十三非常階段
●トランスフォーマー リベンジ  RA-30 N.E.S.T. スキャッターショット
Imgp5268.jpg

ムービーシリーズのスカウトクラスは新アイテムが登場する度に
精度が上がっていく様な印象を受けます。

小サイズながらも細かいモールドと適度な難易度の変形等、
こだわりが感じられる見所が多い事も特徴の一つです。

スキャッターショットはムービーシリーズの
オートボットでは比較的少ない戦闘車両モチーフのTFで、
他の例に漏れずレベルの高いトイでした。



Imgp5311.jpg 
  ◆ 名前 : N.E.S.T. スキャッターショット

  ◆グループ: オートボット

  ◆ 変形 : 対空迎撃車

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー リベンジ

  ◆ 発売 : 2010年3月20日

  ◆ 価格 : 1200円




NEST scattorshot package

パッケージ

日本版NESTシリーズには赤いNESTステッカーが貼付されており、
TFリベンジの新シリーズである事をアピールしている。




IImgp5228.jpg

ビークルモード

障害物排除用のドーザーブレードを装備したトラックタイプの装甲車。

素体は市販車の様なトラックでも対空砲とブレードの追加、
更に各ドアに装甲板が設置されたモールドにより、
どこから見ても戦闘車両に仕上がっている。



Imgp5237.jpg

リア

警察に配備される様なダークブルーの配色が特徴。

UNIVERSE2.0・オンスロートGENERATIONS・サウンドウェーブ
HFTD・ブリーチャー等、ブルーカラーの装甲車TFは意外にも多い。



Imgp5226.jpg

対空砲は360°回転可能、各2パーツ構成で上方に向ける可動も備えている。
小サイズのスカウトクラスにも拘らず、単なる飾りではない仕様は見事。




トランスフォーム!
NEST scattorshot trans4

一見簡単そうに見えて、腕の変形は多少複雑になっている。

両腕部を繋ぐパネルは背中と肩のジョイントで
固定されるので、ロボット時にふら付く事は無い。




Imgp5246.jpg

ロボットモード

戦闘車両から変形するだけあって
各所に厳めしい装甲パーツが配置され、
更にアメフトのヘルメットの様な頭部形状が
戦闘的なイメージを増大させている。



Imgp5251.jpg


リア

重武装のイメージがあるスキャッターショットだが、
胴体や手足といった基本体型は意外にも細い。

それでも華奢に見える事は無く、
力強さを感じさせるスタイルに纏め上げている。




Imgp5265.jpg

『彼が綿密に設計した計画をディセプティコン達が阻止し、
奇襲攻撃されたとしたら、それは一大事であると
スキャッターショットは常に認識している。

混沌ほど彼を悩ませる物は無く、
無計画な戦闘ほど混沌とした事は無いと考えている。』



Imgp5262.jpg

『それでもダイブボムがどうする事も出来ずにスキャッターショットの
攻撃をかわすしかない状況にいる時、彼はあざ笑わずにはいられない。

しかしスキャッターショットは周りにほとんど注意を払っていない為、
他のディセプティコンが彼の背後に忍び寄っている事に気付かないのだ。』




TF Revenge SCATTORSHOT Tech Spec 267

テックスペック

・体力 : 5
・知力 : 7
・速度 : 4
・耐久力: 9
・地位 : 6
・勇気 : 8
・火力 : 10
・技能 : 6




Imgp5259.jpg

設定に登場するダイブボムとは赤い複葉機に変形するディセプティコンの兵士。
TFリベンジ・ランサックのリカラー版で日本未発売。

背後から忍び寄るディセプティコンはNESTスカイストーカーの事。

ダイブボムとスカイストーカーの設定にはスキャッターショットが登場し、
三人のキャラクターが関連し合っている事が分かる面白い物になっている。





Imgp5257.jpg

スキャッターショットは、何よりも両腕に対空砲が装備されている事が最大の特徴だろう。

武器は基本的に装着したままの物として設計されていて、
手はグリップを握るかの様な形状になっている。

オフィシャルでは無いが、武器は取り外す事も出来、
無理に力を加えなければ破損する可能性は低いと思われる。



Imgp5277.jpg

全身の可動箇所は非常に多く、自由にポーズが決められる。

両腕の対空砲を外せば、二重関節になっている肘の可動を
妨げる物が無くなる為、更にポージングの幅が広がる。




Imgp5234.jpg

スキャッターショットのビークルモードは装甲車で、
2005年に展開した『トランスフォーマー ギャラクシーフォース』の
海外版シリーズ『TRANSFORMERS CYBERTRON 』に登場した
同名キャラクター(日本名バックパック)と同様の物。

二つの大砲を装備した青い装甲車という特徴が重なり、意識した物と思われる。



Imgp5292.jpg

攻撃的でラフな性格のG1期のテックボットのリーダー、
初代スキャッターショットの設定は考慮されていない。

NESTスキャッターショットは、姿も性格も
TF CYBERTRONの物を基に作られた事が窺える。



Imgp5307.jpg

ビークルモードはバックパックを思わせる部分がある物の、
ロボットモードのタフガイの様な姿は
バックパックとギャップがあって興味深い。

ムービーシリーズは過去のTFを下敷きにしている者も
多いので、新旧のトイを比べてみるのも面白いだろう。




Imgp5300.jpg

NESTシリーズの設定には他のキャラクターとの対立の構図が
記載され、想像力を膨らますのに一役買っています。

日本版NESTシリーズに付属する小冊子にも、簡単ながら
キャラクター相関図が掲載された事も評価出来ます。

関連のあるキャラクターを揃えていけば、
コレクションを更に楽しい物にしてくれる事でしょう。






Imgp5313.jpg

⇒ ◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
ブリーチャーを手に取って遊んでいる中、スキャッターショットのレビューとは。
オートボットで戦闘車両系って、確かに珍しいですね。
小さいながら、難易度の高い変形、ロボットモードの可動、ビークルモードでの武器の可動範囲、どれも非常によくて楽しいですね。

ああ、たしかにその顔はゴリさんだ・・・
2010/10/24(日) 00:07:01 | URL | れっど あらあと | [ 編集 ]
一見すると地味ながら動かしてみると結構良く出来ていて、
気が付いたら弄り倒していたのを思い出しますw

ムービー版アイアンハイドと良いコンビor先輩後輩になれそうな、
その重装備がステキですよねー。
2010/10/25(月) 00:31:30 | URL | NT | [ 編集 ]
>れっど あらあとさん
そう言えばブリーチャーの発売日と被ってましたね、別に意識してなかったんですが(^^)
二つ共装甲車モチーフで並べたら絵になりそうですねー。

映画TFのオートボットは一般車が圧倒的ですからね、
やはり兵器はディセプティコン側に偏りがちなのは当然の成り行きかも。

スキャッターショットはスカウトクラスながら
かなり遊べる良品ですね、お気に入りですw
2010/10/25(月) 18:46:16 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
>NTさん
私も見たイメージと実際に弄った時のイメージが違いました。
ビークルもロボット時も細かい所がよく考えられていると思います。
小サイズの方が良く出来てるってのもTFの特徴かもしれませんねー。

武装系のオートボットを集めてみるのも面白そうですね。
戦闘指揮官はやはりアイアンハイドに決まりですねーw
2010/10/25(月) 18:52:40 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog