十三非常階段
●ロボットマスターズ  ROBOT MASTERS EDITION スカイワープ
IMGP05562.jpg

トランスフォーマーのスタート時、“色が変われば別人”という
アイディアを1984年に考え出した人には、もはや敬意を表したい。

当時は金型流用の低コスト化と手抜き気味な側面が濃厚であったのだろうが、
個性的なキャラクター付けにより、これほど後年まで
色違いキャラが人気を博すとは思いもよらなかった事であろう。

そのルーツであるジェットロンタイプのTFは、
同形異色のトイが発売される事に喜びすら感じる。



IMGP05331.jpg  ◆ 名前 : スカイワープ

  ◆グループ: デストロン

  ◆ 役割 : 航空兵

  ◆ 変形 : マクドネルダグラス・F-15 イーグル

 
  ◆シリーズ: ロボットマスターズ

  ◆ 発売 : 2005年8月中旬

  ◆ 価格 : 3500円




robotmasters skywarp set package

パッケージ

コレクターズエディションの箱を流用しているが、
限定品ではなく一般の店舗で販売された。

サンダークラッカーとセットで単体売りは無い。
特典としてデストロンマークのピンバッジと
キャラクターカードが一枚付属する。




IMGP05951.jpg

ビークルモード

F-15を開発したマクドネルダグラス社は冷戦時代に
名機F-15やF-18を世に送り出し、アメリカや日本、イスラエル等の
西側諸国の主力戦闘機として配備され大成功を収めた。

しかし90年代に冷戦が終結し、軍需発注の削減により
社の継続が困難となり、1997年にボーイング社に吸収合併された。



IMGP05981.jpg

リア

ロボットマスターズの時代背景は2004年なので
ボーイング・F-15とするのが正しいかもしれないが、
スカイワープを始めとするジェットロンはG1期と
同一人物で、F-15をスキャンしたのは80年代であった為、
旧来のメーカーであるマクドネルダグラスとした。



IMGP06066.jpg

キャノピーは開閉可能で、コックピットにはシートではなく
紫色のパーツで機械のモールドがある。

機首下部には収納式のランディングギアが搭載されている。

紫色のノーズコーンは、G1期トイのパッケージ写真に使われた
試作品のスカイワープを再現した物かもしれない。




トランスフォーム!
RM skywarp transform

G1初期のダイアクロン型トイとほぼ同じ変形過程を踏みながら、
パンチパーツの追加や尾翼を取り外す事無く変形を完了する。

20年の時を経て完全変形を実現した事は実に感慨深い。




IMGP05800.jpg

ロボットモード

後の『変形!ヘンケイ!トランスフォーマー』版よりも
G1アニメデザインに近いスタイルが特徴。

肩や尾翼の処理が異なる物の、
アニメ設定を再現したという点では最上位の物だ。

頭身や手足の大きさのバランスは特に優れている造形。



IMGP05444.jpg

リア

説明するまでもなく、ロボットマスターズ・スタースクリームのリペイント。

RMスタースクリームの完成度が高く、他のジェットロンの
発売が望まれていただけに、ロボットマスターズ終盤に
このセットが発売された事は嬉しいサプライズであった。

スカイワープ&サンダークラッカーセットは
RMスタースクリームの登場から一年後に発売された。




IMGP05522.jpg

『400万年前に地球に不時着したトランスフォーマー数十名の中で、
最初に覚醒を遂げたデストロン兵士。

リバースメガトロンの許可で短距離ワープ(テレポート)機能を発揮し、
瞬時に敵の背後から熱線追尾ミサイルで狙う。』




TF ROBOT MASTERS SKYWARP Tech Spec 82

テックスペック

・ランク   : 8
・パワー   : 8
・ディフェンス: 7
・スタミナ  : 7
・スピード  : 8




IMGP05474.jpg

熱線追尾ミサイル

G1トイでは熱誘導ミサイルとされた武器で、
レーザー砲としての名称は与えられていない。

ワンパーツ成形の為、ミサイル発射等のギミックは無い。

肩の他に腕にもジョイントがあるのでセット可能。
これにより銃を構えている様なポーズが取れる。



IMGP05571.jpg

更に右手のみ、手の平にも穴が設けられているので
手に持たせる事も出来、小サイズながら工夫を凝らしてある。

レーザー砲は細身でアニメ設定に近い大きさとなっていて好印象。




RM skywarp missilepod

ミサイルポッド

RMスタースクリームは、アニメで一度だけ使った
幻の武器とされるミサイルポッドを採用した初めてのトイだ。

同型のスカイワープとサンダークラッカーにも
同じ物が付属し、銀メッキがアクセントを与えている。

カバーパーツを開くとミサイルポッドが現れる。



IMGP05777.jpg

ミサイルポッドは胸部だけではなく
腕のジョイントにもセット可能。

遊びの幅を広げる様々なアイディアを
盛り込んでいる事が分かる好例と言える。





Imgp05548.jpg

スカイワープはロボットマスターズの通常商品とは異なり、
ニ体セットでパッケージも別タイプの物を採用した特別版として発売された。

約一年間続いたストーリーも終了し、シリーズの最後を飾る
記念商品の様な形を取っていた事が印象深い。



IMGP05871.jpg

しかし、その一ヶ月後に予約が開始された
電撃ホビー限定ライオコンボイ・ブラックバージョン
ロボットマスターズシリーズの最終商品となった。

ジェットロンセットにしろ、ブラックライオコンボイにしろ、
ファンが望んだアイテムの商品化は喜ばしい事だった。




IMGP05517.jpg

スカイワープはロボットマスターズ終盤に発売された為、
ビジュアルストーリーの中では最終話にデストロン兵士の
一人として登場し、僅かしか活躍の場を与えられなかった。



IMGP05704.jpg

それでもスタースクリームサンダークラッカー
共にトライアングル攻撃でライオコンボイを苦しめる等、
G1アニメを想起させる描写はファンにとって嬉しい物であった。




IMGP05910.jpg

スタースクリーム型のトイが登場すれば必ずと言って良いほど、
スカイワープとサンダークラッカーとしてリペイント版が発売される。

“またか”と思う節がある一方、もし無ければ寂しい事も確かだ。
TFファンとしては三体揃えば満悦至極である。

この先もジェットロンはトリオで発売される事を願いたい。






IMGP05937.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ マシーンウォーズ スカイワープ               `
⇒ トランスフォーマー ユニバース スカイワープ        `
⇒ トランスフォーマー クロニクル EZコレクション スカイワープ







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
ジェットロンの商品は3人居ると「リペ商法かー」となりますけど居ないとさびしいのも
また事実。ロボマスのインストでも許可待ちスカワが健在で何よりです。
ロボットマスターズの新規アイテムはある意味
クラシックラインのさきがけともいえるだけあって完成度の高い商品が多いですね。
これも後のクラシックスタスクに繋がったのだと思えば感慨深いアイテムです。
2011/02/06(日) 13:53:36 | URL | RoadRover | [ 編集 ]
 持ってるんですけど、何故かスカイワープの羽がポロポロ取れます……サンダークラッカーはそんなことないのに。謎だ(笑)
 RMジェットロンは膝が曲がらないのが少々残念ですけど、完全変形・好プロポーション・手頃な価格とサイズという、良リメイクのお手本ですね。
2011/02/06(日) 14:55:30 | URL | Ichi | [ 編集 ]
この型はオリジナルのスタースクリームしか持ってないけれど、いつかは3体揃えてみたいですね
ロボットマスターズがもう少し長続きしていたらラムジェット、スラスト、ダージといった新ジェットロンも作られていたのでしょうか?
ヘンケイ!とは違ったアプローチの商品に仕上がっているのが面白いですね

近年はリカラー商法が敬遠されているのかスタースクリームが出てもジェットロンが揃わない事が多いですよね
ヘンケイ!はスタースクリーム、ラムジェット以外受注生産、
アニメイテッドも出たはいいがサイズがバラバラでスリップストリームに至っては立体化されなかったりとか…
色々仕方が無い所もあるんだろうけどそれでもせめて初期ジェットロンは揃え易い形で出して欲しいですね

最期の比較画像はサイクロナスの前世繋がりですね
2011/02/06(日) 17:35:59 | URL | さすりゅ~ | [ 編集 ]
RoadRoverさん
リペイント商法の代表みたいなキャラですが、昔からジェットロンだけは許せてしまうw 
ジェットロンキャラってどれも好きなんですよー。

ロボットマスターズはG1と同一世界という事を結構アピールしてました、そこが好きです。^^

このシリーズで培われた方法がクラシックTFにも
生かされてると感じる部分は多々ありますねー。
RM版ジェットロンが無ければクラシック、ヘケヘケ版の
スタースクリームはあれほどの完成度にはならなかったかもしれませんね。

2011/02/07(月) 22:40:49 | URL | つくも | [ 編集 ]
>Ichiさん
ウチのはスタスクも含めウィングは外れませんね、やはり個体差かもしれません。
TFって当たり外れが大きいので品質管理をしっかりして欲しい所です。

RMジェットロンはG1の完全変形を実現してくれただけで本望でしたねー。
あえてG1と似たような変形にしてくれた事が嬉しかったです。
アニメ設定っぽいスタイルも良いですし、ヘケヘケ版と同じ位好きです。^^
2011/02/07(月) 22:49:23 | URL | つくも | [ 編集 ]
>さすりゅ~さん
ロボットマスターズのジェットロンは完成度が高いのでお勧めです。
RMの新規トイは全てリーダー級キャラだったのでラムジェットとかは
造る予定は無かったでしょうね、スカイワープセットはスタスクと同形だから出たんだと思います。

スタスク型は同形で出して欲しい感はありますね、CYBERTRONでは
スタスクとダージが同形とか面白い事もありましたが。

確かにスリップストリームは顔が他と同じでも出して欲しかったです。
アクティ版サウンドブラスターが発売されたので”もしかしたら”と思いましたが、残念です。

比較の二人が紫色だからサイクロナスも紫だったり、というのは考え過ぎでしょうね、多分偶然w
2011/02/07(月) 23:03:53 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog