十三非常階段
●ビーストウォーズⅡ  D-15 スラスト
Imgp4576.jpg

ビーストウォーズⅡスタート時の最初期に発売されたトイは
新規開発の物は一つも無かったのだが、日本未発売アイテムが
多かった事もあり、見劣りする印象は受けなかった。

当時はビーストTF全盛であった背景もあり、日本未発売トイの中には
日本導入が難しいと思われていたアイテムも含まれており、
アメリカのショップ限定で展開したマシーンウォーズのアイテムが、
装いも新たにBWⅡのラインナップに加えられた事は嬉しいアイテム選定であった。



Imgp4591.jpg  ◆ 名前 : スラスト

  ◆グループ: デストロン 

  ◆ 役割 : 航空士官

  ◆ 変形 : ロッキードマーティン・F-22 ラプター


  ◆シリーズ: トランスフォーマー ビーストウォーズⅡ

  ◆ 発売 : 1998年3月下旬

  ◆ 価格 : 750円




BW2 thrust package

パッケージ




Imgp4595.jpg

マシンモード

第五世代戦闘機と称されるアメリカの最新鋭ジェットファイター。

ロッキード社開発によるF-117で確立されたステルス機能を
更に発展させ、レーダー反射面積は最小限に、ハッチ等には
電波吸収剤を使用しステルス性を高めている。



Imgp4597.jpg

リア

ステルス機能向上に伴ない機体表面をクリーンな状態にする必要がある為、
兵装類も基本的に全て機内内蔵とされ、胴体下面にメインウェポンベイを2つ、
インレット両脇に短距離ミサイル専用のサイドウェポンベイを1つずつ、
計4箇所のウェポンベイが備え付けられている。



Imgp4641.jpg

小サイズであるベーシッククラスのスラストも
他のジェットTFに引けを取らず、合計3箇所の
ランディングギアを搭載し、それぞれ収納が可能となっている。




トランスフォーム!
Bw2 thrust transform65

機首を倒すとスプリングの力によりボディが
折り畳まれる自動変形システムを採用している。




Imgp4571.jpg

ロボットモード

マシーンウォーズ・メガトロンのリペイント。
このタイプのTFは日本では初めて発売された。

イエローとピンクの大胆な配色により
メガトロンらしさは全く無い。



Imgp4566.jpg

リア

アニメ劇中ではスラストを始め、ダージスタースクリームBB
ジェットTFは『コンバットロン』の部隊名が与えられていた。

この設定はストーリー序盤で語られただけで途中からは
うやむやになり、コンバットロンの名は使われなくなった。




Imgp4592.jpg

『とぼけた性格だが、その実すばしっこさはデストロンNo.1。
ビークルモードでの最高速度はマッハ9を誇る。

錆びる為海風が大嫌いで、従ってスクーバの事も嫌っている。』



Beast Wars 2nd D-15 THRUST Tech Spec 575

テックスペック

・パワー  : 6
・知力   : 6
・スピード : 10
・耐久力  : 6
・階級   : 3
・勇気   : 4
・火力   : 5
・テクニック: 6




Imgp4593.jpg

同じくジェットファイターに変形するダージと行動を共にし、
スラストは『漫才コンビのボケ役』と設定されている物の
面白い事を言う訳でもボケる事も無く、天然気味な面はある物の
頭が芳しくない単なる三下としての役回りが顕著であった。




Imgp4616.jpg

スラストガン

『脚部に隠し持つ銃。 ロングバレルにすると威力が増す。』

通常のガンモードに長い銃身を取り付ける事が可能。



BW2 thrust legs

二分割した武器は脚に収納しておく事が出来る。

脚の内側にはジョイントの穴が設けられており、
銃のグリップを刺し込んで固定する。

ジョイントの穴は両脚にあるので、
左右どちらでも武器をセット出来る。




Imgp4582.jpg

フライングショット

『マシーンモードで腕を自由に使い攻撃する技。』


アニメ劇中ではジェットモードで腕を出し、
銃を構えてサイバトロンを攻撃するだけではなく、
脚も降ろした状態、いわゆるガウォークモードでも描かれている。




Imgp4588.jpg

集光ギミック

このMWメガトロン型のTFは頭頂部から後頭部にかけて
クリアーパーツが露出している為、光が集まりよく光る。

スラストは蛍光ピンクのクリアーパーツの恩恵で
更に光が増している様に見える。




Imgp4555.jpg

中台紙

ジェット機TFだから空。
何の捻りも無い明快な写真選択は潔さすら感じる。





Imgp4577.jpg

当時、人気を集めたのは動物に変形するビーストTFで、
このスラストオートローラーズ等のデストロン勢は
いつまでも店頭の棚に収まっていた事が記憶に残る。



Imgp4579.jpg

BWⅡのデストロントイは決して程度の低い物ではなく、
ビーストTFと同等のアイテムであるという事は見て解る事だろう。

いくらクオリティが高いトイであっても、
時代の流行には適わないという事実がそこにあった。



Imgp4580.jpg

後年の『変形!ヘンケイ!トランスフォーマー』では
ビークルタイプのTFが多数を占めた為か、
ビーストであるチータスダイノボットは売れ残るという、
BWⅡ期とは逆転現象が起こっている。




Imgp4584.jpg

戦闘機TFはトランスフォーマー創生期からデストロン軍団の
メイン戦力であり、航空勢力はデストロンが勝るという図式は
後々のTFシリーズにも引き継がれています。

G2TFの流れを汲むスラストの様なトイはギミックも凝っていて、
新世代ジェットに変形するTFが増える事は嬉しい限りです。






Imgp4614.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ D-14 ダージ







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
BWⅡの漫才コンビ、スラストですね。
未だに、どっちがボケで、どっちがツッコミだかよく忘れます。

よく光る頭部の集光ギミックがいいですよね。
マシンウォーズの時、何故、クリアパーツを使わないのか、首をかしげたものです。

最後のは・・・あ、スラストか!
2010/10/09(土) 19:38:47 | URL | れっど あらあと | [ 編集 ]
>れっど あらあとさん
スラストとダージは声の系統も似ていたので
画面を見ててもどっちが喋ってるんだか分からなくなる時がありますw
片割れは標準語にするとか差別化が欲しかったですねー。

私はマシンウォーズ版よりスラストの方を先に入手したので
発売された時は嬉しかったのを覚えています。
集光もよく光るクリアーピンクのカラーも妙に気に入ってますw

> 最後のは

正解!おめでとうございます^^
2010/10/10(日) 17:56:08 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog