十三非常階段
●トランスフォーマー カーロボット  C-008 エックスカー
IMGP577747.jpg

マジョレットミニカーやトミカに代表される1/64サイズのミニカーは、
幼少の頃、誰でも手にした覚えがあるだろう。

そのミニカーとトランスフォーマーを融合させたのが
1995年アメリカで発売された『TFゴーボッツ』だ。

日本では一部がフックトイとして流通した物の季節物で終わり、
本格的に一般に発売されたのは、2000年の『TFカーロボット』に於ける
スパイチェンジャーであり、ミニカーTFの存在を世に知らしめた。



IMGP57581.jpg  ◆ 名前 : エックスカー

  ◆グループ: スパイチェンジャー

  ◆ 役割 : 引力忍者

  ◆ 変形 : GMポンティアック
         ファイアーバード 1994年型

  ◆シリーズ: トランスフォーマー カーロボット

  ◆ 発売 : 2000年3月16日

  ◆ 価格 : 450円




xcar package

パッケージ




IMGP57430.jpg

ビークルモード

ファイアーバードはマスタング、カマロに代表される
ポニーカーの一つであり、カマロ同様1967年にデビューした。

ポニーカーとは、手頃な価格でコンパクトかつスポーツ走行が可能な
若者向けのスタイリッシュな車の事で、ファイアーバードも代表格の一つ。

様々なバリエーションが存在するが、上級グレードの
ポンティアック・ファイヤーバード・トランザムが認知度が高く人気車種だ。



Imgp572237.jpg

一重にポンティアック・ファイアーバードと言っても、
1967年から2002年に掛けて生産された車種だけに様々なタイプがある。

大幅なフルモデルチェンジは4回あり、エックスカーのタイプは
最終版の第4世代のファイアーバードを採用している。



IMGP5734x1.jpg

リア

フロントマスクやボディライン、リアの形状等、全体的なフォルムは
94年式ファイアーバードを踏襲しているエックスカーだが、コックピット後ろの
ミッドシップにエンジンが積まれたスタイルが実車と大幅に異なる箇所だ。

このアレンジの為か玩具や雑誌媒体での設定は車種を特定しておらず、
ミッドシップSFカー』と呼称されている。




エックスカー、トランスフォーム!
xcar transform




IMGP574x9.jpg

ロボットモード

スパイチェンジャーは胸部に名前の由来となったであろう
マーキングが施されている事が特徴で、エックスカー
の文字をアレンジしたマークがプリントされている。



IMGP575x4.jpg

リア

原型は1995年、海外で発売されたハイビーム
リペイントでゴーボット・バンブルも存在する。

エックスカーの海外名はクロスワイズで、
後のTFでもミニコンやカータイプTF等に
その名前が何度も使用される事となる。




IMGP5766x.jpg

『スパイチェンジャーの科学参謀。

宇宙工学に精通、新しいメカの開発や、
仲間の整備にも一役買っている。』



Transformer Car Robot C-008 X-Car Tech Spec 75

テックスペック

・パワー  : 6
・知力   : 8
・スピード : 7
・耐久力  : 7
・階級   : 7
・勇気   : 7
・火力   : 5
・テクニック: 6





IMGP5762x.jpg

エックスガン

『反重力を操り、敵を空中に浮かび上がらせる引力光線銃。』


アニメ劇中でもこの能力が描かれ、敵との戦いの中で
落下した巨大ルビーを引力光線で受け止めた。



IMGP5744xx.jpg

エックスゴー

『反重力を操り、あらゆる物を空中に跳ね上げながら
突き進むエックスゴーで暴走する。
スピードは330km/h。』




IMGP577x9.jpg

シークレットエンブレム

スパイチェンジャー共通のギミック。
暖めるとサイバトロンマークが浮かび上がる。

このマークの位置は一見すると何処にあるか分からず、
忍者という設定を活かしている様に受け取れる。

又、マークは各スパイチェンジャー毎に別々の場所に
プリントされており、探す楽しさもあるギミックだ。





IMGP576x4.jpg

エックスカーの最大の特徴は他のスパイチェンジャーと異なり、
ボディ全体にクリアーパーツが使用されている事だ。

その塗装方法も特殊な物で、パーツの外装ではなく、
内側からメタリックブルーで塗装されている。



IMGP576x8.jpg

ボディカラーは透明なので透き通って中の
メタリックブルーが見える仕組みとなっている。

外装のクリアーパーツの恩恵でボディは
輝いている様に見え、ブルーもより鮮やかに映える。

このアイディアの効果は大きく特筆に値する物だ。




Mgp5782.jpg

玩具のクリアーパーツ・ボディからヒントを得たのか、
アニメ劇中のエックスカーは透明化して身を隠したり、
壁を擦り抜ける非実体化能力を披露して見せた。



IMGP577x3.jpg

又、チームの科学参謀として作戦上、
分析や計算が必要なシチュエーションでは
イニシアティブを取る場面も多々見受けられた。




IMGP57641.jpg

エックスカーは脇役ながら、頼りになる知性派タイプの
キャラクターとして記憶に残る活躍を残した。

又、トイは独自の塗装方法を採用する等、
目を見張る側面も持つ画期的なTFとも言えるだろう。

エックスカーは、よく練られたアイディアは月日が経っても
楽しませてくれる、という事を実感出来るアイテムである。






IMGP578x7.jpg

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ スパイチェンジャー C-005 アートファイヤー   `
⇒ スパイチェンジャー C-006 イーグルキラー    `
⇒ スパイチェンジャー C-009 オックス       `

⇒ スパイチェンジャー ジャスコ限定版 イーグルキラー

⇒ スパイチェンジャー USAエディション Xブローン `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog