十三非常階段
●TRANSFORMERS ARMADA  ハッピーミール オプティマスプライム
HAPPYMEAL OPTIMUSPRIMEIMGP9798

日本に於けるトランスフォーマーのハッピーセットは、
2003年の『トランスフォーマー マイクロン伝説が初であった。

海外と異なり、日本ではG1期もビーストウォーズ期にも
ハッピーセットに採用されなかったTFも、
マイクロン伝説で漸く日の目を見る事となった。

しかしながら、4種のみ登場した日本版に含まれなかった
海外オンリーのTFアルマダ版ハッピーミールが存在していた。



faceIMGP9883.jpg  ◆ 名前 : オプティマスプライム

  ◆ 変形 : トレーラートラック

  ◆ブランド: ハッピーミール


  ◆メーカー: マクドナルド
 
  ◆シリーズ: TRANSFORMERS ARMADA

  ◆ 発売 : 2002年10月

  ◆ 価格 : 日本未発売




happymeal armada optimus package

パッケージ




armadatruckIMGP9777.jpg

ビークルモード

ボディはクリアパーツで成形されており、
モールドが分かり難いが、アルマダコンボイの
トラックモードを概ね再現している。

全部で6輪のタイヤはダミーではなく、全て回転可能。



armadaoptimusMGP9781.jpg

リア

アルマダ版ハッピーミールは全8種類あり、サイバトロン、
デストロンそれぞれ4体ずつがラインナップされた。

アイテム数が日本より大幅に多い事も、
消費大国アメリカという国柄が出ていて興味深い。



armadaopMGP9776.jpg

日本のマイクロン伝説ハッピーセットは全4種であり、
両軍のリーダーであるオプティマスプライム
メガトロンが外されている事が不思議に思える選択だった。




トランスフォーム!
happymeal optimus transform




frontIMGP9790.jpg

ロボットモード

基となったキャラクターの面影は希薄なイメージだが、
TFアルマダ(マイクロン伝説)版のコンボイである。

手足や胴体は記号的で、辛うじて
ロボットとしての形を保っている様に見える。



backIMGP9793.jpg

リア

この有り得ない様な大胆なアレンジが、
ハッピーミール本来の持ち味である。

子供騙しと侮るなかれ、幼児が扱う事を考慮し、
安全面や頑丈さを追求した上での結果である。




opMGP9802.jpg

それでも注目せずにいられない特徴は、
オリジナルデザインの顔である。

口のマスクは元々のコンボイの物を踏襲しているが、
目と鼻は削除され、一本線のバイザー状の目に
変更されている事で、コンボイらしさが希薄である。



optimusfaceIMGP9801.jpg

ハリウッド映画版やTFアニメイテッドの様に
戦闘時にバトルマスクを装着するという設定は、
TFマイクロン伝説には存在しない。

従ってこのハッピーミール・オプティマスは、
コンボイがバトルマスクを装着している訳ではなく、
完全に新解釈の要素が付加されている事となる。



convoyIMGP9821.jpg

この独自のアレンジにより、シリーズの代表キャラクターである
コンボイのイメージから大幅に離れてしまっている事が、
日本で採用されなかった理由の一つかもしれない。





happymeal optimus punch

パンチアクション

背中の黄色いパーツはレバーとなっており、
これを下方に降ろすと右腕を振り上げる
パンチアクションギミックが備わっている。



optimusMGP99099.jpg

これはデラックスクラスのスーパーコン・オプティマスプライム
日本名・STDコンボイのパンチアクションを
ハッピーミールサイズに簡略化して採用した物と思われる。

一見すると野暮ったいスタイルのトイながら、
遊べるギミックを取り入れている事は流石である。




optimusIMGP9827.jpg

ボディはクリアレッドとクリアブルーの
2タイプのクリアパーツで成形されており、
光に翳すと透けて輝いて見える、面白い仕様となっている。



opIMGP9830.jpg

後のテレビマガジン限定『クリスタルコンボイ』の
先取りなどとこじつけるのは軽率であろう。

このハッピーミールが発売されたのは、アメリカで
TRANSFORMERS ARMADA』がスタートして間も無い頃であり、
ボディをクリアパーツにする必要性は不明であった。




op IMGP9929

このハッピーミール・アルマダオプティマスには
もう一つギミックが備わっている。

通常では全く分からないが、両腕の前腕部は
蓄光素材で成形されており、暗闇でぼんやりと発光する。



op IMGP9938

何故、腕部が光るのかも理由が全く不明である。

アルマダコンボイはアニメ劇中で、拳を合わせて
衝撃波を放つ技を披露するが、その描写を
トイでも再現したかったのであろうか。





optimusIMGP9799.jpg

ハッピーミールらしさ溢れる体型やパンチアクションは
良しとして、新デザインの顔、クリアパーツのボディ、
暗闇で光る蓄光性の腕部等、数々のアイディアが
盛り込まれている物の、何もかもが謎に包まれた仕様である。




happyoptimusMGP9955.jpg

ハッピーミール・アルマダオプティマスは、
多くの謎を残した稀に見るアイテムであり、
最早その存在だけで価値を見出す事が可能となった。

この“価値”の意味する所は“プレ値”が付いている
という無粋な意味ではなく、珍奇なトイ仕様その物に
目を見張る側面があるという事である。

このハッピーミール・オプティマスプライムは、
歴代コンボイのトイの中でも特に異彩を放つ
アイテムである事は間違いないだろう。







ophIMGP9964.jpg

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ BIGトランスフォーマー ➀ コンボイ スーパーモード       `
⇒ BIGトランスフォーマー ➁ コンボイ               `

⇒ ハイパートランスフォーマー ➁ ウイングコンボイ キャノンモード
⇒ ハイパーギャラクシー ➀ ギャラクシーコンボイ         `


⇒ TFマイクロン伝説 ハッピーセット ホットロッド        `
⇒ TFマイクロン伝説 ハッピーセット グラップ          `


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
 仕様そのものが謎めいているっていうのが、何とも凄い話です。
 ハッピーミールの制約に出来る限りの要素を突っ込んでいった感があって興味深いですね。
 でも一番問い詰めたいのは、どうしてこんな顔デザインになったのかという(笑)
2011/08/12(金) 22:36:24 | URL | Ichi | [ 編集 ]
使用部品数がどうしても限られてしまうから
端から変形とプロポーションを両立するのは不可能な訳で…
だからハッピーミールはどちらかというと顔の造形の方に力を入れてると思うのですが
珍しくこれは顔もあんまり似てませんよね

何より驚いたのは腕の蓄光パーツ
あの色で光るなんて完全に予想外だった…
2011/08/13(土) 10:53:33 | URL | さすりゅ~ | [ 編集 ]
>Ichiさん
実は大いなる秘密が隠されて…………いないでしょうね間違いなくw

このオプティマスは見た目以上に色々とアイディア満載なトコが驚きました。
そしてこの顔もどうしてこうなったかは謎ですが、見てるうちに
段々と気に入って来てしまうのは、私の趣味が偏っている証拠かもw
2011/08/13(土) 18:07:04 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
>さすりゅ~さん
当事はハッピーミールには整ったスタイルを求めていなくて、
どこまで崩してくれるかが楽しみになっていましたw

大抵はどのキャラか判別出来るレベルなのですが、
このオプティマスは言われないと直ぐには分からないかもしれませんね。
でも却ってこのあり得ない顔が、お気に入りポイントになってたりw

蓄光パーツは意味不明ですが、よくぞ取り入れてくれた!って感じです。
TFって蓄光ギミックを備えているのが思い付かない位なので、快挙かもしれません。
2011/08/13(土) 18:20:59 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog