十三非常階段
●映画 トランスフォーマー  限定マイクロン ノイズイフェクト
Imgp8983.jpg

マイクロン三部作の流れを汲み、TF玩具購入特典は
マイクロンを配布する事が定番となっていた。

EZコレクションを配り始めたのは2010年以降になってからで、
2007年に公開された実写映画第一作目の時期は、各店舗で
種類が異なる限定マイクロンが用意されていた。



Imgp8964331.jpg

  ◆ 名前 : ノイズイフェクト

  ◆グループ: マイクロン / サイバトロン

  ◆ 変形 : グラマン・F-14 トムキャット





noiseeffect package

◆シリーズ: 映画 トランスフォーマー

◆ 配布 : 2007年7月20日     `

◆ 価格 : 非売品        `




Imgp8902.jpg

ビークルモード

アメリカが開発した第四世代に分類されるジェット戦闘機。
主に艦載機として配備され、最大速度はマッハ2を超える。

最大の特徴は可変翼で、速度によって自動的に
最適な後退角になる様に制御されている。



Imgp8903.jpg

リア

双発のジェットノズルの処理は変形の都合もあり
一歩譲る感はあるが、全体的なスタイルは
F-14を再現しており、マイクロンというサイズを
考慮すれば及第点と言える造形であろう。




Imgp8907.jpg

実機のF-14と同様に可変翼の可動を有している事が特徴。
収納は不可だがランディングギアも三つ
造形されている事は特筆に値する。

マイクロンという極小サイズのTFでも
手を抜かない姿勢には好感が持てる。



Imgp8913.jpg

1989年のマイクロマスターのF-14に変形するTFは
可変翼は無く、翼は閉じた状態のままだった。

同じモチーフを採用し、同サイズのトイながら、
格段に技術が進歩している事が見て取れる。



Imgp8942.jpg

ウイングに印刷されたマークはサイバトロンマークの
両側に三本のラインが入ったデザインとなっており、
サイバトロンマークを三角形で囲む所は異なる物の、
エリートガードのマークに酷似している所が興味深い。




トランスフォーム!
noiseeffect transform

パーツの分割、回転等でパズルの様な意外な変形を見せる。
6cm程のミニTFにも拘らず複雑な変形を楽しめる。




Imgp8934.jpg

ロボットモード

奇抜な変形をこなしながらも
ロボットモードのスタイルは
崩れておらず、巧く纏め上げている。



Imgp8940.jpg

リア

二枚のウイングが背中に位置し
重心が集まっている様に見える物の、
脚がハの字状に広がっている為
バランスが取れており接地性は良い。



Imgp8946.jpg

日本未発売のクラシックミニコン、
クリアスカイズチームの一人、
サンダーウイングのリペイント。

このタイプのマイクロンは、日本では
ノイズイフェクトが初の物となった。




Imgp8948.jpg

TFムービー玩具は2007年6月2日から発売され、
第二弾は同年7月19日に12点のアイテムが発売された。

この第二弾アイテムの発売に合わせて行われたのが
トランスフォーマープレミアムキャンペーン』で、
公式発表されたキャンペーンを実施した
店舗はイトーヨーカドーとジャスコだった。



Imgp8950.jpg

イトーヨーカドーではノイズイフェクトを、
ジャスコでは一定商品に封入される形でトルクゲインを配布。

最もファンを混乱させたのが事前告知が一切無かった
ウェッジシェイプで、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、
キディランド等の主に量販店で配布された。




Imgp8945.jpg

ノイズイフェクトは2007年7月20日から全国のイトーヨーカドーで
TFムービー商品を購入すると配布された限定マイクロン。

TFムービー玩具3000円以上購入で一つとされていた様だが、
事前の告知は無く、3000円以下の商品でも貰う事が出来た。



Imgp8949.jpg

又、他店舗と異なりイトーヨーカドーでは
1日遅れの7月20日からのキャンペーン開始が公式だが、
マイクロン自体はムービートイ第二弾と共に入荷していた模様で、
店員に言えば7月19日にノイズイフェクトを貰えた。



Imgp8952.jpg

但し『3000円以下』と『7月19日』という条件で
配布された例は店員の裁量による所が大きいので、
全てのイトーヨーカドーで同様の事が可能だったかは不明。

店舗によっては断られるケースもあったかもしれない。





Imgp8955.jpg

映画版TFは海外版に合わせて、それまで日本では
使われていなかったオプティマスプライム
オートボットディセプティコン等の名称を採用している。



Imgp8972.jpg

しかし映画TFシリーズの販促用アイテムである
ノイズイフェクトを始めとする三体のマイクロンは、
従来の日本版と同じくサイバトロンデストロン
軍団名が説明書に記載されている。



Imgp8962.jpg

2007年にはTFムービーシリーズの他にも
ビーストウォーズ・テレもちゃシリーズも展開しており、
そちらはサイバトロン、デストロンの軍団名を使用していた。



Imgp89665.jpg

2007年時点では実写映画TFのみ海外名で、
他シリーズは従来通り日本名と分けていた模様で、
その流れから配布マイクロンにも日本版の
軍団名が与えられた物と考えられる。




Imgp8984.jpg

このキャンペーンで配布されたマイクロンは、
海外展開のクラシックシリーズで登場した物の
リペイント版で、日本での導入は初のタイプばかりであった。

この様な新型トイをプレゼントアイテムにする方法は
非常に巧みな物で、収集欲を刺激されてしまう。

入手の為に奔走してしまうのも楽しみの一つである。






Imgp8980.jpg

◆参考にならない比較◆


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
これといいスリングといいこの型は日本で正式販売された事はありませんね
更に言えばリカラー元の所属していたミニコンチームの全員が日本では限定品という入手難易度の高さ…
2010/12/27(月) 11:08:22 | URL | さすりゅ~ | [ 編集 ]
>さすりゅ~さん
クリアスカイズチームは日本ではどれも非売品アイテムになってましたね。
販促品だとキャンペーンを実施してない店舗もあるんで厳しいです。
特に抽選品のドラゴエールは最大の壁でしょうね、
あればかりはどうにもなりませんねーw
2010/12/27(月) 22:55:16 | URL | つくも | [ 編集 ]
この人たちは忘れ去られたのかやら…
クラシック版マイクロンと言えば、残るマッスルカー型、モンスタートラック型、化学消防車型、戦車型の4体は金型紛失もしくは破損、あるいは出るタイミングを失ったことで出せないと推測して良いのでしょうか?
一向に出る気配が無いですし。
2010/12/28(火) 18:54:00 | URL | SDガムダン | [ 編集 ]
>SDガムダンさん
海外ではクラシックミニコンのリペイントで12体セットや10体セットが
発売されてるので金型は無事だと思いますが、中国管理なので信頼出来ない部分もありますねw

日本では映画版、アニメイテッドと続いたので、マイクロンは
発売時期を逸したというのが概ね正しいんじゃないかと思いますよ。

未発売ミニコンはマイクロンブースターとかで復活して欲しい所ですね。
2010/12/29(水) 15:37:36 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog