十三非常階段
●ビーストウォーズ  C-10 エアラザー
airrazorMGP0183.jpg

大空を翔る孤高の戦士エアラザーは、ビーストウォーズ中盤から
新メンバーとして加わり、百発百中の射撃能力や猛スピードで滑空して
ソニックブームすら巻き起こす等の多彩な技を幾つも披露した。

デストロン側のブラックウィドーとのバランスで女性戦士として
登場した物と思われるが、日本では男性に変更されるという
TF全体を通しても異色の境遇を持つキャラクターでもあった。



airrazorIMGP0179.jpg  ◆ 名前 : エアラザー

  ◆グループ: サイバトロン

  ◆ 役割 : 空中偵察員

  ◆ 変形 : ハヤブサ

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ビーストウォーズ

  ◆ 発売 : 1998年1月末

  ◆ 価格 : 750円




aiarazor package

パッケージ




falconIMGP0188.jpg

ビーストモード

地球上で最も高速な動物と目されており、獲物を狙って急降下する時の
ハヤブサのスピードは時速300kmを優に超すと言われている。

ハヤブサの特徴として、頬に髭の様な模様がある事や、
他の猛禽類と比較して翼の先が尖っている事が挙げられる。



falconIMGP0192.jpg

リア

実際のハヤブサの様に精悍なイメージが巧く表現されている。

ロボットに変形する都合、下半身の処理は実際のハヤブサから
遠い物となっているが、脚部は逆関節の鳥脚になる様に纏められている。




airIMGP0140.jpg

翼は広げる事が可能で、飛行形態を取らせられる。

鳥型TFの翼は固定されたタイプも多いが、
エアラザーの様に可動が備わっていると遊びの幅が広がる。



airrazor beak

嘴は開閉が可能。

極小サイズのパーツで成形され、ビーストモードでの
スタイルと遊びも充分に考慮されている事が分かる。




razorIMGP0148.jpg

サイバーブレード

翼の付け根に隠されたパネルがブレードとなって前方に展開し、
攻撃的なフォルムに変化するアタックモード。

ブレードと翼の内部はメカニカルなモールドが施され、
ビーストモードでもロボットとしての機能を有している事を表現している様だ。



airrazor wing

羽ばたきアクション

尾羽付け根の黄色いレバーパーツを引くと
連動して翼が開くギミックを搭載している。

サイバーブレードを展開した状態では、
相手を挟み込む様なアクションとなる。




エアラザー、変身!
airrazor transform




airrazorMGP0170.jpg

ロボットモード

ハヤブサの頭部が胸に収まり、ショルダーアーマーや
ウイングを背負ったスタイルはヒーロー的で纏まりが良い。

開発時は特に女性として設計されていた訳ではないらしいが、
どちらとも受け取れる体型の為、女性戦士とされたのだろう。



airIMGP0177.jpg

リア

背面にギミックが搭載された翼と尾羽が集中する為、
どうしても重心が後ろよりになって倒れ易い。

踵パーツが大きい事でこれを補っているが、
それでもバランスを取る必要性はある。




airIMGP0199.jpg

エアラザーの役割は資料によって異なり、
特殊戦闘員』と記載されている場合も散見されるが、
この役割はダイノボットと同じ物で混同された可能性がある。

トイ付属のカードには海外版の役割である『AERIAL RECON』を訳した
空中偵察員』と記載されている為、こちらが正しいだろう。




weponIMGP0197.jpg

フォトンキャノン

ビーストモードでは尾羽にセットされていたクロー状の武器は
左右どちらの腕にもジョイントがある為、好きな方に装着出来る。
又、拳の穴とも径が合う為、手に持たせる事も可能。

フォトンキャノンは海外名で日本版には名称が無く、
単に“武器”または“銃”とされる。




airrazorIMGP0218.jpg

『空中偵察のエキスパートであるエアラザー
光学マトリクススキャナーは、1万メートルもの上空から
地上のデストロンの動きを捕捉し、その最新装置を
駆使してサイバトロン達を優位に導いて行く。』



airIMGP0207.jpg

『美しい姿の通り、非好戦的で優しい性格の持ち主。

プロトフォーム状態から地球で目覚めたエアラザーは、
ビースト形態を取っている方が心の安らぎを覚えるのだ。』




Airazor  Beast Wars GP0203

テックスペック

・パワー  : 5
・知能   : 7
・スピード : 9
・耐久力  : 5
・階級   : 6
・勇気   : 7
・火力   : 4
・テクニック: 7





airrazorIMGP0214.jpg

エアラザーは原語版では女性だが、
日本版は男性に変更された事で有名なキャラクターだ。

これは男児玩具に於いて女性キャラクターは人気が低く、
あまり売れないという傾向がある為だ。



airIMGP0221.jpg

しかしビーストウォーズは放送当時、売り切れ店が続出する程の
人気を誇っていたシリーズだったので、女性キャラだから
売れないであろうという目算は徒労に終わった事は明白であった。



airMGP0217.jpg

劇中のエアラザーは凛とした態度で女性らしさが表に出る事は
ほとんど無く中性的であった為、日本版の様に設定を
変更して男性としても全く違和感が無かった。




tigarIMGP0232.jpg

このキャラクタースタイルが崩れたのは、CG版ビーストウォーズ第二作目の
ビーストウォーズ メタルス』からである。

地球で目覚めた境遇と、自然の中に身を置く事を好むという
共通点を持つタイガトロンと仲睦まじくなってから、
エアラザーの仕草は女性らしさが顕著になっていった。



tigartronIMGP0235.jpg

原語版の様にタイガトロンとエアラザーが
男女のカップルであれば、何の問題も無かった。

しかし日本版は“男同士”という設定の為、
二人のシーンは気色悪い物に変貌してしまった事が悲しい。




beastwars club

テレビマガジンに掲載された記事

無理がある事は明らかだ。 子供でも納得しないだろう。

タイガトロンとエアラザーは脇役で出番が少なく、
更にヴォックと呼ばれるエイリアンに拉致されて早々に退場した事が
悲しいかな、唯一の救いであったのかもしれない。



airIMGP0158.jpg

BWメタルスは一作目のBWから二年後の1999年に展開し、
エアラザーのトイも絶版になっていた為、
タカラとしては然程気にする事は無かったのであろう。

しかしファンとしては、原語版の通り女性という
設定のままの方が正解だったと思わずにはいられなかった。




airMGP0224.jpg

この様に日本に於いてエアラザーは数奇な運命を
背負わされる事となったが、トイ自体は
どちらの設定でも通用するスタイルを有しており、
各人好きな様に解釈して楽しめればそれで良い。




asirMGP0226.jpg

商品展開の都合で日本では男性に変更されたエアラザーだが、
吹き替え版を見る限り特に違和感無く場に馴染んでいた事は、
脚本家等のスタッフの手腕による所が大きいと思われる。

日本版ビーストウォーズはCGアニメの画像は同じでも
キャラクター設定は大幅に変更された例も少なくない為、
原語版との違いを意識して見直してみる事もまた一興である。







airIMGP0238.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ C-8 タイガトロン







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
 無理のある回答でも、力強く押し切ったテレビマガジン編集部はある意味高く評価したいです(笑)
 ハヤブサってモチーフがヒーロー的というか、あまり女性キャラっぽくないので、その辺からも男性キャラでも行けると判断されたのかも……
2011/08/16(火) 19:40:16 | URL | Ichi | [ 編集 ]
TVマガジンの記事、最高ですね!
こういう、雑誌の何気ない一記事が後になって最高の
豆知識というか、肴になるというか‥
僕も雑誌記事はスクラップするぞ(笑)

エアラザーの玩具自体はデザインの破綻もなくて素晴らしい出来の様ですね!
ロボットモードで胸に収まるハヤブサの顔も、他のキャラクターと比較して
非常に綺麗にまとまっているように見えます。
2011/08/16(火) 21:16:05 | URL | スパズマ | [ 編集 ]
TVマガジン、スゴイですね。
「変心!」で済ますのも粋ですw

エアラザーは小さいながらもまとまりがあって、
何と言っても、ちゃんと鳥は鳥でもハヤブサになっているのがさすがかと。

それにしても、いつかBWもリメイクして欲しいものです。
2011/08/16(火) 23:00:03 | URL | NT | [ 編集 ]
カッコイイ!
ビーストはちゃんと観たことがなくてちょうど最近観はじめたところです。
なのでこのキャラクターもよく知らないのですが、性別が変わっているとは。
僕も普通にこのまま観ていたら質問者の子と同じ疑問を抱くことになったでしょうか(笑)。

ビーストトイは少しだけ持っていますがG2のようなテイストですごく好きです。観たらもっとたくさん欲しくなるに違いないです。
2011/08/17(水) 19:31:53 | URL | チャックルベリー | [ 編集 ]
>Ichiさん
テレビマガジン編集者の明るい返答が無意味に爽やかでステキですねw

ハヤブサは仰る通りヒーロー的で男性のイメージが似合う気もしますね。
海外では自立した女性というキャラが好まれるみたいなので、エアラザーは
女性らしさが抑えられたキャラ付けになったのかもしれません。
2011/08/17(水) 22:15:21 | URL | つくも | [ 編集 ]
>スパズマさん
そうなんです、スクラップブックは宝の山ですよ~w
ファイルにまとめていたので、この記事を探すのに役立ちました。
まぁ、しょーもない内容なんですが話ついでに載せて見ました…(^^;

エアラザーはコンボバットやテラザウラーより後年の開発なので、
スタイルも纏まっててナカナカの傑作だと思います。
フリップチェンジギミックを廃した事が理由の一つかもしれません。
2011/08/17(水) 22:30:37 | URL | つくも | [ 編集 ]
>NTさん
ビースト的に「変心!」の駄洒落で落とす所にセンスが光ってますねw

仰る通り”鳥”ではなく”ハヤブサ”なんですよね、
ちゃんと区別出来る造詣が素晴らしいと思います。

思えばBWからもう十数年経っているのですね、
本格的にリメイクされても良い頃合かもしれません。
チータスとダイノボットだけではちょっと寂しいですし。
2011/08/17(水) 22:37:29 | URL | つくも | [ 編集 ]
>チャックルベリーさん
CG版ビーストウォーズは他のTFシリーズと違って独特なトコもありますが、
日本語版は妙に面白くなってるので楽しめると思いますよ。^^

性別を変えられたのはこの人だけなので特殊な例ですね。
知らないで観たら、やはり違和感は拭い切れないと思います。

BWのトイを手にしていると、G2の技術がBWシリーズに生かされている事が分かります。
BWトイは名作も多いのでお勧めです、オモチャ的にはBWネオが集大成な感がありますねー。
2011/08/17(水) 22:49:46 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog