十三非常階段
●トランスフォーマー レジェンズ  LG-28 リワインド
TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 G1 REWIND 917

サイバトロンのカセット戦士カセットボットは、
G1トイの発売からアニメに登場するまで大きな開きがあった。

この為、リーダーのブロードキャストに比べると、
目立たない印象がある事は否めないだろう。

アニメに於ける登場回数も少ないカセットボットだが、
その中で最も台詞が多かったのはリワインドであり、
僅かな活躍にも拘らず存在感を確立していた。



トランスフォーマー レジェンズ LG-28 G1 リワインド 902  ◆ 名前 : リワインド

  ◆グループ: カセットボット

  ◆ 役割 : 情報員

  ◆ 変形 : メモリーデバイス / 戦車


  ◆シリーズ: トランスフォーマー レジェンズ

  ◆ 発売日: 2016年9月24日

  ◆ 価格 : 1800円




TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 G1 REWIND Package Box

パッケージ

TFレジェンズ版リワインドは日本独自のセットで、
ヘッドマスター ナイトビートが付属する。




G1 REWIND ADHESION RIFLE TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 Memory Device Mode 965

ツールモード

メモリーデバイス』という表現だと
USBメモリーの様な記録メディアを
連想してしまうが、中央の画面を表した
ステッカーからも分かる様にタブレットである。

尚、海外のタイタンズ・リターン版では、
スパイ・タブレット』と記載されている。



G1 REWIND ADHESION RIFLE TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 Memory Device Mode 969

リア

裏側はロボットモードの腕部やボディ、
ビークルモードのクローラーが露出している。

長方形のタブレットを再現する為、
非常に収まりが良い変形という事が理解出来る。




G1 リワインド トランスフォーマー レジェンズ LG-28 メモリーデバイスモード 970

液晶画面のステッカーは背景部分を
カセットテープにしており、カセットに変形した
G1時代のリワインドへのオマージュが嬉しい所。

海外版は赤いカセットテープを採用していたが
日本版は黄色になり、絵柄も変更して
画面のアイコンの数が大幅に増えている。



G1 REWIND ADHESION RIFLE TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 Smartphone Mode 004

画面には音楽、メール、ロックボタン、カメラ等のアイコンが並び、
上部には電波の受信状況や電池の残量も表示されており、
スマートフォンを意識した絵柄という事が分かる。

又、「」のアイコンは、青い背景から
ツイッターを表現している事は間違いないが、
TRANSFORMERS」のTも表していると考えられる。




G1 REWIND ADHESION RIFLE TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 Spy Tablet Mode 975

タブレット右下に設けられた穴は、
実物のヘッドホンやイヤホンのプラグを
差し込む事が出来るイヤホンジャックである。

細かな箇所の拘りも抜かりは無く、
いわゆる「なりきり玩具」としても楽しめる。




トランスフォーム!
TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 G1 REWIND Transform Robot




トランスフォーマー レジェンズ LG-28 G1 リワインド 888

ロボットモード

現代的にアレンジされながらも、
マスク顔の頭部や胸部のデザイン、
広い肩幅やボリュームがある前腕等、
G1期のリワインドのスタイルを再現している。

又、腹部や腰のシルバー塗装はアニメ設定を
取り入れた物で、G1トイとアニメ版デザインを
融合し、更に新たな要素も加えた姿となった。



トランスフォーマー レジェンズ LG-28 G1 リワインド 898

リア

背面にデバイスモードの画面を表した
ステッカーが配置されるデザインも、
G1リワインドのカセットテープの絵柄を印刷した
ステッカーが背中に来る特徴と共通する。

変形モチーフは全く別の物となったが、
G1版を強く意識している事が分かる。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 CASSET BOT G1 REWIND 917022

海外で先行して登場していた
TRANSFORMERS TITANS RETURN』版では、
バイザー状のモールドを全て青く塗装していた。

日本のレジェンズ版ではバイザーは赤に塗装し、
平行四辺形の青い目をプリントで追加して
アニメ設定を再現した物に変更している。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 G1 REWIND 912

首は左右の回転に加え、変形機構を利用して
上下に向きを変える事も出来る。

肩、股関節、膝にボールジョイントを使用、
上腕にロール、肘に可動軸を備え、つま先も可動する。

ポージングの幅は広いが、踵パーツが無く、
脚部内側のパネル状のパーツで支える為、転倒し易い。




トランスフォーマー レジェンズ LG-28 カセットボット G1 リワインド 923

リワインドは、ニューボディにより得られた、
飛躍的に向上した演算能力と
その無限に等しい記憶容量に加えて、
外部メモリーとクラウド化する事により、
宇宙全ての情報を手に入れたと豪語し
満足していたが、ナイトビートとの
出会いにより、不確定要素に対しての
推測と謎解きの面白さに目覚めてしまった為、
彼の持病の頭痛は治まる事はないだろう。』




TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 G1 REWIND Tech Specs 906

テックスペック

・体力 : 4
・知力 : 9
・速度 : 2
・耐久力: 7
・地位 : 6
・勇気 : 7
・火力 : 4
・技能 : 8





G1 REWIND ADHESION RIFLE TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 CASSET BOT  153

ライフル

銃身が長い専用銃が一挺付属する。

G1リワインドでは、金属結合接着剤を撃つ
粘着銃』(ADHESION RIFLE)という武器であったが、
TFレジェンズやタイタンズ・リターンでは特に設定は無い。



G1 REWIND ADHESION RIFLE TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 CASSET BOT  927

腕部側面のジョイントは右腕のみ設けられているので、
右腕専用の銃だが、ジョイント部は5ミリ径の為、
拳にも装備する事が可能となっている。

G1リワインドは銃が二つ付属したが、
レジェンズ版は一つになった事が大きな変更点と言える。




TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 G1 REWIND Rifle in Device

ライフルはデバイスモードの側面に収納する事が出来、
余剰パーツがなくなるので纏まりが良い。

G1リワインド時代から細長かった武器をアレンジした物だが、
レジェンズ版では更に長い形状となっており、
タブレットの画面を操作するタッチペンを意識している様だ。






G1 リワインド トランスフォーマー レジェンズ LG-28 910

カセットテープに変形するTFは、デストロン軍団の
サウンドウェーブが統率するカセットロン
G1最初期の1984年から登場しているが、
サイバトロン側のカセットTFは長らく存在しなかった。

G1カセットボットが登場したのは1986年である。



G1 REWIND ADHESION RIFLE TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 CASSET BOT  938

サイバトロンのラジカセ戦士ブロードキャストは、
アニメ第一作目『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』に
度々登場しているのだが、彼の直属部隊である
カセットボットは玩具展開や雑誌記事が先行している。

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』に於いて、
カセットボットの面々は一度も登場する事は無かった。




カセットボット G1 リワインド トランスフォーマー レジェンズ LG-28  934

アニメ初登場は玩具販促の為に製作された
日本独自アニメの『スクランブルシティ発動編』で、
スチールジョーアムホーンのみ登場している。

海外展開では映画『トランスフォーマー ザ・ムービー』で
リワインドイジェクトも含むカセットボット4体が登場した。



TRANSFORMERS LEGENDS Legends Class LG-28 G1 REWIND 918

しかしながら、上記の2作品ではカセットボット
台詞は一切無く、画面に映るシーンも僅かな物であった。

カセットボットの本格的な活躍は、
アニメ第二作目の『トランスフォーマー2010』以降だ。



CASSET BOT G1 REWIND TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 926

リワインドは『トランスフォーマー2010』で
漸く台詞が与えられ、様々なデータを提供する
情報員として数回に渡り活躍した。

あらゆる情報を記録、蓄積しているリワインドの
特性を活かしたシーンは印象深い物となった。




G1 REWIND TRANSFORMERS Remake Toy TF LEGENDS GENERATIONS 018

G1期カセットボットは10体まで増員されたが、
アニメに登場したのは初期の4体のみ。

リワインドはアニメにも登場し、カセットボットの中では
活躍の場が多かった事もあり、他のキャラに比べて
リメイク版が製作される機会に恵まれている。






トランスフォーム!
TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 G1 REWIND Transform Tank




G1 REWIND ADHESION RIFLE TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 Tank Mode 945

ビークルモード

武器のライフルを活かした、長い砲身を持つ戦車に変形。

車体の前方まで突き出た長砲身や
旋回可能な砲塔が無いスタイルから、
自走砲』をイメージしたビークルである事が分かる。



G1 REWIND ADHESION RIFLE TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 Tank Mode 948

リア

ビークルモード専用のクローラーがモールドされている事で、
戦車として納得のスタイルを実現している。

車体底面には極小サイズのタイヤが三つ
設置してあり、転がし走行も出来る優れたトイだ。




カセットボット G1 リワインド トランスフォーマー レジェンズ LG-28 自走砲  958

砲身は可動式で上方に向きを変える事が可能。
仰角が大きい事からも自走砲の特徴が確認出来る。

尚、トイパッケージでは分かり易く『タンクモード』であり、
海外版ではレジェンドクラスという小サイズを反映した
ミニタンク』という表現が使用されている。



TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 G1 REWIND Tank & Headmaster Figures 2

車体のルーフ部分にはマイクロピンが
造形されており、ヘッドマスターフィギュア
足の裏の穴に差し込んで固定出来る。

タイタンズ・リターン シリーズのトイは
他のアイテムとの連動を前提としている事が特徴で、
リワインドはミニフィギュアを2体同時に乗せる事が可能。




G1 REWIND TRANSFORMERS LEGENDS LG-28 CASSET BOT  027

TFレジェンズ(タイタンズ・リターン)の
リメイク版カセットボットカセットロンは、
全てトリプルチェンジャーに進化している。

ビークルモードが加わった事で遊びの幅が広がり、
更にデバイスモードはリアルギアロボットの様な
「なりきり玩具」的な遊びも出来るという拘りも素晴らしい。




トランスフォーマー レジェンズ LG-28 G1 リワインド 158

リワインドが再度リメイクされた背景には、
IDWコミックスでの活躍が大きく関係しており、
実際、左側に小型カメラが付いた頭部形状は
IDW版のデザインを取り入れている。

日本版はバイザーの中に青い目をプリントするという
アイディアにより、G1アニメ設定を再現したトイに変更され、
海外版とは全く別物の様な雰囲気を放っている。

僅かでも効果が大きい仕様変更は大いに評価出来、
日本独自のTFトイには期待が高まるのである。







TRANSFORMERS MINI-TANK 209

◆参考にならない比較◆





⇒ TFジェネレーションズ TG-15 オートボット リワインド

⇒ TFジェネレーションズ TG-15 イジェクト       `
⇒ TFジェネレーションズ TG-15 ラムホーン       `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog