十三非常階段
●トランスフォーマー スーパーリンク  EX-01 ボーンクラッシャー
IMGP7786.jpg

スカウトクラスのTFは完成度が高い事で知られている。

これは映画版TFに限った事ではなく、ビーストウォーズシリーズから続く
小サイズクラスのアイテムは、年を重ねる毎に進化の過程を見せてくれた。

TF ENERGON(スーパーリンク)シリーズ前半まではベーシッククラスと
呼称されていたこれらのTFは、低価格帯のアイテムにも拘らず、
上位クラスに引けを取らないレベルの高さでファンを魅了し続けてきた。



IMGP7bc931.jpg
  ◆ 名前 : ボーンクラッシャー

  ◆グループ: デストロン 

  ◆ 変形 : ホイールローダー


  ◆シリーズ: トランスフォーマー スーパーリンク

  ◆ 発売 : 2004年11月17日

  ◆ 価格 : 5500円





buildron package 2

パッケージ

5500円はタカラが示した参考価格で、雑誌広告ではこの価格が掲載されていた。

実際はトイザらスが設定した価格の4999円(税抜)が実質定価であった。
トイザらス限定品だけに割引率は低かった。




IMGbbgP7844.jpg

ビークルモード

架空のショベルカーながらバケットやアーム、
巨大なタイヤ等、実車らしいデザインに纏まっている。

クリアーパーツのウィンドーが備えられたコックピット内には、
運転席も造形されている凝った仕様。



MGbbP7836.jpg

リア

ガンメタルに塗装されたホイールがリアルさを引き立てる。

ブラウン、カーキのボディカラーにオレンジの塗装も相俟って、
チームの中でも目立つ明るめのカラーリングが特徴。




IMGPst7847.jpg

バケットアームにエネルゴンポケットが設けられており、
付属のエネルゴンスターを装着する事が出来る。

尚、アニメ劇中ではエネルゴンスターは付けていなかった。



IMGPbc7845.jpg

車体後部には折り畳んだエネルゴンウェポンを装備可能。

こちらはアニメでは装備しているモードで描かれていた。



IMGP7bd852.jpg


バケットアームは二箇所の可動軸により自在に動く。

上方、下方とも向きを変えられる為、ビークルモードでの
プレイバリューが高い事も評価に値する。




トランスフォーム!
SL bonecrusher transform




MGP77b94.jpg

ロボットモード

頭身が高く巨大感が表れている体型。

比較的細身の手足ながら建機の武骨さと
パワフルなイメージも感じられ、
デストロン兵士に相応しいスタイルである。



MGP7ggb45801.jpg

リア

バケットや操縦席、タイヤ等、ホイールローダーを
構成するパーツは背部に集められている。

重心は後ろよりではあるが、面積が広い足の裏と
踵パーツにより倒れるという事は無い。




MGP7bc817.jpg

ボーンクラッシャーのキャラクター設定は一切無い。

日本では合体セットとして発売された事もあるが、
完成度の高いトイだけに非常に惜しい。



IMGP7bb807.jpg

海外版・ENERGONシリーズでは、合体セットではなく単体で売り出され、
パッケージはブリスターパックが採用されている。

海外版は個別にパッケージ用のイラストも描かれていた為、
幾分日本版よりは扱いが良かった感がある。



MGbcP7831.jpg

海外名:ボーンクラッシャー

奇しくも日本名と同一だが、他のメンバーは全て異なる。

日本版スーパーリンク・ビルドロンチームは海外名ではなく、
G1ビルドロン部隊から名前を引用している事は明らかだ。




clawIMGP7811.jpg

エナジークロー

フォーク状の爪を持つ巨大な槍の様な武器。

体に対してやや大きく見えるのは、合体時に手足のパーツとなる為。
可動軸が二箇所あり、ある程度は表情が付けられる。



clawIMGP7813.jpg

海外版のパッケージ写真やボックスアートでは、日本と同じく
クロー状の武器となっているが、封入された説明書では
クローを折り畳んだ状態のイラストが掲載されており、
巨大な棍棒やハンマーの様な武器の様にも受け取れる。

同型のトイでも日米の解釈の差異が現れていて面白い。




IMGP7805eye.jpg

集光ギミック

正面を向くと背中のコクピット部に遮られて
集光の効果が発揮出来ないが、首を左右に回して
光を取り込めば、鮮やかなブルーに輝く。





bcIMGP7824.jpg

アニメ劇中での活躍は限られた物でほとんど無い。

ボーンクラッシャーはビークルモードで他のメンバーと共に
敵を攻撃したり、瓦礫の除去作業に従事する程度であった。



bcIMGP7821.jpg

これはアニメでは合体形態のビルドロン
一人のTFとして描いている為だ。

5体は個々の存在ではなく、ビルドロン
変形したモードと解釈して描かれた節がある。

せっかくの5人編成のチームにも拘らず、
その設定が全く活かされなかった事が残念である。




boneIMGP7827.jpg

アニメ作品ではぞんざいな扱いだった手足パーツの一つである
ボーンクラッシャーだが、トイはロボット、ビークル両モードの
纏まりの良さと、全身の自由度の高い可動等、目を見張るべき所は多い。

TFスーパーリンクの合体ロボットは、後に何度もリペイント版が
発売されている事が、その完成度の高さを物語っている。







IMGbcP7869.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ EX-01 スクラッパー
⇒ EX-01 グレン   `
⇒ EX-01 ロングハウル







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
単体でも十分に楽しめる完成度の高さですね。
ビルドロン、欲しいのですが今ではかなりお高くなってしまって‥
海外版の単品を少しずつ集めるのも一興かも!?

ブルーティカスを持っていますが、合体後のプロポーションは
ビルドロンが数段上を言っていると思います!
アニメだとビルドロンはモロに粗暴で下品なキャラクターで
面白かったですね~。
2011/07/18(月) 12:20:29 | URL | スパズマ | [ 編集 ]
単体の完成度も高いビルドロン。
日本ではセット販売のみでしたが、単体でも十分楽しめますね。
他の2体の合体戦士もですけど、単体ロボの描写がなかったのが残念。
・・・ただの手足メカでしたから。
私は、TFと言えば、個々の個性があってこそ!と思う人なので。
2011/07/18(月) 22:19:47 | URL | れっど あらあと | [ 編集 ]
数年前国内版を定価の倍近くのプレ値で購入し若干後悔しているものの
未だリカラーのクラシック版デバステーターが欲しかったりする…

日米共にボーンクラッシャーと名乗るならせめてブルドーザーに変形して欲しかったですね
2011/07/19(火) 00:22:35 | URL | さすりゅ〜 | [ 編集 ]
>スパズマさん
スーパーリンクの合体ロボは予想以上に出来が良いですね。
合体形態よりも単体の方が遊び甲斐があったりしてw
私は単体で遊んだり飾ったりしてる事が多いです。

合体セットって何故か高いプレ値が付いちゃいますよね。
メンバーが全部揃っているからなんでしょうけど、手頃に集めたいですよね。

スーパーリンク合体ロボは足をハの字に開いた形で合体しているトコが
カッコイイと思います、ブルーティカスもイイですよねー。

アニメではちょい役でしたが、スカしたブルーティカスと
暴れん坊のビルドロンって感じで、双方キャラが立ってましたねー。^^
2011/07/19(火) 23:06:04 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
>れっど あらあとさん
日本ではセット販売しかなかった事で、手足組の人達は
かなり損してる気がしますねー、イイ出来なのに勿体無いと思います。

私も”個性あってこそのTF”に激しく同意です!
アニメでは全く個性無かった上に、最初の方は
光の玉になって合体とかでマシンロボよりヒドイと思いました。
いや、マシンロボは好きなんですけどね、ガクランダーとか(←おもちゃ無いやw)

スーパーリンクのアニメは全体的にもうちょっと頑張って欲しかったですねー。
2011/07/19(火) 23:18:03 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
>さすりゅ〜さん
プレ値は本人がその値段でも買ってもいいトイだと思った証なので、もっと胸を張っても良いかと思います。
それだけ出しても、どうしても欲しいってのありますよね、よく分かります。^^

ボーンクラッシャーはブルドーザー系のイメージが付いてますからね、
でもやっぱりクレーン車のロングハウルが一番しっくり来ない…。
2011/07/19(火) 23:27:35 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog