十三非常階段
●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン サイバーバース CV-14 パワーグライド
Transformers Dark Of The Moon CV-14 Cyberverse Powerglide 2183

単にEZコレクション(レジェンドクラス)を改名した物、又は大型トイの廉価版と
予想されたサイバーバースシリーズは、造り込まれたリアルな造形で
そのイメージを完全に払拭する、優れたトイシリーズである事を証明した。

EZコレクションと同サイズのリージョンクラスのみならず、
一回り大きいコマンダークラスや大型の搭乗用ビークル等も加わり、
基地遊びを含めた玩具同士の連動性も高い、評価に値するシリーズである。



cyberverse powerglide  IMGP2288  ◆ 名前 : パワーグライド

  ◆グループ: オートボット

  ◆ 役割 : 爆撃員

  ◆ 変形 : フェアチャイルド・A-10 サンダーボルトⅡ

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

  ◆ 発売 : 2011年8月13日

  ◆ 価格 : 1280円




DOTM cyberverse powerglide package

パッケージ




CV Powerglide warthog IMGP2260

ビークルモード

アメリカ空軍の近接航空支援専用機であるA-10は、正式な愛称は
サンダーボルトⅡだが、一般には俗称であるウォートホッグと呼ばれる事が多い。

A-10は11ヶ所に及ぶハードポイントに様々な外部武装を装備出来る他、
機首に30mm徹甲弾を使用するGAU-8アベンジャーガトリング砲を搭載している。



CV Powerglide warthog IMGP2264

リア

G1期のパワーグライドと同じモチーフに変形し、
同系統のカラーリングな事も、往年のファンにとっては感慨深い。

G1期のミニボット版と比べるまでもないが、
サイバーバース版は非常にリアルな造形を誇り、
特徴的なエンジンポッドや尾翼等、実機の再現度は高い。




CV Powerglide warthog IMGP2276

サイバーバースは比較的小型のトイではあるが、
造形はリアルに造られており、パワーグライドもジェットモードの
スタイルやコックピット周りのリベット等、細かいモールドが見事だ。

A-10のシンボルとも言える30㎜ガトリング砲も
複数の砲口部のモールドがある拘り様で感心する。



CV Powerglide warthog IMGP2271

主翼下部のハードポイントにはミサイルを装備。
空対地爆撃を任務とするA-10の特徴が巧く表現されている。

ミサイルパーツは主翼と腕部の二箇所のジョイントに
取り付けられている為、簡単には落ちない構造となっている。



CV Powerglide warthog IMGP2273

機体底面には三箇所にランディングギアを搭載している。
これも実機と同様の機首と両主翼下に位置している拘り振りが嬉しい。

一体成型の為、車輪は回転しないが、ランディングギアの収納は可能。




トランスフォーム!
cyberverse powerglide transform




cyberverse powerglide IMGP2192

ロボットモード

G1期にはミニボットの一員として登場した
同名キャラクターを、実写映画シリーズに相応しい姿に
リファインした玩具オリジナルのTFである。

パワーグライドは、サイバーバースでは大きめの
サイズであるコマンダークラスで発売された。



cyberverse powerglide IMGP2198

リア

変形工程やロボットモードでのジェット機パーツの配置等、
G1パワーグライドの意匠を強く残しながらも、
全体的に非常に細かいモールドが施されており、
実写映画シリーズの中にあっても浮いてしまう様な事は無い。



cyberverse powerglide IMGP2202

脚の内部にも細かく造り込まれたメカニカルなパーツが造形され、
実写映画シリーズに属するTFとして説得力がある物となっている。

又、脹脛に位置する分割された尾翼の内側は、パーツの肉抜きまでも
複雑な形状にする事で、情報量を増やす工夫が見られる。




CV Powerglide IMGP2203

『パワーグライドは高い飛行スキルを有する。
敵も味方も彼に一目を置いている。

耐久力、火力は劣るが、誰も捉える事が
出来ない神業飛行で戦い抜いてきた。』



DOTM Powerglide IMGP2205

『パワーグライドの空中で実行する動きを研究する為に、
人間のパイロットは数千マイルも彼と旅路を共にする事となった。

パワーグライドのアクロバティックな飛行技術は、
敵味方を問わず、それを見た全ての者に感銘を与える。』



DOTM Powerglide IMGP2218

『軽装の装甲であるパワーグライドは、ディセプティコンにとって
恰好の標的となるが、彼が生き延びて来た唯一の理由は、
その類稀なる飛行技術を体得しているからである。』




Transformers POWERGLIDE  Tech Spec GP2258

テックスペック

・体力 : 5
・知力 : 6
・速度 : 9
・耐久力: 4
・地位 : 5
・勇気 : 10
・火力 : 3
・技能 : 10





powerglid misilepod IMGP2213

ジェット機モードで両主翼下にマウントされていたミサイルは、
双方にグリップが設けられており手に装備する事も可能。

手持ちの武器が付属している事もコマンダークラスの特徴の一つ。



powerglid misilepod IMGP2209

ミサイルポッド

二つのミサイルには可動軸が備わっており、纏める様に
変形させた後、ジョイントで一つに合体させる。

パワーグライドの手はC型の形状をしている為、
ミサイルポッドのバーを保持する事が可能。




cyberverse powerglideIMGP2246

サイバーバース・コマンダークラスのトイは全高約10cm程で、
スカウトクラスより若干小さめのサイズだ。

それでもスカウトクラスのトイに引けを取らない
情報量が多い造形や可動箇所を備えている事に驚く。



cyberverse powerglideIMGP2230

パワーグライドは肩、股関節、膝がボールジョイント、
肘、手首、足首に可動軸が備わっており、ポージングも自在。

腕に位置した主翼は任意の方向に回転可能。

首は回転しない物の、変形に使用する可動を使い、
狭い範囲ながら上下に向きを変える事が出来る。





cyberverse powerglide IMGP2227

パワーグライドはオートボットの中では貴重な航空戦力だ。
この点はG1版も実写映画版も同様の設定である。

タカラトミー・トランスフォーマー公式サイトの
キャラクター相関図
でも、スカイハンマー
指揮官とした航空部隊の一員に数えられている。



cyberverse powerglideIMGP2235

実写映画では三作共に、G1以来のTFシリーズの伝統である、
陸のオートボット、空のディセプティコンという構図を
終始貫いていた為、オートボットの航空機TFは登場していない。

TFリベンジ』のジェットファイアーも元ディセプティコンであった。



cyberverse powerglideIMGP2243

それ故にオートボットで唯一、空を自在に飛ぶ能力を有した
ジェットウイング オプティマスプライムが引き立つのだが、
トイオリジナル航空機TFの映像での活躍も見てみたかった気もする。




cyberverse powerglideIMGP2253

パワーグライドはサイバーバースシリーズのオリジナルキャラクターとして
発売された為、シリーズ中でも目立つ存在であった事は間違いない。

オプティマスバンブルビー等、既存のキャラクターのみであったなら、
サイバーバースは“基地遊びが出来る縮小版”程度に捉えられていたかもしれない。

シリーズ独自のキャラクターであり、加えて高い完成度を誇るパワーグライドにより、
サイバーバースシリーズに一目置く様になったファンも多いのではないだろうか。

その意味でもパワーグライドサイバーバース
組み込まれた意義は大きかったと言えるだろう。







cvIMGP2292.jpg

⇒ ◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
ディテールがすごいですね。ビークルはどこから見てもロボットの露出がなく素晴らしいと思いました。A-10は息の長い航空機ですがカッコいいです。
ロボット時に特徴的な襟のような部分もあるとなおパワーグライドらしくて良かったでしょうね。
合体させた武器がまた派手でいいですねー。ハチェットのも不可思議な合体仕様になっていましたが・・。他のコマンダーもみんなそうなのですか?
公式サイトの相関図は初めて知りました。こういうのも物欲に影響しますよね(笑)。


2011/12/08(木) 01:40:07 | URL | チャックルベリー | [ 編集 ]
>チャックルベリーさん
このサイズでこれだけリアルなのには驚きました。
今までのA-10に変形するTFの中では最もディティールが細かいと思います。

そう言えばA-10って現役機なんですよね、ホント息が長い機体ですよね。
私はエリア88を思い出してしまいますw

サイバーバース・コマンダークラスの武器は、全てではありませんが、
合体や連結出来る物が多いですね、この辺りは拘りが感じられます。
遊べる要素が盛り込まれているのは嬉しいですねー。^^

私もTF相関図を見てると物欲が沸々と…w
メインのメックテックシリーズとサイバーバースも一緒に属している
世界観が巧いですね、両方のシリーズを集めたくなります。
2011/12/08(木) 18:53:59 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog