十三非常階段
●ロボットマスターズ  RM-08 ウイングスタン
wingstun MGP1415

TFマシーンウォーズに端を発したジェット機型フリップチェンジャーは、
その完成度の高さから幾度もリペイントが登場してきた。

一発変形、フリーポーザブル、集光ギミック、それら数多くの
ギミックが凝縮されたプレイバリューの高さを持つアイテム故、
何度も同型のTFが世に出されながらも、古めかしいイメージは全く無い。



wingstun IMGP1477  ◆ 名前 : ウイングスタン

  ◆グループ: デストロン

  ◆ 役割 : 監察兵

  ◆ 変形 : ダッソー・ラファールC

 
  ◆シリーズ: ロボットマスターズ

  ◆ 発売 : 2004年7月15日

  ◆ 価格 : 980円




wingstun package

パッケージ




dassault rafale MGP1521

ビークルモード

フランスが独自路線で開発を行った新世代戦闘機。

アメリカのF-16ファイティングファルコンに対抗して
開発されたミラージュ2000を超える性能を有し、
単座仕様のC型はフランス空軍に配備されている。



rafaleIMGP1525.jpg

リア

機首側面のカナード翼や主翼に装備されたミサイル等、
実機のスタイルをリアルに再現する事に成功している。

ウイングスタンは緑色と茶色が絡み合う
ウッドランドパターンの迷彩が施されている。



lafale IMGP1534

三箇所に設置されたランディングギアは収納可能。

ベーシッククラスサイズのTFながら、細かいパーツ構成と
ジェットモードでの遊びも考慮された仕様となっている。




トランスフォーム!
wingstun transform

スプリングの力を利用した一発変形システムを搭載。
機首を下ろすと一瞬でボディが折り畳まれてほぼ変形完了となる。

従来の同型トイは、この変形機構が上手く機能しない場合も多かったが、
ロボットマスターズ版はギアの噛み合いも良く、スプリングの強度も増しており、
スムーズなフリップチェンジアクションが行える様に改善されている。




wingstun IMGP1473

ロボットモード

バイザーとマスクという無機質な顔は、
トランスフォーマーG2』の流れを受け継いでいる。
これは当初はG2の新作トイとして開発されていた為。

胸部にキャノピーが位置し、ウイングを背負った
スタイルはジェットTFらしさが表れたデザインだ。



wingMGP1462.jpg

リア

元々のトイはTF マシーンウォーズ』版の
スカイワープ
サンダークラッカーが初出。

マシーンウォーズ シリーズは海外でのみ販売された為、
日本ではビーストウォーズⅡ』のダージの方が馴染み深い。




wsIMGP1482.jpg

『軍団では年長の部類に属し、エネルギーの管理に務めている。

利き腕(左腕)を活かし、相手を死角から攻撃する事が得意。
合体兵器のアーゼナルフォースを一番上手く使いこなせる。』




TF ROBOT MASTERS RM-08 WINGSTUN Tech Spec 429

テックスペック

・ランク   : 7
・パワー   : 9
・ディフェンス: 6
・スタミナ  : 8
・スピード  : 9




wingMGP1484.jpg

トランスフォーマー史上、明確に左利きと
設定された例は非常に稀な物である。

他に有名な左利きTFは『TF カーロボット』の
ワイルドライドぐらいで、いずれも
日本版キャラクターという共通点がある。




wingstun wepon

エンブッシュヒット

マシーンウォーズ期から、このタイプの同型トイに付属する銃。

別パーツを装着する事でロングバレルのライフル銃に変化する。



wepon IMGP1451

二つに分割したライフルは、脚の裏側のスペースに収納可能。

これは初期ビーストウォーズシリーズのシークレットウェポンの
ギミックをマシーンウォーズにも採用した物で、
リペイントTFにもそのまま受け継がれる形となった。




tridentIMGP1423.jpg

ジャミングトライデント

アーゼナルフォースを構成する武器の一つで、触れた部分が塵と化す。』



tident MGP1518

トランスフォーマーの武器としては希有なタイプの三つ又の槍。

ジャミングトライデントを始めとするアーゼナルフォースに合体する四つの武器は、
ロボットマスターズ専用に造り起こされたオリジナルの武器だ。




eyeIMGP1475.jpg

集光ギミック

顔の半分がバイザー状の目になっており、
後頭部の採光窓も大きく開かれている。

更に黒い頭部にオレンジ色のクリアーパーツを
使用している為、発光の効果は絶大である。




wingstun MGP1437

全身の関節にはボールジョイントが採用されている為ポージングの幅は広く、
元々は1997年に発売されたトイとしては充分な物だ。

唯一残念な点は、首にも可動が備わっている物の
パーツが干渉して僅かしか動かせない事である。





wingstunMGP1435.jpg

当時のロボットマスターズ公式ホームページで
公開されていたイラストストーリーでは、ウイングスタン
エアハンターと共にスタースクリーム直属の部下として登場し、
3人はジェットロンの部隊名が与えられていた。



wingstunMGP1490.jpg

ウイングスタンは年輩との設定が与えられており、
経験を積んできた為に武器の取り扱いに長けている様だ。

しかもテックスペックのパワー数値は9、スタミナは8を
示している等、戦闘面では強力な兵士として設定付けられている。





camofulage 1

ウイングスタンの注目すべき特徴は、
全身に施された迷彩模様のペイントである。

茶色の周りを黄緑と緑で二重に縁取っている細かさも目を見張る。

ジェットモードの機体やロボットの手足に至るまで
塗装されており、主翼は両面共にカモフラージュ塗装が
施されている程のこだわり様で驚くべき物だ。



camofulage 2

同じタイプのジェット機フリップチェンジャーの
エアハンターの価格が780円に設定されている
のに対し、
ウイングスタンは200円高い980円となっている事は、
この塗装箇所の多さが理由かもしれない。




wingstun IMGP1434

ウイングスタンは全身の迷彩模様のペイントにより、
従来の同型TFよりも格段に豪華な印象を受ける。

更にオリジナル武器のトライデントの追加により、
それまでのイメージを払拭した事も注目すべき点である。




eingstun MGP1505

同じ形のTFでも新たなカラーリングを与える事で、
全く異なるイメージを作り出している事は評価に値する。

海外版のリペイントTFは奇抜な配色でイメージを一新する物が多く見られるが、
日本オリジナルTFは正統派のカラーリングが与えられており、
“恰好良い”というロボットトイとして基本的な部分を強調している様に感じる。

双方それぞれに長所は有り、これからもファンが驚く様な
リペイントTFが登場する事を期待している。







dMGP1554.jpg

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ RM-06 エアハンター







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
これで980円!
200円高と言えど高値感は無いですね~。隔世の感がありますね‥
ロボットマスターズのオリジナル武器って、個人的には
ミスマッチな物もあると思ってたのですがコレは自然でいいですね!
長い武器が映えていると思います!
2011/09/08(木) 01:12:06 | URL | スパズマ | [ 編集 ]
>スパズマさん
> これで980円!
同形のBWⅡのダージは750円だったので
2004年当時は値上がりしたなぁ、なんて思った物です。
今、手に取って見ると納得価格なんですけどねw
最近の映画版TFは値上げし過ぎな感はありますねー(^^;

ジェット機TFに三つ又の槍がこんなに似合うと示したのは
ウイングスタンが最初だったかもしれません。
リベンジのテラダイブもトライデントを持つジェットTFでしたねー。
こういう武器は見映えが良くて結構好きです。^^
2011/09/08(木) 23:11:41 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
利き腕が明言されている珍しいトランスフォーマーですね。
格闘技や剣道等では左利きが有利と言われますが、ロボット物全般で左利きって少ないんだよなあ。

写真の光源の使い方、上手いなあ。
トライデントのクリアが綺麗です。

ダージに比べて、武器一つでずいぶん値上がりした感じもありましたが、今のダークサイドムーンのトイの価格に比べると破格の値段だったんだなあと。
2011/09/09(金) 20:21:38 | URL | れっど あらあと | [ 編集 ]
ちょうどこれを先日見かけて手にとったのですが、ケナーファンならマシーンウォーズを先に・・とか全く共感を得られなそうなことを考えて買いませんでした。こんなにカッコいい物だったんですね。
そして僕がその時買って帰ったのはケナーロゴのゴリラコンボイ(笑)。

未だマシーンウォーズのはミラージュしか持っていませんが、開封品だったのとバックカードをよく見ていなかったせいで『ぶ・・武器が付いてない!」と少し慌てました。

サイバージェットと一緒にズラーっと並べてみたいのであれこれ考えずにビーストのとかも見かけたら買おうと思います。

フリップチェンジャーの変形の写真ながら立ち上がる様がカッコいいですね!
2011/09/10(土) 00:25:14 | URL | チャックルベリー | [ 編集 ]
>れっど あらあとさん
ロボットに利き腕があるという発想がTFならではですよね、
海外版ではこういう設定はないのかな? あっちは血液型も気にしない様ですし。

> 写真の光源の使い方、上手いなあ。
 トライデントのクリアが綺麗です。

お褒めの言葉ありがとうございます!
私はフォトショップみたいな画像処理をする技能が無いので
ホントに光らせるしか手が無いと言うか…。もっと写真が上手くなりたいですOrz

最近のTFは映画版に限らず、とんでもなく値上げしてる感はありますね。
ロボットマスターズの頃のTFは、今見てみると納得出来る価格だった気はしますねー。
2011/09/10(土) 18:26:03 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
>チャックルベリーさん
ケナーにこだわる姿勢!その気持ち分かる気がします。
私も中身が同じなのにパッケージがちょこっと違うだけで同じオモチャを買った事がありますからw
自分流のコレクションのやり方ってありますよね、すごく共感しますねー。

このジェット機フリップチェンジャーは日本版もお勧めですよ、
BWⅡもロボットマスターズのも目がよく光って綺麗です。
マシーンウォーズ版が集光ギミックなかったのでBWⅡで出た時に結構感動しました。

G2期に造られたジェットTFはどれも完成度が高いので並べて見たいですね、
リペイントも多いので数を揃えたら壮観でしょうね、私もやってみたいです!
2011/09/10(土) 18:38:37 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog