十三非常階段
●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン  ハッピーセット バンブルビー・カー
happyset bumblebeeMGP9545

変形するロボット玩具シリーズであるトランスフォーマーにとって、
自動変形はいつの時代も一つのテーマとして取り上げられてきた。

自動変形TFはG1初期から様々なタイプが登場しており、
シリーズ毎に興味深いアイディアを幾つも見せてくれた。

その自動変形TFがファーストフードのオマケとして手軽に
手にする事が出来る様になるとは、時代は進歩しているのだと実感する。



happysetfaceIMGP9542.jpg  ◆ 名前 : バンブルビー・カー

  ◆ 変形 : GMシボレー・カマロ Z28コンセプト

  ◆ブランド: ハッピーセット


  ◆メーカー: マクドナルド
 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

  ◆ 発売 : 2011年8月5日

  ◆ 価格 : 450円 (税込・ハンバーガーセット)
         但し地域別価格により誤差が生じる場合有り。



happymeal auto bumblebee package

パッケージ



setIMGP9431.jpg

セット内容

本体は透明プラスティックのカバーで保護されている。

ディティールを再現する為のステッカーが付属し、
自分で貼る必要があるが、然程難しい作業ではないだろう。




camaroMGP9461.jpg

ビークルモード

ディフォルメされたカーモードのデザインも
巧く纏められており、フロントマスクの
造り込まれた造形により、カマロと判別出来る事は流石。



camaroMGP9470.jpg

リア

トイ自体にもペイントは施されているが、
付属ステッカーを貼付する事で、ウィンドーやホイール、
ボンネットとルーフのストライプ、テールランプの
ディティールが加わり、完成度は格段にアップする。




トランスフォーム!
happyset bumblebee transform

車体を立て、本体を床面に押し付けてリア部に
備わったスイッチを押し込むと、フロントが分割され、
ルーフは回転して一瞬でロボットに変形する。

スムーズな変形は小気味良く、
何度も試したくなる面白さに満ちている。




happymealIMGP9501.jpg

ロボットモード

このハッピーセット・バンブルビー・カーは、
2009年に発売されたグラビティボッツ
縮小版とでも言うべきトイである。



autobumblebeeIMGP9506.jpg

リア

サイズが小さくなっている事で、グラビティボッツ版には
備わっていた胸部の折り畳み機構は廃止されている物の、
自動変形という観点では同等レベルと言っても過言ではない。



chestIMGP9508.jpg

胸部のディテールは簡略化されたが、
ステッカーによって再現するという細かい配慮が見事だ。

体型は独特の物となっているが、頭部造形や
カラーリングからバンブルビーと充分判別出来る。




beeMGP9510.jpg

オートトランスフォーム機構を備えた
バンブルビー・カーオプティマスプライム・カーは、
2011年夏のTFハッピーセットの付属トイとして登場した。

映画『TF ダークサイド・ムーン』の公開に合わせた事もあり、
TFのハッピーセットは一つのイベントの様な盛り上がりを見せていた。



happysetMGP9424.jpg

前半はトーキング・オプティマスライトアップ・バンブルビー
後半はグラビティボッツの縮小版オプティマスとバンブルビーが特典となり、
販売期間は前半、後半それぞれ一週間ずつ程度だった為、
確実に手に入れる為には素早い行動が求められた。



bumbleIMGP9528.jpg

しかし買い逃しても慌てる必要は然程無い事が、
ハッピーセットトイの強みであろう。

タカラトミーのTF玩具に比べれば、マクドドナルド用の
トイは大量に発注される事に加え、TFに興味が無い人は
リサイクルショップやネットオークション等に流してしまう事も
容易に想像できる為、入手方法には事欠かないだろう。




happymeal bumblebeecar transform33

ロボットからカーモードへの変形は更に簡単で、
ロボットを後ろ向きに倒すだけで良い。

倒れるとロボット背面のスイッチが床面と接触して押され、
スプリングを押さえていたロックが外れる。

ルーフが回転してフロント部は閉じてカーモードの形となり、
こちらも瞬時に自動変形を完了してしまう。



camaroMGP9526.jpg

この瞬間変形はTFを知らない一般の子供にも
通用する面白さを備えており、グラビティボッツ
同様のアクションを持つアイテムを、ハッピーセットトイとして
採用した事は非常に巧い選択であったと言えるだろう。




happyset bumblebeecar223

ステッカー未貼付の状態

顔、腰、脚部に彩色が施されている物の、
バンブルビーとして見るには簡素過ぎて
物足りなさを感じずにはいられない。

やはりステッカーは全て貼る事が望ましい。




autobumblebeeIMGP9539.jpg

この自動変形バンブルビーは、ファーストフードの
オマケトイとしては非常に上質なアイテムであり、
年齢を問わず楽しめる事も評価に値する。

本来は低年齢向けという側面もあるが、やはり“オモチャ”は
扱っていて楽しい事が最良であると再認識させられるアイテムである。







bumblebeeMGP9595.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ ハッピーセット・バンブルビー        `
⇒ ベアブリック・バンブルビー        `
⇒ キュージョン・バンブルビー        `
⇒ TFロストエイジ AD-27 バンブルビー  `


⇒ ハッピーセット・オプティマスプライム   `
⇒ ハッピーセット・オプティマスプライム・カー







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog