させるという遊び方も提示している。

ミニロボットをヘッドモードに変形させて、
ミニビークルのコックピットに合体させる。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 Headmaster BRAINSTORM & SYNAPSE Combine286

日本版説明書には掲載されていないが、
様々な遊び方が実現出来る優れたトイである。

尚、このモードは、TF公式サイトに於けるWEBコミックの
第40話『LG-EX ヘッドマスターセット編』で、
ヘッドマスター・ゴングシナプス
合体する形で描かれている。





TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 Headmaster BRAINSTORM & SYNAPSE Combine

車体後部のグレーのパーツには
ヘッドマスターフィギュアの頭部を
差し込む為のジョイントが設けられている。

ジョイントの型は海外版と同じなので、
合体させる事に問題は無い。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 SYNAPSE & HEADMASTER BRAINSTORM  359

この様にヘッドマスターフィギュア
パートナードローンのトイだけでも、
数多くの遊び方が実現出来る事は称賛に値する。

日本版は大型ロボットのヘッドマスターとセットなので
霞んでしまいがちだが、ミニビークルの面白さは
実際に手に取る事で実感出来る。





TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 SYNAPSE Weapon Mode 222

ウェポンモード

前輪のキャタピラが備わったサイド部分を
前方に展開すると2連の銃口が備わった銃と化す。

車体後部からグリップを下方に引き出す事で、
銃器として納得のデザインに変化する。

又、付属コミックでは『高射砲モード』と呼称されている。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 SYNAPSE Anti Aircraft Gun 389

リア

パートナードローンのウェポンモードは
やや強引な物が多いのだが、シナプスの場合は
ライフル型の銃として認識出来るデザインである。

パネル型パーツを移動させる簡単な変形機構にも拘らず、
車、エアバイク、銃という全く異なるモードを
作り出しているアイディアは見事である。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 Partner Drone SYNAPSE Weapon Mode TF Animated BLURR 200

ブレインストームと同じ成形色なので、
水色の銃」というオモチャ的な印象がある物の、
先端の銃口はシルバーに、後部側面の銃口は
ガンメタルに塗装する事でリアルさも感じられる。

日本のレジェンズ版は塗装箇所が多いので、
デザインや各部モールドを巧く活かしている。





TRANSFORMERS LEGENDS LG-39 Partner Drone SYNAPSE TF Animated BLURR 195

実写映画シリーズでは現実味のあるカラーを
採用する事が多いので、世界観的に
水色の銃は似合わないかもしれないが、
アニメやコミックスを中心に展開したG1TFの
リメイク版であれば、違和感は全く無い。





トランスフォーマー レジェンズ LG-39 パートナードローン シナプス & ヘッドマスター ブレインストーム 321

LG-39 ブレインストーム付属のコミックで、
シナプスが量産型だと示された事も驚きであったが、
ブレインストームの発売から1年以上経って登場した
LG-EX グランドマキシマス付属のコミックで再登場し、
更に正体が明かされた事は予想を超えていた。

当初、企画には無かったが発売が決定した事で
ブラー型ヘッドマスターとなったミニフィギュアも含め、
ブレインストームシナプスは曰くの多いセットと言えよう。







TRANSFORMERS PARTNER DRONE 297

◆参考ににならない比較◆





⇒ LG-21 タンケッテ & ヘッドマスター ハードヘッド `
⇒ LG-32 モグル   & ヘッドマスター クロームドーム
⇒ LG-33 カルゴ   & ヘッドマスター ハイブロウ  `
⇒ LG-31 フォートレス                `

⇒ SCF ACT-3 クロームドーム          `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog