十三非常階段
●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン  DA-34 レッドフット
transformers dark side moon leadfoot IMGP1248

ヒーローロボットでありながら中年太りという体型を与えられているレッドフットは、
人間味溢れるトランスフォーマーならではのデザインと言える。

TFアニメイテッド』のラチェットも下腹が出た独特のスタイルであったが、
実写映画のリアルなロボットに、この体型を取り入れて具現化してしまう
映画製作サイドのアイディアには驚くばかりである。

そして映画のイメージを限りなく再現したトイも称賛すべき出来映えである。



leadfoot IMGP1153  ◆ 名前 : レッドフット

  ◆グループ: レッカーズ

  ◆ 役割 : 戦略家

  ◆ 変形 : GMシボレー・インパラ
          NASCAR仕様ストックカー
 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

  ◆ 発売 : 2011年11月17日

  ◆ 価格 : 2600円




deluxe class leadfoot package

パッケージ

デラックスクラス・レッドフットのマーキングが無いバージョンは
日本限定とされている為、パッケージは日本専用の物が作り興されており、
名前やメックテックウェポンの説明文に日本語表記が見られる。




leadfoot NASCAR IMGP1kk7

ビークルモード

NASCAR(ナスカー)とは、National Association for Stock Car Auto Racing の略で、
全米改造自動車競技連盟及び同団体が統轄するレースシリーズである。

ハイテクが排除され、低コスト、イコールコンディションの徹底された絶妙な
規定の元でドライバー、チューナーが腕を競う事が特徴となっている。



leadfoot NASCAR IMGP134447

リア

リア部に搭載された巨大なロケットブースターは、
ニトロバンブルビーのカーモードを彷彿とさせる。

同じくレッカーズトップスピンとは同車種であるにも拘らず、
ビークルバトルモードのデザインが全く異なる所は見事である。




leadfoot NASCAR IMGP1347

車体に装備されている武器類は取り外しも可能、
外してもブースターのシルエットが目を引き、SF的なカーモードに見える。

日本版レッドフットはターゲットのシンボルである二重丸やゼッケン等の
各種マーキングが全て排除された代わりに、ボディの赤い箇所は全て塗装仕様となっている。

これを良しとするか否かは各人の好みである。
マーキングに拘るのであれば、後に発売される海外版を入手すればよい。




トランスフォーム!
leadfoot transform




DOTM leadfoot IMGP1356

変形途中

車体フロントに脚部が、リアには腕部が収納されており、
上下入れ替わる様に変形するという、凝った構造である。

TFダークサイド・ムーンシリーズの中では
変形難度は高めのアイテムと言えるだろう。




DOTM leadfoot IMGP1274

ロボットモード

映画『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』に
登場するTFの中では群を抜いて奇抜なスタイルを持つ。

剥げ頭の髭面で下腹の出た小男といった風貌は、スクリーンでも
異彩を放っていたが、変形トイとして立体化した技術に驚嘆する。



DOTM leadfoot IMGP1276

リア

付属する武器パーツは装着したまま変形可能。
脚のミサイルを始め、背中の武器は腕部のジョイントにも装備出来る。

背中に位置したルーフ部はジグザグに折り畳まれ、
映画版TFとして情報量が多い物となっている。




DOTM leadfoot IMGP1173

『レッドフットは惑星サイバトロンではトップドライバーの一人だった。
彼のスピードへの欲求は、地球で最速の車の一つをスキャンするに至った。

彼がスピードの次に好む物は強力な兵器である!』



leadfoot NASCAR IMGP1988ii

『ビークルモードで数多くの武器を露出している事からも分かる様に、
このオートボットによってもたらされる火力は凄まじい威力だ。

このスタイルは彼に挑戦しようとする愚かなディセプティコン達を
震え上がらせる為に、レッドフットが考案した戦術である。』



DOTM leadfoot IMGP1240

『大食らいのレッドフットはエネルゴンの
乏しい今の状況に満足していない。

ただ、人間が使う「ガソリン」が意外と美味しく、
腹の足しになる事に気が付いて上機嫌だ』




Red foot  Lead Foot GP1205

テックスペック

・体力 : 6
・知力 : 4
・速度 : 9
・耐久力: 7
・地位 : 5
・勇気 : 8
・火力 : 8
・技能 : 5





DOTM deluxe class leadfoot IMGP1279

個性溢れるスタイルを物ともせず、全身の可動は及第点だ。
構造的に腰の回転は無いが、レッドフットには必要ないだろう。

二の腕に配置された長いリアフェンダーがポーズ付けの妨げに
なりそうに見えるが、フェンダーは回転可能な構造の為、
肩に干渉しない様に逃がす事が出来、自在なポージングを可能としている。




leadfoot IMGP1156

集光ギミック

サングラス状のバイザーの面積も広く、
後頭部の窓も大きい為、集光ギミックの効果も上々。

シルバーに塗装された頭部にクリアーブルーがよく映える。




leadfoot wepon IMGP1229

付属武器一式

ガトリングガン1挺、マシンガン2挺、
三連ミサイル2基が付属し、全てカーモードに
装着された状態でパッケージされている。

メックテックウェポンと同規格の5mmジョイントを
採用している為、全身各所のポイントに装備可能。





DOTM leadfoot IMGP1255

デラックスクラス・レッドフットの特徴として、カーモードが
武装を展開した状態のビークルバトルモードである事が挙げられる。

これによりロケットブースターが造形されており、
ロボットモードでは肩に位置する為、フレーム状で華奢なイメージであった
ヒューマンアライアンス版よりも力強さが感じられる。




fat leadfoot IMGP1182

レッドフット最大の特徴である大きく突き出た腹部も、
ヒューマンアライアンス版とは異なる形状となっている。

ヒューマンアライアンス版では二本のタイヤは揃えた形であったが、
デラックス版は斜めの逆ハの字型に収納され、そこにボンネットが覆い被さる事で
“出っ腹”としての一体感が見て取れる見事な変形処理である。



fat leadfoot IMGP1180

胸部と腹部パーツも軸となるボディに密着している事で
肥満体型に説得力があるパーツ配置となっている。

ヒューマンアライアンス版の様にフィギュアを胸部に搭乗させる
必要性が無い為、独自の処理が可能となったのだろう。

同じキャラクターでも全く異なる解釈で立体化されている所が、
ムービーシリーズTFの面白さだと言える。




DOTM leadfoot IMGP1178

脚部にはアクチュエーターやサスペンションの様なスプリングの
モールドも見られ、映画版TFに相応しい非常に細かい造形である。

脇腹も含め、目立たない箇所にも拘る姿勢に好感が持てる。





leadfoot zapjagger IMGP1383

ザップジャガー

『名前の通り敵をギザギザに切り刻む為のノコギリ兵器。
レッドフット製作&命名。』




leadfoot mechtech wepon zapjagger

メックテックウェポンはDA-06 ラチェット
付属するパワーソーのリカラー版。

レバーを引くと収納されていたスピンソーが
回転しながら飛び出すギミックを搭載している。

スピンソー展開状態はレバーを引いている間のみ維持出来る。




leadfoot mech up IMGP1172

メッククアップ

メックテックウェポンを装備し、武装強化する事をメックアップと呼ぶ。
変形可能な大型武器を装備する事で遊びの幅が広がる、玩具らしいギミックだ。

日本版TFダークサイド・ムーン・メックテックシリーズのトイには、
キャラクターカードとウェポンカードの2枚のメックテックカードが付属し、
カードを2枚を重ねる事でメックアップを再現出来る。



DOTM deluxe class leadfoot IMGP1298

メックテックウェポンもキャラクターイメージに
合致したタイプが選択されている事が嬉しい。

ディセプティコンを完膚無きまでに破壊するレッカーズには、
回転ノコギリは非常にマッチしている。



leadfoot NASCAR IMGP1334

無論、ビークルモードでもメックテックウェポンを装備可能。

両側のサイドドア部にもジョイントがある為、他アイテムの
武器を加えて更に武装強化する事が出来、拡張性も高い。





DOTM leadfoot IMGP1231

オートボットの新戦力、遊撃部隊レッカーズの一員として
登場したレッドフットは、ロードバスタートップスピンよりも
印象に残るアクの強いキャラクターであった。

荒くれ者揃いのレッカーズという設定を踏まえても、それを上回る
この特異な体型その物に目が留まる事は必然であろう。



DOTM leadfoot IMGP1261

設定上、最も地位が高く攻撃指揮官の役職を持つロードバスター
レッカーズのリーダーなのだが、映画劇中ではレッドフットの
貫禄ある体型と年配であると思われるキャラクター性から、
レッドフットが親方で若い衆二人を従えているかの様にも見えた。



DOTM deluxe class leadfoot IMGP1189

前評判から期待し過ぎた面があったのかもしれないが、
映画でのレッカーズの活躍は予想に反して少なかったと感じる。

ディセプティコンを容赦無く叩きのめすイメージ通りのシーンもあったが、
最終戦ではやはりオプティマスバンブルビーの前には霞んでしまった。

それでも要所要所には姿を見せて活躍していたので、
三部作の最終章である『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』の中で
新メンバーであったレッカーズは、比較的恵まれた扱いであったのかもしれない。




transformers dark side moon leadfoot IMGP1185

特殊な風貌で強烈な個性を見せるレッドフッドをイメージ通りに再現した、
このデラックスクラス版は非常に完成度が高い。

同クラスのレッカーズの中でも最後発である為か、
変形の奇抜さやスタイルの表現も進化している様に感じる。

また一つ、傑作トイがTFシリーズに加わったと言えよう。







daMGP1376.jpg

◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
今丁度買ってきたこれで遊んでました

個人的にはマーキングの有無よりも塗装剥げの恐れがあるから
全塗装は余り好きではないですね

パワーソー型の武器は限定配布品合わせて日本では4つあるので
ラチェットと二人でダブル丸鋸二刀流(二挺拳銃?)とかやると面白いかも
2011/11/20(日) 21:32:27 | URL | さすりゅ〜 | [ 編集 ]
今月は軍資金も心許ないし、
HA版を持っているからスルー…
するつもりでしたが、やっぱりデラックスもイイですね。
物欲を刺激されましたw
2011/11/20(日) 23:35:45 | URL | NT | [ 編集 ]
先日お店でストライカーオプティマスとサウンドウェーブは買えましたが一緒に欲しかったレッドフットは影も形もなかったので帰ってからネットで購入し待っているところです。

頭はフロントに位置するのにあえて手足が入れ替わり、お腹の下のタイヤは普通に考えると前輪に思えますが実は後輪とか見ているだけでもこんがらがっちゃいました。
塗装も映えて造形が素晴らしいですね。現物を見たことがないので、正直こんなに塗られているとは思いませんでした。ビークルモードもこれはカッコいい!ブースターがある分トップスピンより好みかも知れません。

手は・・土俵入りできるように造形されているようですね(笑)。
2011/11/21(月) 01:18:03 | URL | チャックルベリー | [ 編集 ]
>さすりゅ〜さん
塗装剥げなど気にしない、玩具は遊ぶ物だ。と敢えて言っておこう。

メックテックウェポンはいくつあってもイイですね、
パワーソーは回転ギミックがあるので楽しさ倍増!
2011/11/21(月) 23:06:20 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
>NTさん
金欠な時に限ってTF以外でも散財してしまったりするんですよね、マーフィーの法則w

TFって同キャラでもクラスが違うと全くの別物ですから両方欲しくなりますねー。
私もNTさんの記事を見て買ってしまったオモチャが多々ありますw
2011/11/21(月) 23:19:13 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
>チャックルベリーさん
日本のレッドフットはマーキングが無いんで、皆スルーかなーと
思ってたんですが意外に人気だったのでしょうか?
私は大好きキャラだったので新発売の中では一番の目的でしたがw

仰る通り腹ボンネットの下に後輪なんですよね、手にとって変形させないと
理解し難いですが、この変形はなかなか楽しめますねー。

パッケ写真だと肩と頭部は成形色のままなので、シルバーに塗られていて嬉しかったですね。
特異な姿も相俟ってレッカーズの中ではやはり一番のお気に入りになりましたw

>土俵入り
ツッコミありがとうございますw
ベタですが、このキャラのお約束という事で。
2011/11/21(月) 23:31:55 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog