十三非常階段
●TRANSFORMERS MOVIE  レジェンドクラス リーコンバリケード
Legends Class Recon Barricade IMGP4826

ハリウッド実写映画版トランスフォーマー・シリーズを振り返ると、
日本国内で発売されたトイに比べ、海外では数え切れない程の
映画版TFアイテムが世に送り出され、驚きを与えてくれた。

流通やネット環境が整った現代に於いては、海外限定アイテムを
入手する事は、80年代~90年代に比べれば極めて容易な事となった。

入手手段は多種多様となったが、気に入ったアイテムを
手に取る事が出来る喜びは、いつの時代も変わる事はない。



Legend Class Recon Barricade IMGP4782
  ◆ 名前 : リーコンバリケード

  ◆グループ: ディセプティコン 

  ◆ 変形 : フォード・ サリーン S281マスタング
         ポリスクルーザー

  ◆シリーズ: 映画 トランスフォーマー

  ◆ 発売 : 2007年12月

  ◆ 価格 : 日本未発売




legend cliffjumper  recon barricade package

パッケージ

2体がロボットモードでパッケージされた、対決セットのスタイルを採用している。
ヨーロッパ圏や一部を除いたアジア地域では、単体版も発売された。




Recon Barricade Police car IMGP4738

ビークルモード

レジェンドクラス・リーコンバリケードは、
デラックスクラスの同名アイテムのカラーを踏襲した物である。

白と黒のポリスカー仕様から、ブルーとシルバーのボディに
変更され、イメージを一新する事に成功している。



Recon Barricade Police car IMGP4743

サイド

デラックスクラス・リーコンバリケードと同様に、
サイドドアにはディセプティコンのエンブレムが印刷されている。

レジェンドクラス版では小サイズ故か、デラックスクラスには印刷されていた
SECURITY』の文字が無くなり簡略化されている。



Recon Barricade Police car IMGP4741

リア

デラックスクラスではパトランプは青一色で、ポリスカーではなく
市井の“警備車両”というモチーフであった。

レジェンド版は赤と青の警察仕様のパトランプに変更されており、
SECURITYの文字も無い為、ポリスカーと解釈する事も出来る。

海外に於いては、青いパトカーも存在するので問題ないだろう。




トランスフォーム!
Legend Class Recon Barricade transform




EZ collection Recon Barricade IMGP4773

ロボットモード

膝に角度が付いた前傾姿勢のスタイルと、
モンスター的な長い腕部も忠実に再現している。

配色は大幅に変更された物の、バリケード
不気味なイメージは損なわれておらず好印象だ。



EZ collection Recon Barricade IMGP4780

リア

映画版TFのレジェンドクラス第一弾のラインナップの中で、
バリケードは特に出来が良かったトイだけに、リカラーとなっても
優れた造形や可動の優秀さは目に留まる側面である。




EZ collection IMGP4788

バリケードフレンジーは、常に攻撃の先導役である。

地元の警備車両に偽装したバリケードは、
ダムに蓄えられた数百万ガロンの水による破壊力と
ダム構造の脆弱性を熱心に見据えている。』



TRANSFORMERS MOVIE ALLSPARL BATTLES Legends Class RECON BARRICADE 808

『たった一発のミサイルにより、ダムの決壊は今までに見た事も無い様な
大破壊を引き起こすかも知れないと、彼は考えている。』


※上記の設定はデラックス版の物を引用した為、警備車両とされている。




TF Movie Legends Class Recon Barricade GP4811

テックスペック

・体力 : 8
・知力 : 5
・速度 : 8
・耐久力: 6
・地位 : 5
・勇気 : 5
・火力 : 5
・技能 : 4




Recon Barricade IMGP4795

デラックスクラス・リーコンバリケードはグレー成形色が主体で、
車体外装はグレーパーツの上にブルーで塗装が施されていた。

レジェンドクラス版は、これが逆転しており、
ブルー成形色のパーツにシルバーでペイントされている。



Recon Barricade IMGP4806

デラックスクラス版はグレー成形色主体であった為、
少々安っぽいイメージを感じさせる事は否めなかった。

その点、レジェンド版は配色もグレーからシルバーに変更し
塗装処理にした事で、陳腐な印象を払拭する事に成功している。





EZコレクション・バリケードとの比較◆
Legends Class Barricade IMGP4839

ロボットモード

ブラック基調のノーマル版バリケードから
ブルー主体のボディカラーとなり、イメージチェンジを果たした。

リーコンバリケードは顔の彩色は色数が減った物の、
ノーマル版と同様に黒く、赤い瞳により悪役らしさが存分に表れている。



Legends Class Barricade IMGP4841

リア

彩色パターンは大幅に変更され、別キャラクターの様にも見える。

デラックスクラスのバリケードは胸部からフレンジーを射出するトイだった為、
リーコンバリケードはG1サウンドウェーブをイメージしたカラーリングが採用された模様。




Movie Barricade Police car IMGP4744TF Movie Barricade Police car GP4745

ビークルモード

カーモードでの塗り分けも全く異なり、
リーコンバリケードの方が彩色箇所が増えている事が見て取れる。

ボンネットのディセプティコンマークも大きい物に変更され、
タンポ印刷も全て新規の物に作り直されている事が分かる。





Transformers Legend Class VS set IMGP4757

オールスパーク・バトルズ』のタイトルが冠された
レジェンドクラス2パックは、オートボットとディセプティコンが
1体ずつ封入された対決セットとなっている。

バックカードの裏面には2人のキャラクターが関連した
新規の設定が掲載されており、ストーリー面でも楽しませてくれる。



Transformers Legend Class VS set IMGP4850

『オールスパークを巡る長い戦いの中で、クリフジャンパー
悪事を働くバリケードと同じ位打算的な為、彼に対抗出来る
オートボットの一人だと常に目されている。

これはクリフジャンパーがディセプティコンを叩きのめす事に決して躊躇せず、
その事に心血を注いでいるメンバーだからである。』



Transformers Legends Class IMGP4867

バリケードは、特にこの小柄なオートボットの振る舞いに不満を抱いており、
戦闘でクリフジャンパーを打ち負かす事が出来ると確信している。

しかしこのオートボットが彼に浴びせる、どの侮辱に対しても
巧く言い返す言葉がバリケードには思い付かない。』




Legends Class Recon Barricade  IMGP4832

バリケードもクリフジャンパーも共に好戦的で
非常に短気な性格な為、似た物同士のTFと言えよう。

その二人を対決セットにしてしまう辺り、開発者の
気の利いたユーモアのセンスと拘りが感じられる。




Legends Class Recon Barricade IMGP4819

デラックスクラスのトイで発売されたリカラーを
廉価版トイであるレジェンドクラスでも採用した事は、
商魂逞しい資本主義らしさが表れている。

しかし手軽にキャラクター数を増やせる事に加え、
リーズナブルにコレクションを充実させるという
メリットが増えたとも言えるだろう。

全てを収集する必要は無く、自分の感性に
従ってコレクションを増やしていけば良いのだ。







barIMGP4749.jpg

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ EZコレクション バリケード   `
⇒ MD-02 ディセプティコン バリケード
⇒ TLK-02 バリケード        `



⇒ レジェンドクラス クリフジャンパー







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
おお‥これは正に「リカラーの対決」!(笑)
この型は同シリーズのなかでも突出して出来がよかったですね~。
オプティマスとか、結構凄い事になってましたよねw

>G1サウンドウェーブをイメージ
バリケードは、ドラフト版ではサウンドウェーブを意識した頭部
だったんでしたね。あの頭部デザインもカッコ良かった!

何気に今、DXのリーコンバリケードが欲しくって‥
あのサイズで胸にフレンジーが収納出来るのって、凄く贅沢に感じるこの頃です。
2012/01/27(金) 21:33:23 | URL | スパズマ | [ 編集 ]
>スパズマさん
何となくバリケードは、EZコレクションの中でも別格な感じがしましたね。
初期のEZオプティマスは、今となってはある意味貴重な存在ですね、いろんな面で(笑)

バリケードって原案ではサウンドウェーブって名前でしたっけ、
最初の映画では、デザイン面も紆余曲折がかなりあったみたいですねー。

2007年のDXクラス・バリケードもダークサイドムーン版と
全く違ってて、色々なアイディア満載で楽しいトイです。
地味なんですが、フレンジーが付いてたのは当時凄く嬉しかったです。^^
2012/01/28(土) 22:43:30 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog