十三非常階段
●TF ロボットヒーローズ  MOVIE2 オートボット スキッズ & メガトロン
Mgp6008.jpg

実写映画化に伴ない様々な商品が発売されたトランスフォーマーは、
基本となる変形トイとは異なるシリーズも多数用意されている。

ムービー第一作目から展開を開始したロボットヒーローズも他の例に漏れず、
第二作目TFリベンジでも健在振りを発揮、多くのアイテムが登場した。



RH skids  megatron package

◆ 名前 : オートボット スキッズ & メガトロン

◆シリーズ: トランスフォーマー ロボットヒーローズ

◆ 発売 : 2009年5月              `

◆ 価格 : 日本未発売              `





Imgp6095.jpg

  ◆ 名前 : オートボット スキッズ


  ◆グループ: オートボット






Imgp6015.jpg

フロント

同じく『トランスフォーマーリベンジ』から登場したマッドフラップとは双子の兄弟で、
元々一つのプロトフォームから二人のTFとして生まれた経緯を持つ。

二人で一人前といった設定を考慮したスタイルを有している為、
スキッズは右腕が、マッドフラップは左腕が巨大でアンバランスな体型になっている。



Imgp6023.jpg

リア

双子のマッドフラップよりは幾分落ち着きがある為、
自分を優秀だと信じ込んでいる。

深刻な状況下でも常にコミカルなツインズ
事ある毎に喧嘩ばかりしているが、いざとなれば
抜群のチームワークを発揮する。




Imgp6059.jpg

ツインズは不完全で崩れた様な顔のデザインが特徴だが、
ロボットヒーローズ版も不細工な表情を必要以上に忠実に再現している。

日本のディフォルメフィギュアならアレンジして可愛げを付加したであろうが、
御覧の通りこの上なく気味悪い面構えに造形されている。



Imgp6025.jpg

変形トイやロボットレプリカ等、他シリーズのスキッズより郡を抜いて
不細工に仕上がっており、更に笑みを浮かべた表情の不気味さは流石としか言い様が無く、
アメリカではこの様なフィギュアの方が好まれるのかと頭を捻る側面でもある。

それでも特徴の一つである金歯と銀歯の塗り分けも
施されている等、細かな拘りも窺える。



Imgp6057.jpg

このフィギュアは首と両肩が回転する。

ほぼ固定ポーズではあるが、バランスを欠いた
大きな右腕をどの位置に動かしても倒れる事は無い。





Imgp6094.jpg


  ◆ 名前 : メガトロン


  ◆グループ: ディセプティコン







Imgp6041.jpg

フロント

強大なパワー誇り、宇宙征服の野望を抱くディセプティコン軍団の破壊大帝。

オプティマスプライムとの戦いに敗れ、機能停止した後
ローレンシア海溝に沈められていたが、ディセプティコン達の
手により再生され、遂に復活を果たした。



Imgp6048.jpg

リア

ハリウッド映画版でG1期とは最も掛け離れたデザインの姿になった
TFの筆頭であるメガトロンは、エイリアンという表現が相応しい
禍々しいスタイルが最大の特徴だろう。

ディフォルメフィギュアながら、背骨のモールドも
造り込まれた細かい造形が目を見張る。




Imgp6032.jpg

映画第一作目ではサイバトロンモードである
エイリアンジェットに変形していた
が、
二作目で復活を果たした際にエイリアンタンクに転生

映画では戦車のまま宇宙を航行するほど万能だった。



Imgp6092.jpg

ロボットヒーローズ版も戦車モチーフの新バージョンで、
脛のクローラーの表現が迫力ある物となっている。

右腕はフュージョンキャノンに変形しており、
誇張されている為大砲らしく見え、造形的に優れている。



Imgp6030.jpg

一作目で破壊されたメガトロンは左腕が不完全な姿で復活したが、
ロボットヒーローズ版はディフォルメフィギュア故
左腕も体に対して大きく、バランスが良い体型に見える。

可動はスキッズと同様、首と両肩の回転が可能。





Imgp6009.jpg

TFロボットヒーローズと同スタイルの
PVC製ディフォルメフィギュアシリーズである
スターウォーズの『ギャラクティックヒーローズ』や
G.I.ジョーの『コンバットヒーローズ』、
マーベルヒーローの『スーパーヒーロー・スクワッドでは
関連があるキャラクターをセットにした物も多かった。



Imgp6011.jpg

トランスフォーマーではG1版ユニバース版ムービー版
どのラインのロボットヒーローズもあまり関連が無い
キャラクター同士をセットにしている事が特徴。

映画の中でもスキッズメガトロンの直接対決は無い。




Imgp6013.jpg

どんなキャラクターでもディフォルメして商品化する開発力も然る事ながら、
可愛くないディフォルメフィギュアという、
日本とは異なる文化の違いも興味をそそられます。

ロボットヒーローズはこの様な国による捉え方の違いも感じられる、
世界規模で展開するトランスフォーマーならではと言えるアイテムです。






Imgp6065.jpg

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ ツインズ RA-10 スキッズ               `
⇒ ツインズ EZコレクション EZ-13 スキッズ      `

⇒ ツインズ ロボットヒーローズ マッドフラップ     `
⇒ ツインズ EZコレクション マッドフラップ       `



⇒ EZコレクションリアル メガトロン リアルカラーVer.  `
⇒ EZコレクションリアル メガトロン メタリックカラーVer.
⇒ クロニクル EZコレクション メガトロン(MOVIE)   `
⇒ ベーシックシリーズ メガトロン            `
⇒ TFムービー 2007 EZコレクション メガトロン    `
⇒ バーガーキング キッズミールトイ メガトロン     `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
もうちょっと可愛くできないものかと思ってしまう反面、このブサイク顔も味があるとも思ったり。
ディフォルメといえば、可愛らしいものが多い日本の玩具と異なるのが面白いですね。
しかし、何でまたスキッズとメガトロンのセットにしたのだか・・・
右腕の対決?む~。
2010/11/05(金) 00:53:45 | URL | れっど あらあと | [ 編集 ]
>れっど あらあとさん
RHスキッズの顔は全TFの中でもトップクラスの不細工さです。
しかし実際手にしていると、じわじわとお気に入りになってしまうのですw

ホントTFのロボットヒーローズは謎のカップリングばかりですね。
そうかこれは”右腕の対決”だったんですねー。
じゃぁマッドフラップの”左腕の対決”の相手は?

…………レーザーウェーブしか思いつきません(^^;
2010/11/05(金) 22:46:00 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog