十三非常階段
●TF ダークサイド・ムーン  DA-21 バックファイアー & スパイク・ウィトウィッキー
backfireIMGP0384.jpg

2009年のTFリベンジで登場した、人間の可動フィギュアをTFトイに
付属させたヒューマンアライアンスは、TFシリーズに新たなジャンルを切り開いた。

そして2011年、小型ビークルに変形するTFとフィギュアとのセットが
登場し、ヒューマンアライアンスの新たな可能性を示してくれた。

人間フィギュアとの連携によるプレイバリューは
予想を超えて高い物であり、遊びの幅が広がる事は大歓迎である。



faceMGP0514.jpg  ◆ 名前 : バックファイアー

  ◆グループ: オートボット

  ◆ 役割 : 街路戦闘員

  ◆ 変形 : オフロードモータートライク / ウェポンモード

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

  ◆ 発売 : 2011年8月13日

  ◆ 価格 : 2500円




backfirespike package

パッケージ




backfireMGP0561.jpg

ビークルモード

TFとしては珍しいモチーフの三輪バギーに変形し、
各所のパーツも実際の物を模した様なリアルな造形が見事。

フロントのオフロードバンパーやモスグリーンの配色も相俟って、
軍事的なイメージが濃厚に表れたデザインである。



backIMGP0569.jpg

リア

シート後方には左右共にバーが設けられており、
Cジョイントを備えた武器を装着する事が出来る。

バックファイアーは二つの機銃が標準装備となっているが、
他のTFに付属するCジョイント付きの武器も装備可能。




トランスフォーム!
HA backfire transform




backfire222.jpg

ロボットモード

ボディ中央のメカニカルなエンジン部や
両腕にそのまま備わっているタイヤ等から
トランスフォーマーらしさ溢れるスタイルとなっている。

頭部造形は情報量が多く、実写映画版TFに属する
キャラクターという事が伝わってくる様である。



backfire221.jpg

リア

三輪のタイヤの一つである後輪は中央で分割され、
左右の脚に配置されてバランスが良い物となっている。

ほとんど左右対称の体型を作り出しているが、
マフラーとヘッドライトが左脚に位置する事で
アクセントとなっている巧いデザインである。




baIMGP0397.jpg

サイズはスカウトクラス並とやや小さめで、頭部の回転や
手足の基本的な可動に加えて肩が左右に開く為、ポーズ付けに重宝する。

下腕部が短い事が特徴だが、肘は前後左右に曲げる事が可能。
内側には指のモールドも有り、ロボットとしてのイメージアップに役立っている。



eyesIMGP0373.jpg

集光ギミック

後頭部全体に開かれた採光窓により
集光の効果は高く、僅かな光源だけでも
オレンジ色の目は輝いて見える。



machinegunIMGP0469.jpg

ロボット時は武器のCジョイントを
腕部に位置したバンパーにセットして装備する。

実際のアサルトライフルを思わせる造形の武器は、
実写映画版TFの世界観を表現する事に一役買っている。





backfireIMGP0387.jpg

『混雑した路上での戦闘技術を備えたロボットと
市街戦スペシャリストの人間が
コンビを組む事は、当然の成り行きであった。』



bakIMGP0488.jpg

『スパイク・ウィトウィッキーとバックファイアーは完璧なチームである。

彼等は地球で最も騒々しい都市の雑踏の中でも、それを物ともせず、
密かにディセプティコンに接近する事が出来るのだ。』




Transformers BACK FIRE tech spec GP0389

テックスペック

・体力 : 4
・知力 : 8
・速度 : 8
・耐久力: 3
・地位 : 4
・勇気 : 9
・火力 : 4
・技能 : 9





spikeIMGP0442.jpg

  ◆ 名前 : スパイク・ウィトウィッキー

  
  ◆ 所属 : N.E.S.T.






spikeIMGP0426.jpg   witwickyIMGP0438.jpg

スパイク・ウィトウィッキーの名前はG1期に活躍した
少年の物が由来で、往年のファンへのサービスとも受け取れる。

しかしフルフェイスのヘルメットを被り、S.W.A.T.の様な
防護服に身を包んだ姿に従来のスパイクの面影は無い。



spikeIMGP0450.jpg

約6cm高のミニフィギュアながら全身の可動箇所は多く、
肩や股関節が開いたり手首や膝にロールがある事も
ポーズ付けに有用であり、可動面に関しては及第点だ。



spikeMGP0466.jpg

又、実写映画シリーズらしく全身の造形も小サイズながら
リアルな物となっており、ブーツには泥はねを模した
ウェザリングが施されている等、細部への拘りが窺える。





HAspikeIMGP0421.jpg

付属フィギュアはビークルモードのバックファイアーに乗せる事が可能。
これがヒューマンアライアンス・シリーズの本筋と言えよう。

しかしながら、バギーに対して人間フィギュアは
明らかに小さく、サイズが合っていない様に見える。



GIjoe IMGP778458

ヒューマンアライアンスのトイから連想するのは、
TFと同じくハズブロの人気シリーズ『G.I.JOE』である。

HAのビークルの場合、G.I.ジョーのフィギュアでは大き過ぎる様子だ。



micromanMGP0417.jpg

こちらはタカラ時代の『ミクロマン』。

一般的なミクロマンはG.I.ジョーと同様に全高10cmなので、
平成ミクロマンと呼称される8cmのミクロマンを搭乗させてみた。

どうやらこのミクロマンのフィギュアが、
バギーの大きさに対して概ねサイズが合っている様だ。



figreIMGP0463.jpg

各フィギュアの身長

・G.I.ジョー : 9.8cm
・ミクロマン  : 8.0cm
・スパイク   : 5.8cm

身長の差はあれど、これ位のサイズのフィギュアなら
乗せられるので、遊びの幅が広がる事は確かだ。





spikeIMGP0405.jpg

人間と銃を対比すると、TFが如何に巨大であるかが理解出来る。

人間に対し巨大過ぎるイメージがあったバンブルビージャズ等、
以前のヒューマンアライアンスよりも、今回のスカウトクラス位のロボットの方が、
トランスフォーマーと人間の大きさの違いをイメージし易くなった。



backfireIMGP0409.jpg

スパイクの可動を活かしてバックファイアーとの
様々な連携のシーンが生み出せる。

人間のフィギュアが加わる事でTFと人間の関係や
協力体制等、色々と想像を巡らす事が出来る所も
ヒューマンアライアンス・シリーズの面白い面だ。





トランスフォーム!
backfire weponmode




wponMGP0524.jpg

ウェポンモード

ビークル、ロボットモードとは赴きが異なり、
レーザーショットガンを思わせるSF的な武器に変形する。

巨大な銃口にクリアオレンジのパーツが使用され、
エネルギー兵器である事を表現している様だ。



weponMGP0528.jpg

リア

ビークルモードでは目立たなかったエンジンが上部に露出し、
二つのタイヤは後部に折り畳まれている等、各パーツの配置が秀逸。

全体のシルエットは巧く纏めてあり、“”として認識出来るレベルの
スタイルに加え、トリプルチェンジを取り入れたアイディアに感心する。




weponIMGP0535.jpg

ヒューマンアライアンスとして武器モードでも
人間フィギュアを乗せる為のスペースが設けられている。

エンジン後方にフィギュアの足を入れられる空間があり、
バンパーは座席になるという気の利いたアイディアが見事である。



weponIMGP0551.jpg

グリップは5ミリジョイントを採用しており、従来のTFに装備する事が可能。

スカウトクラスサイズのTFが変形し巨大な武器となっている為、
これを手にするTFの方は、ボイジャークラスやリーダークラス等の
ある程度の質量を持つTFでないと、武器の重さに負けて保持出来ないだろう。



backfireIMGP0493.jpg

バックファイアーの戦闘的なフォルムに合わせるが如く、
重火器に変形してしまうアイディアが興味深い。

ロボット単体でも充分楽しめるトイである事に加え、
様々なアイテムとの連動で、より楽しめる物になっている事は評価に値する。




backfireIMGP0499.jpg

2011年のヒューマンアライアンスは、ロボットのサイズが小さくなった事で
変形も簡単になり、手軽に取り扱える事がメリットと言えるだろう。

ロボット、人間フィギュア共に高い精度を誇っており、
各単体でも通用する様なアイテムである事も嬉しい仕様だ。

扱い易さと遊びの幅が広い事が、新しいヒューマンアライアンスの最大の特徴であり、
この様な姿勢は今後のアイテムにも継承していく事を望みたい。







backfireIMGP0555.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ ヒューマンアライアンス・ベーシック DA-23 サンドストーム & デドクリフ上等兵







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
今回のヒューマンアライアンスは、人間フィギュアと絡めて遊びやすくていいですね。
ビークルモードが大きいかなという思いはありましたが、マグネパワーズは違和感なく乗せられるなあ。

このスパイクは何処がスパイクなのかと思ったものですが、G1のデザインそのままだと浮いてしまうし・・・難しいものです。
2011/08/22(月) 01:41:27 | URL | れっど あらあと | [ 編集 ]
ムービー3玩具はこのシリーズとサイバーバースばかり買ってます!
双方合わせて遊ぶとスケール感が崩壊してしまいますが‥(笑)
とにかく遊びやすいサイズがいいですよね。

このセットは、付属フィギュアの名前からしてシリーズのリーダー的存在として遊んでます。
GIジョー風味のミリタリー路線とトランスフォーマーは相性がいいと思いますし、今後もこのラインは継続してほしいですよね。
2011/08/22(月) 20:27:08 | URL | スパズマ | [ 編集 ]
>れっど あらあとさん
小型ビークルは予想以上に楽しめるサイズでしたね、
この位のサイズだと扱い易くて調度良いですねー。

ミクロマンは思いの他フィットしたので、もっぱら乗せる事が多くなりましたw

スパイクの名前が付いたフィギュアが出ただけでも嬉しかったですね、
当時は人間フィギュアなんて無かったのでダイアクロン隊員をスパイクの代わりにしてましたw
2011/08/23(火) 22:45:09 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
>スパズマさん
オモチャって遊び易い事が結構重要ですよね、
新ヒューマンアライアンスやサイバーバースは扱い易いサイズなので私もお気に入りです。

>スケール感
私はマクドナルドハンバーガーオプにスパイクを乗せたりしてるので
スケール感という発想がありませんでしたw(^^;

スパイクの名前は古参のファンにとっては大きいですよね、
バックファイアーも恰好良いと思いましたが、やはりスパイクという
キャラクターに惹かれてしまった事も事実ですねー。

フィギュア付きTFは予想を超えて楽しめたので、これからも新作を期待したいですね。
2011/08/23(火) 23:02:16 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
最近リベンジの上海の戦いをおさらいしたんですが、ビークルモードが現場に向かうNESTが使っていた物に似てるんですね。それだけで購買意欲がわきました。ヒューマンアライアンスベーシックはまだ持っていないので、まずこれにしようと思います。

スパイクはなんだかG.I.ジョーの◯◯バイパーみたいですね。かなりイメージが違いますがスパイクの名前は強力ですよね(笑)。
2011/08/24(水) 22:42:01 | URL | チャックルベリー | [ 編集 ]
>チャックルベリーさん
おおっ!あの冒頭のシーンに出てるヤツですね!
これは気付きませんでした、このバックファイアーは
あのシーンからヒントを得たのかもしれませんね。

コブラソルジャーな人達はいろんなバリエーションがありましたねー、
仰る通りスパイクもコブラ軍団に入れそうな格好です。
私もコブラに就職したかったw

古参のファンにはスパイクの名前は強力でしたね、やっぱり押さえておきたいと思ってしまう。
チップ・チェイスなんてキャラが出たら無条件で入手してしまうでしょうw
2011/08/25(木) 23:08:13 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog