十三非常階段
●トランスフォーマー クロニクル  EZコレクション 01 バンブル
clonicle bumbule IMGP1603

最小のサイバトロン戦士として描かれたG1期の初代バンブルの小柄な体型は、
基となったトイが当時の最小カテゴリーのミニボットであった為だ。

やはりバンブルというキャラクターには小サイズのトイが似合っており、
このEZコレクション版はジャストサイズと言えよう。

このバンブルは、小ささがそのままメリットになっている好例のアイテムである。



bumble IMGP1641  ◆ 名前 : バンブル

  ◆グループ: サイバトロン

  ◆ 変形 : コンパクトカー

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー クロニクル

  ◆ 発売 : 2011年7月16日

  ◆ 価格 : 500円




Transformers Chronicle EZ Collection 01 package

パッケージ




bumble car IMGP1714

ビークルモード

G1時代はフォルクスワーゲン・ビートルに変形する事で
有名だったバンブルだけに、小型車モチーフは非常にマッチしている。

車体の形状は『変形!ヘンケイ!トランスフォーマー
や『TFユナイテッド』のデラックスクラス版バンブルの
カーモードに類似している特徴を持つ。



bumble car IMGP1716

リア

元々チョロQをモチーフとして造られたミクロチェンジ版が
トランスフォーマーに組み込まれてバンブルとなり、
長い年月を経て当時と同サイズ、同価格で新作トイが
発売された事は、感慨深い巡り合わせと言えるだろう。




トランスフォーム!
TF Chronicle EZ Collection Bumble Transform




EZcollection bumbule MGP1565

ロボットモード

ルーフが胸部に、フロントは足に変形する工程は、
G1期のミニボット版と共通する。

G1バンブルのトイとアニメ設定の雰囲気を
両立したスタイルを持っており、完成度が高い。



EZ bumblebee IMGP1570

リア

海外では2008年12月に『TRANSFORMERS UNIVERSE 2.0』の
レジェンドクラスのカテゴリーで発売された。

クロニクル版は海外版とは手足の配色が異なり、
腕全体が黒に塗装され、膝下は成形色のままの黄色となっている。

これにより海外版の方がアニメ設定に近いカラーリングとなった。



b IMGP1589

日本では当時、『変形!ヘンケイ!トランスフォーマー』の
アイテムに採用された物の、赤くリペイントして『クリフ』に変更された為、
このタイプの型で『バンブル』として発売されるのは今回が初となる。




human alliance IMGP1655

バンブルは人懐こい性格から、地球人のスパイクと親友になり、
行動を共にする事が最も多かったTFである。

思い起こすとG1期のバンブルとスパイクが、
昨今の『ヒューマンアライアンス』の始祖と考える事が出来る。



b IMGP1643

サイバトロンで最も小柄なバンブルはスパイクと共に
街に買い物に出掛けたり、図書館やゲームセンター、空港のロビー等、
あらゆる場所に無理なく入る事が出来る数少ないTFであり、
そのメリットを活かしたスパイ活動も多く見受けられた。



bee IMGP1590

元々G1期にも人気を博したキャラクターであり、
ハリウッド映画では準主役の様なポジションを獲得した
バンブルは、トランスフォーマーシリーズの代表キャラクター
にまで上り詰め、誰もが知る程の人気者となった。




Transformers Chronicle BUMBLE Tech Spec 579

テックスペック

・体力 : 2
・知力 : 8
・速度 : 4
・耐久力: 7
・地位 : 7
・勇気 : 10
・火力 : 1
・技能 : 7



TRANSFORMERS CHRONICLE EZ COLLECTION BUMBLEBEEE Tech Spec 1594

EZコレクションにはキャラクター情報が記載されていない為、
上記のテックスペック数値は、2008年に発売された
TRANSFORMERS UNIVERSE 2.0』の
レジェンドクラス版バンブルビーから引用した。

この数値はG1期の初代ミニボット版バンブルと同じである。





bumble MGP1697

長い歴史を誇るトランスフォーマーでは、
各シリーズ毎のバンブルのキャラクター性も異なっている。

全てG1バンブルから派生した事は当然なのだが、
映画版、アニメイテッド版ではバンブルビーとして位置付けられた
キャラクターは、それぞれ異なる設定が与えられている。

大まかに分類すると、この3名が『バンブルビー』という
キャラクターの代表格と言えるだろう。



bumblebee IMGP1694

変形!ヘンケイ!版やユナイテッド、オルタニティ、
DWやIDWのコミックス版等の多くは、全てG1バンブルを
基本設定にした物であり、“平行世界の別人”だから
バンブルは何十人も居るなどと野暮な事を言ってはいけない。





G1 bumble IMGP1685

G1期の初代バンブルはサイバトロン軍の
マスコット的存在で、メンバー中最も小柄で
戦闘力も無いに等しいと言える物であったが、
それを補って余りある勇気と行動力が取り柄であった。

ユーモアがあり口が達者だが周りを傷付ける様な
言動は無く、むしろ和ませる雰囲気を醸し出していた。




movie bumblebee IMGP1667

ハリウッド映画版バンブルビーはG1バンブルと
同様に人懐こい面を持つ諜報員であり、更には
戦闘面で劣る事は無く、完成された戦士としての
一面も持ち合わせている頼りになる存在として描かれた。

変形モードがコンパクトカーではなく、スタイリッシュな
スポーツカーに変容した事も、それまでのイメージを大きく覆した。




animated bumblebee IMGP1679

アニメイテッド版は上記のバンブル達とは異なり、
自己主張が激しいチームのトラブルメーカーであった。

若年で経験が浅く、落ち着きに欠ける考え無しの
行動が目に付き、周りを騒ぎに巻き込むお調子者といった
イメージのキャラクターに仕上がっていた。





bumblebee IMGP1664

バンブルという名前とイエローのボディカラーという
共通点はある物の、3人のバンブルは各々が個性的に
描かれており、正に三者三様という言葉がよく似合う。

そして3人共、各シリーズで最上位の人気キャラクターと
なっている事からも、バンブルというキャラクターが
如何にファンに愛されているかが伝わってくる様である。




bMGP1626.jpg

映画版、アニメイテッド版のバンブルビーの人気は
やはりG1の初代バンブルの存在があってこそと言えるだろう。

それだけにG1期でのバンブルの活躍は目覚ましく、
多くのファンを魅了した事の証明でもある。

G1バンブルがこの様に新たなトイとしてリメイクされる事は喜ばしく、
今後も新たな魅力あるバンブルがファンの元へ届けられる事を期待している。







bMGP173320.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ トランスフォーマー EZコレクション EG-02 バンブルビー `
⇒ TRANSFORMERS REVEAL THE SHIELD  ゴールドバンブルビー  `
⇒ TRANSFORMERS GENERATIONS サイバートロニアン バンブルビー
⇒ トランスフォーマー ロボットヒーローズ バンブルビー    `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
おお!バンブルそろい踏みですね!

個人的には、こういう戦闘武器を携帯していないバンブル君が
一番好きです!
僕もようやくプリテンダーのバンブルビーを入手しましたが、
妙に顔が凛々しいんですよね(苦笑)。

ゲームセンターでゲームに興じるシーンがアニメでありますが
お気に入りのシーンですね!
2011/09/13(火) 19:25:23 | URL | スパズマ | [ 編集 ]
TFプライム(と言うかポテト)のバンブルが一際異彩を放っていますねw

今や幼稚園くらいの小さいお子さんでも
黄色い車を見ると「あ、バンブルビーだ!」ですからねー。
ホント、世代を超えて愛されていますよね。

よく出かける街中で、実写バンブルことカマロのTF仕様車
(もしくはオーナーさんが自前でオートボットエンブレム付けたか)と
すれ違うんですよねー。信号待ちで止っていると、
歩行者が写メ撮ったりしていて、結構な認知度なんだなーと思います。
2011/09/13(火) 20:43:25 | URL | NT | [ 編集 ]
 バンブル(ビー)大集合が壮観ですね。
 G1バンブルが作った「人間キャラの友達」という筋道は、他のバンブルビーたちのみならずホットロディマス(主に映画)やウィリー、マイ伝ホットロッド、さらには勇者シリーズなんかにも大きな影響を与えたように思えます。
 本人は小柄だけど功績は偉大ですね。
2011/09/13(火) 22:38:17 | URL | Ichi | [ 編集 ]
ユニバース2.0の頃はクリフとしてだったので
この型のバンブルがこんな所で補完出来るのは嬉しいですね
塗装パターンも若干違うのでユニバース2.0版を買った人にも優しい?ですね

マイ伝プライムのデザインも確かG1バンブルのオマージュでしたっけ
アニメでは別にバンブルが居るせいかそれ程似てませんが
アメコミの媒体によってはモロにバンブルっぽく描かれてたりとかw
2011/09/13(火) 22:50:05 | URL | さすりゅ~ | [ 編集 ]
G1バンブルはなごみますね~。
スパイクとニュースパイクさんにあいさつの図が楽しいです。

バンブルならEZコレクションくらいが絡め易くて良さそうです。
シンプルながら十分活き活きとして見える、いい物ですね。
2011/09/15(木) 01:51:58 | URL | チャックルベリー | [ 編集 ]
>スパズマさん
沢山居るバンブルの中でも初代は愛嬌があって良いですね、
このキャラクター性を考えた当時の作家は偉大ですねー。

ゲームセンターのエピソードもバンブルならではですよね、
ゴングやギアーズでは筐体を壊しそうですしw

>プリテンダーバンブル
御入手おめでとうございます!
このバンブルはクリフ顔になっていて面白いです、
間違えたとかは無いと思いますけど何故なんだろう?
私のはジャンクでシェルも無いので羨ましい限りです。
いつの日か私も揃えて見たいです。^^
2011/09/15(木) 18:26:22 | URL | つくも | [ 編集 ]
>NTさん
プライムのトイはこれしかなかったので…。
一応ポテト部やMマークは目立たない様にしたんですが、やっぱり顔が大きいなぁw

バンブルはハリウッド映画で大人に、アニメイテッドで子供に認知された様な気がします。 
昔は私も黄色のワーゲンを見ると「バンブルだ!」と思った物ですw

あのバンブル仕様のモデルではなくても、カマロを乗り回せる豪気な人も居る物なんですねー。
見かけたらやっぱり写真を撮りたくなってしまうかもw
2011/09/15(木) 18:34:03 | URL | つくも | [ 編集 ]
>Ichiさん
小サイズのバンブルを中心に並べて見ました。
発掘だけでエライ時間が掛かってしまいましたw

ロボット生命体と人間のコンビが、TFだけではなく
勇者シリーズにも受け継がれているという発想が素晴らしいですね、
言われて見ると確かにその通りです。

意外な所に影響を与えていたのですねー。
2011/09/15(木) 18:41:47 | URL | つくも | [ 編集 ]
>さすりゅ~さん
今回バンブルがラインナップされた事は素直に嬉しかったです、
人気キャラですし、やはり外せない感はありますね。
ユニバース版とはちょこっと配色を変えている辺りがニクイ演出です。

プライムはアニメではそこそこしか出番がありませんでしたが、
コミックではミニコンの中では主役級の扱いだったので、
やはりバンブルを強く意識していたんでしょうね。
2011/09/15(木) 18:47:25 | URL | つくも | [ 編集 ]
>チャックルベリーさん
G1バンブルはやっぱり可愛らしいイメージがありますねー。
スパイクは二人になったので新旧並べて見ましたw

バンブルは小サイズがキャラクター的にもピッタリですし扱い易くて良いと思います。
写真にも居るちょっと大きいサイバートロニアンな人は、
変形が難しくてメンドイので、ウチではずっとロボットモードのままで居ますw
2011/09/15(木) 18:54:27 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog