十三非常階段
●トランスフォーマー G-2  TRF-14 エアロレード
Imgp7352.jpg

トランスフォーマーG2は、それまでのG1TFとは一線を画す
豊富なアイディアが数多く取り込まれている意欲的なシリーズであった。

トランスフォーマーが誕生してから約10年、
トイとしての精度も向上し、集光ギミックや
フリーポーザブルの関節可動等、後のTFに繋がる
基本仕様はG2期に確立されたと言っても過言ではない。



Imgp7333.jpg  ◆ 名前 : エアロレード

  ◆グループ: サイバージェット / サイバトロン

  ◆ 役割 : 戦士

  ◆ 変形 : ロッキードマーティン
         F-117 ナイトホーク

  ◆シリーズ: トランスフォーマー G-2

  ◆ 発売 : 1995年12月

  ◆ 価格 : 500円




aeroraid package

パッケージ




IMGP74001.jpg

ビークルモード

アメリカが開発した世界初の本格的なステルス戦闘機。

特徴的な平面的で角張った機体は、電波を反射しステルス性を高める為の物で
空力学的には不安定な特性を持つが、コンピュータ制御による操作補助機能を持つ
デジタル・フライ・バイ・ワイヤ・システムにより操縦安定性を確保している。



Imgp7392.jpg

リア

機体には“UNITED STATES”の文字が有り、
左主翼には帯が付いた円の中に星という
アメリカ国籍空軍を表すマークがプリントされているが、
肝心な星の色が白ではなく赤い為、ロシアの戦闘機にも見えてしまう。




Imgp7383.jpg

三つのランディングギアは出し入れ可能。

G1期には一部のジェットTFのみに搭載されていた
収納可能な着陸脚が、ほとんどのジェットTFに
装備される様になったのはG2期の頃から。



Imgp7395.jpg

ミサイルは二本付属し、主翼下面にマウント出来る。

ミサイルの形状は他のサイバージェットと共通。
先に登場していたデストロン・サイバージェットの
ミサイルは黄色、サイバトロン側は白となっている。




トランスフォーム!
aeroraid transform




Imgp7325.jpg

ロボットモード

トランスフォーマーG2シリーズに顕著な
目、鼻、口が無い無機質なイメージの頭部。

機首が胸部になり、ウイングを背負うスタイルは、
ジェットTFの伝統を受け継いでいる。



Imgp73300.jpg

リア

デストロン・サイバージェットの一人、
スカイジャックのリペイント。

双方黒いボディで頭部に至っては
ほとんど同等の為、印象が重なる。




Imgp7343.jpg

『恐れを知らない戦略家。

デストロンに対する空中での戦闘中でも、
常に楽しんで戦っている。

しばしば向こう見ずと思われる行動は、
無防備とも言える程、多くの攻撃のチャンスを敵に与える。』




Imgp7379.jpg

サイコミサイル

従来のスプリング式のミサイル発射装置に対し、
サイバージェットはプラスチックの弾性を利用した
押し出し式の発射機構を採用している。

弾性を利用した仕組みはG2ドレッドウイングで既出であったが、
指で押し出して発射するタイプはサイバージェットが初となる。




Imgp73356.jpg

TFに於いて本格的にボールジョイントが採用されたのもG2期が最初であった。

これによりG1TFと比べると革命的と言える程、関節可動の幅が広がった。

商品パッケージでも『驚異のスーパーポーズ変形メカ』として
自由にポーズ付けが出来る事を大々的にアピールしている。




Imgp741554.jpg

集光ギミック

G1末期のヨーロッパ市場用のTFで確立された、
光を取り込み目を光らせるギミックはG2TFにも採用され、
以降のTFにも受け継がれていく事になる。





Imgp7351.jpg

エアロレードはエアーボット部隊・エアーライダーの新しい姿だ。

エアロレードの海外名はエアレイド
エアーライダーの海外名と同じ物。



Imgp73383.jpg

海外版のトイ設定では過去のエアレイドと同じモットーや
同じ能力、性格付けが成されている為、同一人物とされる。

日本版での設定も海外版を翻訳して簡略化した物が記載されている。



Imgp7340.jpg

しかし日本ではエアーライダーと同一人物とは語られておらず、
サイバトロン・サイバージェットの面々はデストロンを裏切って
サイバトロン側に参加したとの記述があり、別人と捉える事も出来る。



Imgp7342.jpg

当時、トランスフォーマーの人気が低迷していた日本では、
G2の展開は玩具とCM、テレビマガジン等の児童誌に掲載された
僅かなページに限られていたので、過去のTFとの関係を
詳しく述べる余裕は無かった物と思われる。



Imgp7349.jpg

エアロレードがエアーライダーと同一人物か別人かは、
各人自由に捉える事が出来、楽しむ幅が広がったとも言える。




Imgp7341.jpg

多くの新機構を組み込んだサイバージェットは
トイの高い完成度も然る事ながら、500円という
破格の定価も驚くべき要素の一つであった。

更にスタイルが整った造形と秀逸なギミックの数々、
新世代のジェットモードを備えたサイバージェットは、
今尚色褪せる事が無い傑作と呼ぶに相応しいアイテムである。






Imgp7412.jpg

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ トランスフォーマーG1 C-54 エアーライダー         `
⇒ TFジェネレーションズ TG-12 エアレイド          `


⇒ サイバージェット TRF-16 ジェットファイヤー        `

⇒ トランスフォーマーG1 エアーボット C-52 ファイアーボルト
⇒ トランスフォーマー 限定マイクロン サイバトロン スリング  `
⇒ トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-01 スリング  `
⇒ トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-01 スカイダイブ







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog