十三非常階段
●ミクロマン  003 マグネパワーズ ミクロマン ウォルト
microman walt MGP0896

最小クラスのアクションフィギュアであるミクロマンは、
昭和期に一旦シリーズが終了し、長い歳月が経っていた。

1998年に本家タカラが復活させた新シリーズでは、
10cmであった昭和ミクロマンよりも更に小さい8cmの物が採用され、
新機構として全身各所に磁石を内蔵した事で、
プレイバリューが高い傑作シリーズとなった。



microman walt  IMGP0875
  ◆ 名前 : ミクロマン ウォルト

  ◆グループ: マグネパワーズ 


  ◆シリーズ: 小さな巨人 ミクロマン

  ◆ 発売 : 1998年12月26日

  ◆ 価格 : 500円




microman walt package

パッケージ




microman walt IMGP0863  microman walt IMGP0871

ミクロマン・マグネパワーズは共通のボディが使用されており、
胸部、左手、両足の裏に設置された磁石も同仕様。
カラーリングの変更と新規造形の頭部で差別化している。

水を操る能力を持つウォルトは、ブルー基調のカラーリングである。




microman magnepowers walt IMGP0879

『ウォルトはミクロマンで一番の行動派、
陽気な楽天家という性格のチームのムードメーカーだ。

考えるよりも先に行動してしまう事が多いが、
思いもよらない作戦を立てて仲間を驚かす事もある。』



microman magnepowers walt IMGP0880

『どんな辛い状況でも笑顔を絶やさず、
理想的な未来を信じて疑わない能天気な性格の為、
完璧主義者のエジソンと衝突する事も多い。

反面、戦士としては超一流の腕前を誇る。』





microman magnepowers walt IMGP0960

アニマルメット

『水や炎等の自然の力を利用した技を使う戦士は、
動物の顔を模ったヘルメットを被っている。』


全てのミクロマンがアニマルメットを着用している訳ではなく、
イザムは鋭角なデザイン、アーサーはヘルメットを装着しない。




microman magnepowers IMGP0953

ウォルトは鷲をモチーフにしており、オーディーンはジャガーである為、
開発当初は空と陸のミクロマンと考えられていた可能性がある。

平成ミクロマンの初期設定はアニメ化の際に変更された部分も多く、
ウォルトはブルー、オーディーンはオレンジのボディカラーから連想して、
映像的に分かり易くインパクトがある、水と炎の戦士に変更されたのであろう。



microman walt IMGP0948

ミクロマンの伝統として、頭部は銀メッキ処理が施されている。

これは昭和期のタカラのSFトイ『変身サイボーグ』に於いて
内部メカをメッキパーツとしていた物を後のミクロマンに引き継いだ物だが、
ミクロマンは小サイズの為に頭部全体をメッキ処理する事になった。

ミクロマンは長寿のシリーズとなり、メッキパーツ使用は
全てのミクロマンシリーズで大きな特徴の一つとなっている。





microman magnepowers walt IMGP0927

ミクロマン・マグネパワーズは手足が自在に可動、
首と二の腕にはロールが備えられている。

マグネパワーズ独自の特徴であるマグネットは、
胸部、左手、両足の裏に埋め込まれており、関節可動と
磁力を併用する事で、予想以上のプレイバリューの高さを誇る。



microman magnepowers walt IMGP0885

全身四箇所に設置されたマグネットを駆使すれば、
様々なポージングや遊びの幅が広がる。

背景紙の下には鉄板を敷いてある。
磁力はミクロマンの体を支えるには充分な物なので、
バランスの悪いポーズでも維持する事が出来る。



microman magnepowers walt IMGP0881

通常のフィギュアでは不可能なポーズも
磁石の力により難無くこなしてしまう。

アクションフィギュアにマグネットを
導入したアイディアは画期的であった。




microman magnepowers walt IMGP0902

単に磁石を取り付けたフィギュアではなく、敵のアクロイヤー軍団との
バトルも磁石を利用した遊びが考慮されている。

ミクロマンの足には右足にN極、左足にはS極の物が設置されている。
写真のデモンブルーの胸部にはN極の磁石が埋め込まれている為、
この様にキックを決めているシーンも再現が可能だ。

デモンブルーの足の裏にも磁石が内蔵されており、この写真では
デモンブルーの左足のみが接地してバランスを保っている。



microman magnepowers walt IMGP0917

同様にウォルトの左腕のS極の磁石をデモンブルー胸部のN極と
合わせる事で、パンチアクションもダイナミックな物となる。

こちらの写真はウォルトの左足のみが接地している。
ミクロマントイの重さは軽い為、この様な微妙なバランスを取る事が出来る。





microman walt IMGP0889

ウォーターホイッパー

『水の分子をマグネパワーで吸い寄せ、磁力によって
左腕のマグネアームから鞭の様に繰り出す技。

岩やアクロ戦闘兵を切り裂く力がある。』



microman magnepowers walt IMGP0933

アニメ劇中でのウォルトは、ウォーターホイッパーの他にも
超磁力スピントルネード』や『ストームシャワー』といった
水を利用した数々の技を披露した。

水中では手足の磁力により水を操り水流を作り出す事が可能で、
魚の様に自由自在に猛スピードで泳ぐ事が出来る。



microman magnepowers walt IMGP0922

又、水を操る能力だけではなく、戦闘時には
身軽さを活かした格闘も得意とし、拳法を使って
アクロ兵達を薙ぎ倒す等の多才さも見せている。



microman magnepowers walt IMGP0970

ウォルトはビートローダーエンデバータンク等、
サポートメカに搭乗して活躍する描写も多く見られた。

トイでもミクロマンをマシーンに乗り込ませる事が可能。
これらのサポートメカにはミクロマン用のグリップも備えられており、
ミクロマンフィギュアと別売りアイテムとの連動も充実している。




microman magnepowers walt IMGP0925

マグネパワーズを始め、ミクロマンは頭部以外は同形のタイプが多い為、
トイ的には似た様なイメージとなってしまう事は避けられない。

しかし他アイテムとの連動にはミクロマンの数が必要となる事は間違いなく、
更にアニメ作品による個性的なキャラクター付けにより、
5人のチームとして全て揃えたくなる事は必然である。

チームが一同に集まった時の喜びは、想像に難くないだろう。







mcIMGP0967.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ アミューズメント限定版 ミクロマン ウォルト  `


⇒ 002 マグネパワーズ ミクロマン イザム    `
⇒ 004 マグネパワーズ ミクロマン エジソン   `
⇒ 005 マグネパワーズ ミクロマン オーディーン `

⇒ アミューズメント限定版 ミクロマン エジソン  `
⇒ アミューズメント限定版 ミクロマン オーディーン







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
マグネパワーズでネタが被りましたねw
水を使うキャラクターなのにヘルメットが鳥を模していたのは不思議だったのですが、なるほど陸のオーディーンと対の空のミクロマンだったのでは、というのはなるほどと思わせられました。

磁石を使ったポージングや対決遊びはマグネパワーズならではの楽しさですよね~。

2011/11/13(日) 20:07:21 | URL | すとれーと | [ 編集 ]
鳥の顔なのに、何故、水の戦士?とか、あの頃は不思議に思ったものです。
旧ミクロマンにくらべて、あまり動かないイメージがあったのですが、こうやってみると、よく動くものですね。
当時、「同型なら数個あればいいや」と思い、実は5人揃っていなかったりします。
(スーパーの方は、可動が気に入って全部買ったのですが。)
全部買っておけばよかった。

ビーストウォーズⅡもDVDBOX化されたし、マグネパワーズもDVDBOXにならないかなあ。
2011/11/14(月) 22:40:12 | URL | れっど あらあと | [ 編集 ]
すごい!これはかなり遊べますね!
敵にパンチを放って吹っ飛ぶシーンとかを簡単に作れてしまうなんて。僕は80年代の物しか知りませんが、ミクロマンらしさを失わずにこんな面白いトイに進化していたんですね。
昔のは手なんかも繊細な造形で細い印象でしたが、これはパワフルなアクションに向いていてカッコいいです。触発されてしまいそう(笑)。

子供の頃、エイジというニューミクロマンとバイク可変ロボのセットを持っていてお気に入りでした。それなんかもまた欲しいなあと思ってしまいました。
2011/11/15(火) 01:13:16 | URL | チャックルベリー | [ 編集 ]
>すとれーとさん
ウォルトは水の戦士ですがイーグルのメットが似合ってたので、これで良かったんじゃないかと。
魚のヘルメットのミクロマンだったら、ちょっとカッコ悪そうだしw

マグネパワーズは可動と磁石を使って色々と工夫できるので、遊び甲斐があってイイですよねー。
2011/11/15(火) 22:39:10 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
>れっど あらあとさん
マグネパワーズはスーパーミクロマンの登場で、ちょっと肩身が狭くなった感はありますが、
サポートメカや基地に付属するキースやコナンやシャクネツ等も同じボディなので、
マグネパワーズはこの型でなきゃ、なんて思って集めてました。
同形なのがずらりと並ぶと嬉しいのは、TFのジェットロンと同じで楽しいんですw(←病気)

>DVD-BOX
ミクロマンって半端に4本のみDVD化されてましたからね、
同時期やってたリカちゃんよりもぞんざいな扱いが悲しかったw
BWⅡと同様にボックス化して欲しい作品です。
2011/11/15(火) 22:53:51 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
>チャックルベリーさん
磁石を駆使すると普通では出来ない様なポーズが取れて結構楽しいですよ。^^

平成ミクロマンは、昭和ミクロマンの折れ易かった手首等は改善されている感じで、
多少乱暴に扱っても破損する事は少ないと思います。
2cmも小さくなったのにマグネットを内蔵する事で
遊びの要素は増えていて、よく考えられているトイですねー。

ニューミクロマンのセットをお持ちでしたか、凄い!
昭和ミクロマンも魅力ある物ばかりなんですよね、
そちらも集めたいなぁと思いますが、欲しい物が沢山あり過ぎて困ります(^^;
2011/11/15(火) 23:27:09 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog