十三非常階段
●トランスフォーマー カーロボット  C-006 イーグルキラー
Imgp9857.jpg

6台の車で構成されたスパイチェンジャーは、シリーズのタイトル
トランスフォーマー カーロボット』に相応しいチームで、
更に変形ロボットとミニカーとしての遊びを両立出来る優れたトイだ。

安価で手に取り易く、遊び甲斐があり壊れ難い。

スパイチェンジャーは玩具の本質と言える事柄を
改めて思い起こさせてくれるTFトイである。



Imgp9837.jpg  ◆ 名前 : イーグルキラー

  ◆グループ: スパイチェンジャー

  ◆ 役割 : 鳥人忍者

  ◆ 変形 : ランボルギーニ・ディアブロ

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー カーロボット

  ◆ 発売 : 2000年3月16日

  ◆ 価格 : 450円




eaglkiller package

パッケージ

ミニカーサイズのTFに加えブリスターパックの為、
スーパーやコンビニに並ぶフックトイの様に見えるが、
流通したのは玩具店やホビーショップで、他のアイテムと同等の扱い。




Imgp9807.jpg

ビークルモード

世界中をスーパーカーブームに巻き込んだ名車カウンタックの後継モデル車。

5.7リッターV型12気筒エンジンをミッドシップに搭載し、
最高速度325km/hを叩き出す、正にスーパーカーと呼ぶに相応しい車。

このタイプはヘッドライトがボンネットに格納可能な前期型。



Imgp9808.jpg

リア

ミニカーとしての遊びを優先している為、
サイズは小さいながらリアルな造形を誇っている。

元々G2期の1995年に発売されたトイのリペイント版だが、
この様なミニカータイプはいつの時代も通用する強みがある。




Imgp9816.jpg

トミカを始めとするミニカーと同等の1/64サイズで、
車輪は金属のシャフトで設置されているので勢い良く走る。

カーモードでのスタイルを崩さない様に配慮されており、
腕部収納位置の工夫や分割線が目立たない様に設計されている。




イーグルキラー、トランスフォーム!
eaglekiller transform




Imgp9828.jpg

ロボットモード

イーグルの名に相応しく胸には鷲のマークがあり、
マークの中央にはTFの文字も見える。

簡単な変形だが、胸部にボンネットが位置する等、
TFらしいプロポーションを保っている。



Imgp9834.jpg

リア

スパイチェンジャーはG2末期に登場したゴーボッツ
リペイント版で、当時日本では3種のみ発売された。

イーグルキラーと同様のディアブロ型は、
G2期にはファイアークラッカー
サイドスワイプオプティマスプライムがあった。




Imgp9840.jpg

『スパイチェンジャーの作戦参謀。
理知的な判断で、首領のアートファイヤーを助ける。

ジャンプ力に優れ、ビルからビルへ、
まるで鳥の様に飛び回る。』



Spy Changer C-006 Eagle Killer GP9849

テックスペック

・パワー  : 6
・知力   : 9
・スピード : 8
・耐久力  : 7
・階級   : 7
・勇気   : 6
・火力   : 5
・テクニック: 7





Imgp9842.jpg

イーグルガン

『イーグルキラー専用のショットガン。』


小サイズTFながら専用の武器が付属する。

日本で発売された初期型のスパイチェンジャーは
武器をボディに収納出来ない為、カーモードでは
余剰パーツとなるので紛失に注意したい。




Imgp9859.jpg

イーグルゴー

『カーモードでは鳥形の光を纏いながら突っ走る
暴走モード、イーグルゴーで敵を追跡する。
その速度は時速330kmだ。』




Imgp9820.jpg

シークレットエンブレム

スパイチェンジャーはボディを暖めると
サイバトロンマークが浮き出てくるギミックを搭載。

過去のシークレットエンブレムの発展型で、
通常では黒い為、窓やボディの下地と同色になり
何処にあるか分からず、探す面白さがある。





Imgp9846.jpg

イーグルキラーはアニメ劇中でも生真面目な
スパイチェンジャーの副官として活躍。

チーム全体に目を配り訓練の指揮を執ったり、
メンバーにアドバイスする等の描写を見せた。

作戦参謀の設定通り、テックスペックの知力の
数値は9で、スパイチェンジャー中最も高い。



Imgp9844.jpg

スパイチェンジャーの様なTFとして標準的なスタイルの
カーロボットを単なる戦士集団ではなく、忍者部隊として描いた
アイディアは興味深い物で、アニメ劇中でも
その設定を遺憾無く発揮していた事は見事であった。



Imgp9848.jpg

スパイチェンジャーは脇役の為、登場回数が限られていたにも拘らず、
6人全員の個性が引き立っていた事はG1初期のアニメ作品を思わせ、
TFカーロボットの脚本は非常に優れた物であったと感じさせる。




Imgp9850.jpg

トイだけ見ればスパイチェンジャーは、似た様なスタイルと
同じ変形工程の為、没個性になっていた事だろう。

サイズは小さくてもTFはキャラクターカードに記載された
設定等で個性を与えられる為、これが救いとなっている。

スパイチェンジャーは更にTVアニメで個性豊かに
描かれていた事で、印象深いキャラクターになったと言えるだろう。






Imgp9853.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ スパイチェンジャー ジャスコ限定版 イーグルキラー


⇒ スパイチェンジャー C-005 アートファイヤー   `
⇒ スパイチェンジャー C-008 エックスカー     `
⇒ スパイチェンジャー C-009 オックス       `

⇒ スパイチェンジャー USAエディション Xブローン`







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog