十三非常階段
●TF ロボットヒーローズ  MOVIE2 マッドフラップ & ランページ
IMGP65647.jpg

ハリウッド映画版TFの複雑なデザインは、見る者を圧倒し楽しませてくれる。

その姿を立体化し、更に変形可能なトイにする事は驚くべき物だが、
キャラクターの特性を的確に汲み取り誇張したディフォルメトイも又、
変形トイとは違った別の視点から驚きを与えてくれる。

PVC製のTFのディフォルメフィギュアシリーズである
ロボットヒーローズも、その期待を裏切る事はない。



RobotHeroes mudflaprampage package

◆ 名前 : マッドフラップ & ランページ   `

◆シリーズ: トランスフォーマー ロボットヒーローズ

◆ 発売 : 2009年5月              `

◆ 価格 : 日本未発売             `





IMGP56619.jpg

  ◆ 名前 : マッドフラップ


  ◆グループ: オートボット






IMGmP5659.jpg

フロント

トランスフォーマー リベンジ』から登場したツインズの片割れ。

マッドフラップスキッズ共に落ち着きが無い性格だが、
マッドフラップの方がアクティブな行動派だ。

赤いボディのTFに見られる喧嘩っ早い傾向も受け継いでいる。



IMGP56764.jpg

リア

このフィギュアの大部分を占めるオレンジ色のボディは成形色のままだが、
顔や胸部、背中やタイヤに至るまで細かく塗装されている。

ロボットヒーローズ全体に言える事だが、見落とされがちな所まで
塗装されている事が、フィギュアとしての完成度を上げており好感が持てる。




IMGP552673.jpg

大きな右腕を持つスキッズに対し、マッドフラップは左腕が肥大している。

指が四本しか無いのはディフォルメによる為ではなく、
ハリウッド映画に於けるデザイン自体が四本指の設定である。



IMGP56275.jpg

マッドフラップは両肩と首、腰も回転し、
ロボットヒーローズの中では可動箇所が多い。

元々腕を突き出したり膝を曲げているポーズで造形されているので、
腕や腰の回転だけでも様々なポーズ付けが可能。



Imgp55676.jpg

映画では随一の巨大合体ロボット・デバステーターに飲み込まれるも
口の中で大暴れし、逆にノックアウトする等の大活躍を見せた。

スキッズと共に単なるコメディリリーフとしてだけではなく、
戦闘面でも見せ場を与えた事でツインズの評価は高くなった様に思える。





5mgp5679.jpg  

  ◆ 名前 : ランページ


  ◆グループ: コンストラクティコン






IMGP445680.jpg

フロント

敵を叩きのめす事以外ほとんど考えていないという危険な兵士。

人型から離れたクリーチャータイプの姿が野獣的に見え、
破壊や戦闘を好む性格に合致している。



IMGP54485.jpg

リア

ロボットヒーローズ版は一本足のジャックハンマーモードで立体化されている。

台座を兼ねている地面が、着地により泥が跳ね上がっている
瞬間を捉えた様な形状となっている所が見事である。




IMGP569223.jpg

ランページの特徴である両腕の鞭状のクローラーも
しっかりと造形されている事に好感が持てる。

キャラクターの外見上の個性を程好く誇張し、
効果的に見せているスタイルがロボットヒーローズの持ち味である。



IMGP569221.jpg

ランページは首と両肩が可動する。

特殊な形状の下半身は90°ほど捻った状態で接合されている。

上半身と下半身及び台座は別パーツではあるが、
全て接着されており、可動や取り外しは不可である。



IMGP53689.jpg

劇中でのランページはサムの両親を攫ったり、
砂漠の町でバンブルビーとバトルを繰り広げる等、活躍も多かった。

サムの両親を捕えたフランスから戦場のエジプトまでは
ブルドーザーに変形して走ってきたのか、ロボットモードで
ホッピングしてきたのかは謎だが、どちらにせよ道中は困難を極めそうだ。






IMGP570sk8.jpg

マッドフラップが居れば、双子の兄弟であるスキッズも揃えたくなるのが心情。

この点はメーカーもよく分かっているのだろう、変形トイを始め
ツインズは同じカテゴリーで二人とも商品化されている。

この事は無論ロボットヒーローズにも当て嵌まる。



IMGP57sk17.jpg

ツインズは元々の映画デザインが二人とも不細工に設定されており、
どちらかと言えばマッドフラップの方が崩れた様な顔のデザインだった。

しかしロボットヒーローズに於いてはこの傾向は逆転しており、
スキッズの不気味な顔のアレンジが一層際立っている様に感じる。





Imgp5702.jpg

ロボットヒーローズとなった映画版TFは
実写映画の細かいデザインのイメージを崩す事無く、
程好くディフォルメされているセンスが見事だ。



IMGP57ram1.jpg

ロボットヒーローズの場合、可愛らしいという概念は希薄であるが、
トランスフォーマーとしての恰好好さを感じられるアレンジ具合は絶妙であり、
ロボットトイのディフォルメフィギュアとしては非常にレベルが高いと言えるだろう。




IMGP565225.jpg

ロボットヒーローズは関連性が薄いキャラクター同士が
パッケージされている場合がほとんどなので、
数を揃えて行く事で上記の様にツインズを共に並べる事が可能になる。

これが多くの商品を買わせる為のメーカーの罠だという事は
重々承知の上だが、食指が伸びてしまうのがコレクターの性なのである。







Mgp5707.jpg

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ ツインズ EZコレクション マッドフラップ                 `

⇒ ツインズ ロボットヒーローズ スキッズ                   `
⇒ ツインズ EZコレクション EZ-13 スキッズ                 `
⇒ ツインズ RA-10 スキッズ                          `



⇒ コンストラクティコン EZコレクション ランページ デザートコンバット  `

⇒ コンストラクティコン EZコレクション デモリッシャー シャンハイアタック
⇒ コンストラクティコン EZコレクション スキップジャック         `
⇒ コンストラクティコン EZコレクション ペイロード            `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog