十三非常階段
●トランスフォーマー コレクターズエディション  67 オライオンパックス
Imgp9869.jpg

何故コンボイの若りし頃の名が何ら関連のなさげなオライオンパックスなのか?
その疑問はコンボイの海外名がオプティマスプライムと知り得た時、納得出来た物でした。

ここ数年来、ハリウッド映画に合わせオプティマスの名を浸透させる試みがなされ、
TFアニメイテッドでも海外名を使用する事で統一しました。

然れど日本のTFファンには昔も今もこれからも、
馴染みのある呼び名はコンボイである事に変わりはありません。



olion face7742  ◆ 名前 : オライオンパックス

  ◆グループ: サイバトロン

  ◆ 役割 : 貨物搬送員

  ◆ 変形 : 輸送車両

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー コレクターズエディション

  ◆ 発売 : 2005年9月下旬

  ◆ 価格 : 3800円




olionpacks package

パッケージ

トランスフォーマーコレクション『20 フューチャーサイバトロン』セットのリペイント版。
ウィーリーのリペイント品ダイオンとセットで発売。 e-HOBBY限定




Imgp9798.jpg

ビークルモード

チャーと同様のピックアップトラックに変形。
e-HOBBYのホームページ上では輸送車両と明記されている。

コンボイはトレーラートラックに変形する事で有名。
未来的なトラックに変形するチャーの型は、若い頃のコンボイも
トラックに変形していたとイメージを膨らませる事に一役買っている。



Imgp9804.jpg

リア

前輪のタイヤはゴム製、後輪はメタル製となっており、
1986年のアメリカ初期版を再現したTFコレクション版チャーと同仕様。

赤く塗られたフロント部は全てダイキャスト製だが、然程重量感は無い。



Imgp9810.jpg

サイド

荷台部にはターゲットマスターウェポンを装備可能。

銃はルーフがある為前方に向けられないので、
後方に向けてセットする方が決まりが良い。




トランスフォーム!
olion transform4




Imgp0118.jpg

ロボットモード

赤、青、白のアニメ版コンボイと同系列の配色。
カラーリングの妙でコンボイのイメージを投影する事に成功しているが
チャーの顔のインパクトが強く、若者のオライオンに見えない所が惜しい。

胸部にコックピットが位置する辺りはアニメのオライオンパックスと同じ。



Imgp9921.jpg

リア

『オライオンパックスは900万年前のセイバートロン星の黄金期に
エネルギーの管理作業に従事していた労働者ロボットで、
並外れた強い意思と実行力の持ち主。

メガトロンに瀕死の重傷を負わされるが、長老アルファートリンの手で
再生され、サイバトロン総司令官コンボイに生まれ変わる。』




Transformers G1 ORION PAX Tech Spec 0135

テックスペック

・体力 : 8 `
・知力 : 8 `
・速度 : 6 `
・耐久力: 7 `
・地位 : N/A
・勇気 : 10 `
・火力 : N/A
・技能 : 9 `




Imgp0128.jpg

武器はレーザー銃

劇中のオライオンは民間ロボットなので、もちろん武器は持っていない。

空を飛べる新型のロボットであり、大量のエネルギーを保有するメガトロン
崇拝していたが、本性を現したメガトロンに成す術も無く一撃の下に倒される。




Imgp0126.jpg

『オライオンの身体は独立行動可能な二つのユニットで構成され、
本体のオライオンと作業ドロイド・ローラーに分離する事が出来る。』


TFコレクションのチャー&ウィーリーがリペイントされ、
オライオンパックスとダイオンとして発売されるとアナウンスされた時、
ターゲットマスターはどのキャラになるのか?と思案を巡らせたが、
まさかローラーを持ってくるとは予想外だった。





roller face 231  


  ◆ 名前 : ローラー

  ◆グループ: サイバトロン

  ◆ 変形 : トーチガン(熱線銃)







roller roboto

チャーのパートナー、ターゲットマスター・リコイルとは
グレーと黒の配色が逆転している。

初代コンボイに付属するバギー装甲車のローラーは最も一般的な物は紫色だが、
初期版のグレー成形色のローラーを再現したシルバーに塗装された復刻版等もある為、
このターゲットマスターローラーはグレーローラーを意識した物なのかもしれない。



Imgp0013.jpg

『ローラーは半自立型ロボット生命体でトーチに変形する。』


e-HOBBYホームページの詳細設定では『電磁リフトハンドルに変形するバレルローラー。』
となっており、ロボットと変形後の名称が商品のキャラクターカードと異なる。





Imgp0133.jpg

ドリームウェイブのTFコミック『ウォー・ウィズィン』では、
コンボイになる前の姿は労働者オライオンパックスではなく、
オプトロニクスという名前の記録員だった。



Imgp0138.jpg

ウォー・ウィズィンでは数百万年前のセイバートロン星に
既にベテラン戦士のグリムロックが居たり、
評議会のメンバーがマトリクスを授ける等、
一般に知られているアニメ版とは大きく設定が事なる。

一つの作品としては非常に面白くお勧めなのだが、
やはりコンボイの前身はオライオンパックスの方が馴染みがある。




Imgp0141.jpg

セット内容

3体のロボットがパッケージされている為、お得感がある。

ローラーは無理矢理な感が否めないが、オライオンとダイオンは少なからず
縁のある関係なので、チャー&ウィーリーよりは説得力のあるセットとなった。





コンボイとの比較◆
Imgp0156222.jpg
Imgp0160.jpg

初代コンボイのトイはアニメでの青いパーツは紫色なので、
G2期のブルー成形色のコンボイなら似ていたかもしれない。




Imgp0168.jpg

ローラーをローラーにセット

径が少し大きめで緩いので保持出来る程度。



Imgp0166.jpg

トレーラーをオライオンにセット

この状態でも走らせる事は出来るが、
ピンが数ミリ引っ掛かっているだけなのですぐに外れる。 

トレーラーを牽引させるのは流石に無理があった。




Mgp0070.jpg

単なるリペイント品に見えるオライオンも、G1に思い入れのあるファンならば
待ち望んでいたアイテムと言うべき物で、
姿は掛け離れていても商品化された事に意味がありました。

数あるG1コンボイのトイの中で一際異彩を放つオライオンパックス。
ダイオン共々異端なイメージですが、
正にコレクターズアイテムと呼ぶに相応しいトイです。






Imgp0185.jpg

◆参考にならない比較◆





⇒ TFクロニクル EZコレクション コンボイ(G1)       `
⇒ トランスフォーマー EZコレクションガム 1 コンボイ      `
⇒ 限定EZコレクション コンボイ アニバーサリークリアVer.     `
⇒ MEGA SCF 01 コンボイ TVバージョン           `
⇒ ロボットヒーローズ オプティマス・プライム            `
⇒ クレオ トランスフォーマー ベーシック オプティマスプライム   `
⇒ TFユナイテッド UN-01 オプティマスプライム サイバトロンモード

⇒ 限定クリアマイクロン シルバーローラー              `


⇒ TFコレクターズエディション 67 ダイオン            `


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
サイレンビルダー改めロードローバーです。
これからも宜しくお願いします。

せめて顔を新規造形にすれば。と思います
フューチャートラックに変形するというのを
利用しているのはうまいです
チャーの方が情報量少ないですね
(2010だから後期開発分なのに)
2010/03/27(土) 18:49:04 | URL | ロードローバー | [ 編集 ]
>ロードローバーさん
復活おめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いします!

> せめて顔を新規造形にすれば。と思います
BOTCONじゃ頭部は新造するのに本家のメーカーはやった事が無いですよね。
顔さえ隠せば何となくオライオンに見える物を…。
それを言ったらダイオンなんてどこを取ってもウィーリーにしか見えませんねぇ。
このアイテムは半分ギャグとして受け入れる物なのかも。
2010/03/27(土) 22:26:26 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog