十三非常階段
●トランスフォーマー クロニクル  EZコレクション 01 メガトロン(MOVIE)
transformers chronicle EZ collection movie megatron MGP2765

同形の型でカラーのみ異なるアイテムに魅力を感じるか否か、
この疑問の答えは意見の分かれる所であろう。

リペイントが常套手段として定着しているトランスフォーマーは、
シリーズ創成期からこの手法が取り入れられ、現在に至っている。

“色が違うだけなら欲しくない”と考える事は至って真っ当な思考である。

“同じ形だからこそ別カラーが欲しい”と感じる様になったら、
最早抜け出せないほど深みに嵌っている証拠だ。



transformers chronicle EZ collection movie megatron IMGP2822  ◆ 名前 : メガトロン(MOVIE)

  ◆グループ: ディセプティコン

  ◆ 変形 : エイリアンタンク

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー クロニクル

  ◆ 発売 : 2011年7月16日

  ◆ 価格 : 500円




Transformers Chronicle EZ Collection 01 package

パッケージ




chronicle EZ collection movie megatron IMGP2795

ビークルモード

尖ったエッジが多用されたメガトロンのタンクモードを
EZコレクションでも遺憾無く再現している。

四つのクローラーには全て車輪が備えられており
転がし走行が可能で、戦車形態でのプレイバリューも高い。



chronicle EZ collection movie megatron IMGP2797

リア

戦車のボディやクローラーの駆動輪は塗装が施され、
完成度を高めている物の、最も目立つ砲塔や
クローラーの履板が成形色のままな為、
少々チープ感漂う仕様に見えてしまう所が惜しい。




chronicle EZ collection movie megatron IMGP2805

変形後、肩になるボールジョイントの可動を利用し、
砲塔は上方に向ける事が可能。

ジョイントの基部は二箇所で固定されている為、
砲塔を旋回させる事は出来ない。



chronicle EZ collection movie megatron tank face IMGP114809

メガトロンはタンクモードでも顔が露出している事が特徴。

これはリーダークラスやボイジャークラスも同様で、
最小クラスのEZコレクションにまで、この特徴を再現した事に驚く。

更にロボットモードとは異なる専用の顔が造られている事に加え、
極小サイズのモールドにも拘らず顔に見える事が秀逸。




トランスフォーム!
TF chronicle EZ movie megatron transform




chronicle EZ collection movie megatron IMGP2738

ロボットモード

腕部はグレー、脚部はカーキの成形色、戦車の外装と
顔はカッパーに、ボディはガンメタルで塗装されている。

ダーク系のカラーが多用されており、
兵器という側面が強調された軍事的なイメージ。



chronicle EZ collection movie megatron IMGP2743

リア

EZコレクション・メガトロンは多くの
リペイントアイテムが存在するが、
このクロニクル版はその中で最も奇異な配色だ。

ダーク調のカラーで纏められてはいる物の、
些か統一感に欠ける事は否めない。




TF chronicle EZ collection movie megatron IMGP2794

クロニクル版EZコレクション・メガトロンも2011年夏に
公開された映画『TF ダークサイド・ムーン』に
合わせて発売されたアイテムの一つだ。

2011年7月はTFダークサイド・ムーンのトイが解禁された
同年5月に匹敵する程、大量の商品が投入されていた。



TF chronicle EZ collection movie megatron IMGP2789

2011年7月は『TF クロニクル』と『EZコレクションリアル』の
2タイプのEZコレクションに加え、新シリーズ『サイバーバース』も発売され、
トランスフォーマーの小サイズトイが目白押しとなった月でもあった。



TF chronicle EZ collection movie megatron IMGP2792

EZコレクションリアル』と合わせると、この映画版メガトロンは
ほぼ同時に3タイプ発売された事になり、カラー以外は同仕様で
同一キャラクターのアイテムが一気に発売された事は驚きであった。

しかし3体は全く異なる印象を持つカラーリングである事は評価出来る。





EZコレクション・メガトロン比較◆
EZ collection megatron variant IMGP2876

フロント

EZコレクション・メガトロンは数々のリペイントが登場している。

2011年に一気に3タイプ追加された事で、日本では
合計5タイプのEZコレクション・メガトロンが登場した事になる。



EZ collection megatron variant IMGP2879

リア

・2009年. EZコレクション    : メガトロン           `
・2009年. EZコレクションVol.2 : メガトロン・ダメージVer.    `
・2011年. TF クロニクル   : メガトロン(MOVIE)      `
・2011年. EZコレクションリアル : メガトロン・リアルカラーVer.  `
・2011年. EZコレクションリアル : メガトロン・メタリックカラーVer.




EZ collection megatron variant IMGP2873

ビークルモード

海外では2010年にKマート限定で発売されたレジェンドクラス5体セット
THE VICTORY OF THE FALLEN』のリペイント版メガトロンが存在し、
日本版と合わせると合計6タイプのカラーバリエーションとなる。





TF chronicle EZ collection movie megatron IMGP2833

5体の中で群を抜いて奇抜なカラーリングを誇るのは、
TFクロニクル版のメガトロンだ。

他とは全く異なる配色は目を引き、個性的である。

メガトロンらしさから離れてはいる物の、
イメージを一新した大胆さは貴重な存在と言える。




EZ collection megatron battle damage ver IMGP2837

同形、同サイズ、同価格でありながら、
最も豪華な印象が感じられるのはダメージVer.であろう。

腕部以外はほぼ全面塗装となっており、傷を再現した
シルバーの汚し塗装も全身に施されている。




EZ collection megatron  IMGP2840

映画劇中のメガトロンのイメージを余す所無く再現している物は、
最初期に登場したノーマルのメガトロンである。

数々のリペイントバージョンを物ともせず、
メガトロンらしさ溢れるカラーリングは他の追随を許さない。




chronicle EZ collection movie megatron IMGP2848

同形トイ故に整列させると様になる。
加えて同形異色だからこそ可能となる、統一感とカラーリングの妙が味わえる。

高額アイテムにも同形異色TFは多数存在するが、
EZコレクションであれば気負う事無く、手軽に収集出来るメリットもある。




EZ collection megatron variant IMGP2853

単なる色変えアイテムと一笑に付す事は簡単である。

一つ一つのリペイントに込められたテーマや拘りを理解し、
自らも楽しむ事が出来れば、これ以上の事は無い。

同形異色アイテムを収集する事に魅入られた者は、
既に後戻りは出来ない深淵まで入り込んでいると言えよう。

そして入手する度に充足感を得るという、中毒症状も持ち合わせている。







mgaMGP2865.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ EZコレクションリアル メガトロン・リアルカラーVer.  `
⇒ EZコレクションリアル メガトロン・メタリックカラーVer.
⇒ ロボットヒーローズ メガトロン             `

⇒ TFムービー 2007 EZコレクション メガトロン     `
⇒ ベーシックシリーズ メガトロン             `
⇒ バーガーキング キッズミールトイ メガトロン      `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
僕もダメージバージョンに一票!
すみません、ズラリと並んだメガトロンにウケてしまいました(笑)
リアルカラーバージョンは最早便宜上付けたとしか思えない呼称ですね!
つくもさんのメガトロン愛と、コレクターの執念を見た気がします(笑)
2011/12/18(日) 19:39:47 | URL | スパズマ | [ 編集 ]
自分のブログでEZメガ様をネタ要員にしている身なので、
ズラッと並んだ画は実に壮観…
いや、スパズマさん同様なぜかウケてしまいましたw

単品で見るよりも違いが鮮明に分かり、
それぞれの魅力が増していますね。

年末の大掃除ついでにウチのメガ様も
ホコリとか払ってあげない…なんて思いましたw
2011/12/18(日) 23:09:10 | URL | NT | [ 編集 ]
>スパズマさん
ダメージバージョンは改めて見るとカッコイイですよね、
私もお気に入り、というか全種好きです(笑)

ズラリのメガトロン、楽しんで頂けて嬉しいです!
EZメガトロンを並べて写真撮るのには意外と手間取りました。
安定性がいま一つなのでドミノの様にパタパタと倒れまくりで…。

>メガトロン愛、コレクターの執念
そう言って頂けると本望です、ありがとうございますw
コレクターと言えど、発売される物を全て義務的に買っている訳ではないので、
こうして並べてみると自分はメガトロンが好きなんだなぁ、と再認識しました。
2011/12/19(月) 23:00:33 | URL | つくも | [ 編集 ]
>NTさん
NTさんの愉快なメガ様はいつも楽しみにしております。
ネタの幅の広さに毎回、驚かされますよー。

同形トイは並べてみたくなりますね、仰る通り違いがよく分かって
益々好きになってしまいます。
こんな隠れポイントがあったのか、とか発見してしまったりw

好きなトイって、しまわずにいつも手元に置いてしまいますよね、
埃が被ってしまう事、よく分かりますw
…ウチも大掃除しなきゃ…というかオモチャが片付かない…(^^;
2011/12/19(月) 23:12:00 | URL | つくも | [ 編集 ]
3連続メガトロンにしてこれはすごい壮観!
同型異色ということで、逆に記事を作成するのも困難だと思いますが、それぞれきちっと読み応えがあるのがさすがすぎます。
ついに「非常に参考になる比較」が炸裂しましたね(笑)。

最後から2番目の写真の奥にいる一作目メガトロンは・・なんですか?

2011/12/20(火) 23:06:34 | URL | チャックルベリー | [ 編集 ]
>チャックルベリーさん
同形トイ三連続の記事を読んで頂きありがとうございます!
「それぞれきちっと読み応えがある」と言って貰えて大変嬉しいです!励みになりますよー。^▽^
基本的に同じトイなので内容が被らない様に留意しました。

メガトロン比較は参考になれば幸いです。

>最後から2番目の…
これは2007年にすばる堂から発売された第一作目のEZコレクション・メガトロンです。
ちゃんとエイリアンジェットに変形可能ですよ。
今回はEZメガトロン勢揃いだったので、初代も最後に並べてみました。
2011/12/21(水) 23:07:38 | URL | つくも | [ 編集 ]
あくまで推測に過ぎませんが、
DOTM版メガトロンか、G1メガトロン玩具版をイメージしたカラーというのは考えられないでしょうか?

発売がDOTM公開直近でしたし、クロニクルでは破壊大帝セットも出ていましたからクロニクル版リベンジメガトロンにそのような意図があってもおかしくはないかと思うのです
2016/06/28(火) 02:08:27 | URL | EX | [ 編集 ]
>EXさん
当方も検証した上で記事にしていますので、
EZクロニクル・メガトロンのカラーはG1メガトロンともダークサイドムーン版とも
似ていないというか…、これ等を基にしているとは断言出来ないレベルですね。

強いて挙げるなら、クロニクル・破壊大帝セットのボイジャークラス・DOTMメガトロンの
ダークブラウンのカラーが近い雰囲気はあるかもしれませんね。
2016/06/28(火) 23:20:33 | URL | つくも | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog