十三非常階段
●TF ダークサイド・ムーン 限定メックテックウェポン サイバチタニウム・プラズマダブルバレット
mechtech wepon cybertitanium plazma bullet IMGP1399987

“金の次は銀”、この極めて単純明快なメーカー側の戦略に
いとも簡単に乗せられて散財を続ける様は正に愚の骨頂。

それは重々承知の上、我々はそれ等のアイテムを求めて
嬉々としてキャンペーン実施店舗に足を運ぶ事となるのである。

配布アイテムを入手する事も又、カタルシスの一環なのだ、
金を落とす事に変わりが無いのであれば、大いに楽しむ事が良策だ。



cybertitanium plazma bullet package

◆ 名前 : サイバチタニウム・プラズマダブルバレット

◆シリーズ: トランスフォーマー ダークサイド・ムーン`

◆ 配布 : 2011年9月3日              `

◆ 価格 : 非売品                 `




plazmaIMGP1286.jpg

フロント

TFダークサイド・ムーンシリーズのDA-07 スキッズ
付属するメックテックウェポンのリペイント。

2011年5月に催されたキャンペーンで配布された
トライタニウム・プラズマダブルバレットに続き、
二度目の限定バージョンとなった。



bulletIMGP1283.jpg

サイド

限定バージョンのメックテックウェポンは、
金銀のメッキ処理が施されて見た目も鮮やかな事が特徴。

メッキ仕様故、日本独自の『メッキテックウェポン』の
名称が与えられており、アイテム自体を分かり易く
説明していると共に語呂も良く、巧いネーミングである。



plazma IMGP1372

リア

グリップは5ミリジョイントの採用で
現行品、従来品の様々なTFに装備出来る。

グリップにはメッキ処理が施されていない為、
メッキ剥げの心配が無い事も遊びに対する配慮と受け取れる。




cybertitanium plazma bullet transform

メックテックウェポンは変形機構を持つ武器で、
プラズマダブルバレットは後部の照準器型のレバーを引くと
銃身部が折り畳まれ、銃本体が前方にシフトして
メッキ処理された二つの銃身が先端にセットされる。

マジックハンドの要領に類似したギアとスプリングによる
ギミックで、レバーを引いている間のみ伸長した状態を維持可能。





doubulebulletIMGP1354.jpg

メッキテックウェポンのプレゼントキャンペーンでは、
金メッキ仕様を『トライタニウム』、銀メッキの物を
サイバチタニウム』の名称を与えて区別している。



cbertitaniumIMGP1322.jpg

サイバチタニウム』とは、記載された設定を考慮すると
惑星サイバトロンの強固な金属を表す名称であり、
トランスフォーマーG2のファイアボットの日本版設定や
トランスフォーマー カーロボットのダンガー等に
サイバチタニウムと同義の『セイバーチタニウム』の記述が見られる。





cybertitanium plazma double bullet MGP1306

2011年9月のTFダークサイド・ムーン新商品の発売に合わせ、
限定メッキテックウェポン プレゼントキャンペーン』と題された
非売品メックテックウェポンの配布キャンペーンが実施された。

今回の配布品は1種類のみで、プラズマダブルバレット
2011年5月の金メッキバージョンに続き再度採用された。



cybertitanium plazma double bullet MGP1310

実施店舗はジョーシン キッズランド、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、
ヤマダ電機の玩具取り扱い店舗で、TFダークサイド・ムーン商品を
税込み合計3000円以上購入するとプレゼントされた。



cybertitanium plazma double bullet MGP1314

このキャンペーンの実施店舗は、いずれも家電量販店であった事が特徴。

トイザらスの様な玩具専門店ではない為か、トランスフォーマーの
玩具販売には力は入れていない様に感じられた。

家電がメインの量販店にとって玩具、特にTFは重要視されていないのだろう。




mekkitekku wepon MGP1345

当方が訪れた店舗は2011年9月発売の新商品は一つも入荷しておらず、
店頭に並んだTFの陳列棚は小スペースで寂しい物であった。

2011年5月に発売されたオプティマス・メックテックトレーラー
センチネルバンブルビーメガトロン、そして最新アイテムは
ショックウェーブという品揃えであり、その他のアイテムは全く無かった。

つまり6月以降の入荷は行われていない有様であった。



cyber IMGP1384

上記のTFはいずれも映画の主要キャラクターであり、
TFファンではなく一般客に合わせたアイテム選定と言える。

映画公開終了も間近のトランスフォーマーに対する店舗の見方は、
新商品など入荷する必要は無いという判断だったのだろう。




plazma IMGP1285

TFファンにとっては映画公開後、益々アイテム数を
増やして行くTFシリーズに期待も膨らむ心境であるが、
一般層にとっては映画が終われば玩具も過去の物と
認識する事が当たり前なのかもしれない。



bllet IMGP1359

当方は数件の店舗を行脚したが、どこも品揃えは
同じ様な物であり、有り体に言えば「売れ残り品」のみが
店頭に陳列されていたに過ぎなかった事が悲しい。

キャンペーンを実施しているにも拘らず、世間の
TFに対する醒めた雰囲気を肌で感じた事は事実である。



mechtechwepon IMGP1370

無論、全ての店舗がこれと同様な訳では無い事は当然だが、
TFシリーズの新作アイテムを確実に入手したいのであれば、
トイザらスの様な玩具専門店かネットショップに頼るしかない
というのが結論と言えるのではないだろうか。





goldsilver IMGP1326

同形のメッキ仕様アイテムなれば、二つ揃えば絵になる事は請け合いだ。

メックテックウェポンは数多くの種類がある為、別タイプを
望む向きもあったであろうが、そこはTFシリーズである、
むしろ同形異色のアイテムの方が良いと思えるから不思議だ。



goldsilverIMGP1331.jpg

2タイプを並べて見ると、メッキ以外のギア等の
成形色は全く同じである事が分かる。

サイバチタニウムVer.は銀メッキの間に見え隠れする
黄土色のパーツがアクセントになっており、
トライタニウムVer.とは印象が異なる面が目新しく映る。



mekki tech wepon IMGP1335

金と銀のメッキ仕様は思いの外、魅力を引き出しており、
配布アイテムに採用した事は正解であったと言えよう。

更に金銀メッキの同形の武器を揃えたいという
ファンの心理を突いた巧い配色も流石である。




cyber titanium IMGP1352

TFをコレクションしていく上で、玩具購入と同時に
配布アイテムが入手出来れば、ファンとしても非常に喜ばしい。

メッキテックウェポンEZコレクション等、様々なアイテムを
配布品に採用する事でファンを楽しませてくれる事には好感が持てる。

しかし需要があるにも拘らず、販売店に商品自体が無い現状は
メーカーの営業力不足である事は間違いなく、改善されるべき問題と言えるだろう。







bulletMGP1392.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ メッキテックウェポン トライタニウム・プラズマダブルバレット `

⇒ メッキテックウェポン トライタニウム・ヒートブレードクロー  `
⇒ メッキテックウェポン トライタニウム・パワーソー       `
⇒ メッキテックウェポン トリサイリウム・トリプルレッキングクロー
⇒ メッキテックウェポン トリサイリウム・プラズマブラスターカノン
⇒ メッキテックウェポン トリサイリウム・ナルレイソード     `


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog