十三非常階段
●トランスフォーマー クロニクル  EZコレクション 02 メガトロン(G2)
Transformers Chronicle G2 MEGATRON GP4498

G1トランスフォーマーのリメイク版の中でも
TFクロニクル・EZコレクションは手軽に入手出来るアイテムだ。

第二弾の02シリーズではG2トランスフォーマーを意識した
アイテムも登場し、更に世界観が広がった。

日本オリジナルアイテムをG2モチーフにした事は、
新しさや珍しさを感じさせる巧いアイディアであった。



EZ MEGATRON  G2 MGP4493  ◆ 名前 : メガトロン(G2)

  ◆グループ: デストロン

  ◆ 変形 : ジェネラルダイナミクス
         M1A1 エイブラムス
 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー クロニクル

  ◆ 発売 : 2011年12月17日

  ◆ 価格 : 500円




TRANSFORMERS CHRONICLE  EZ COLLECTION 02

パッケージ




Transformers Chronicle EZ collection 02 G2 BOX P3001

12個入りアソートボックス

2009年から登場したタカラトミー発のEZコレクションの大箱は、
軍団マークを大きくあしらったデザインを採用している。

TFクロニクル EZコレクション02では、『トランスフォーマーG-2』で
使用されていたG2期のサイバトロン、デストロンマークが印刷されている。



Transformers Chronicle EZ collection 02 G2 BOX  P3005

内容は12箱封入されており、小箱のパッケージは全て同じ物。

中身が分からないブラインドボックス仕様の為、
全8種類を揃えるならば、大箱を箱買いした方が近道かもしれない。





EZ G2 MEGATRON  M1A1 ABRAMS P4461

ビークルモード

世界最強の戦車と謳われるアメリカの主力戦車M1エイブラムスの
105mmライフル戦車砲を、更に強力な120mm滑腔砲に換装し、
電子機器類も強化したタイプがM1A1エイブラムスである。

加えて核・生物・化学(NBC)兵器に対する防護能力も強化されている。



EZ G2 MEGATRON  M1A1 ABRAMS  MGP4466

サイド

真横から見ると車体のサイドスカートと
クローラー部の中央付近が途切れている事が分かる。

これは変形時に肩の部分となる為、可動部分として
スペースを確保した設計となっているからだ。

しかし努めて意識しなければ気になる程ではない。



EZ G2 MEGATRON  M1A1 ABRAMS MGP4468

リア

車輪も四つ設置されているので転がし走行が可能。

変形の都合上、砲塔が回転出来ない仕様は、
G2期に登場したメガトロンのトイも同様である。




トランスフォーム!
TF Chronicle EZ Collection G2 Megatron Transform




EZ collection G2 MEGATRON GP4482

ロボットモード

武骨なシルエットのタンクメガトロン。

縮小版であるEZコレクションながら
肩にカノン砲が位置するスタイル等、
基となったG2版トイを可能な限り
再現しようとする意気込みが感じられる。



EZ collection G2 MEGATRON IMGP4487

リア

フロント部が胸部に、砲塔は腕部に、
リアは脚部になる変形工程は、G2期の
2タイプあるメガトロンと同じである。

元々のトイが簡単な変形であった為、
EZコレクションでも高い再現度を誇る。




TRANSFORMERS CHRONICLE EZ COLLECTION 02 G2 MEGATRON 534

砲身が取り付けてある為制限があるが、
首は回転する事が可能で向きを変えられる。

腕部の接続にはボールジョイントが使用されている。

肩よりも高い位置で接合されている為、
腕を上げると少々スタイルが崩れてしまう。



EZ collection MGP4520

脚部は股関節がボールジョイント、
膝は深く曲がるので立て膝ポーズも可能。

腕部、脚部共に可動範囲は広く、ポーズが付け易いので、
EZコレクションとしては及第点の仕上がりと言えるだろう。




Transformers G2 MEGATRON GP4505

このEZタンクメガトロンは、海外では
TRANSFORMERS UNIVERSE 2.0』シリーズの
レジェンドクラスのアイテムの一つとして2008年に登場。

カラーリングはG2初期のメガトロンを
再現したグリーンが採用されていた。



EZ G2 MEGATRON P4508

クロニクル版はG2メガトロンの中で2タイプ目の
パープルカラーを再現している。

この紫のメガトロンは1995年当時、日本でも発売されたタイプで、
世界的には通称ヒーローメガトロン、日本では便宜上、
メガトロン・ミサイルタンクなどと呼称されている。





Transformers Chronicle EZ collection 02 IMGP4596

ボックスアート

トランスフォーマー クロニクル EZコレクション02』では、
ロボットマスターズ』のG1コンボイリバースメガトロン
イラストを使用、カラーはEZコレクションに合わせた物に変更している。

更にG2シリーズを再現したアイテム故に、コンボイ、メガトロン共に
G2期の軍団マークに差し替えているという拘りを見せている。




Transformers G2 MEGATRON Legends Class GP4518

トイ本体にもG2デストロンマークがプリントされている。

海外のBOTCON限定品や日本のイベント限定の
ムービーシリーズ・ドレッドウイング&スモークスクリーン等、
特殊なアイテムでG2の軍団マークを持つTFは存在するが、
ここ数年来、一般販売の入手し易いアイテムでG2トランスフォーマーを
再現した物は少ない為、新鮮さが感じられる。



EZ G2 MEGATRON  GP4539

このクロニクル版G2メガトロンの発売から
約一ヵ月後に、『トランスフォーマー ユナイテッド』で
同じくG2ヒーローメガトロンをモチーフとした
UN-25 タンクメガトロンが登場している。

EZコレクション・G2メガトロンは、ユナイテッド版の
布石の様な役割を果たしていたとも捉える事が出来る。




EZ collection G2 MEGATRON P4532

日本での『トランスフォーマーG2』の展開期間は僅か半年程で、
玩具CMとテレビマガジン等の児童誌に連載されたストーリーしか無かった為、
G2アイテムに馴染みがあるファンは他シリーズと比較して少ないと思われる。

それ故に新作のG2TFは、目新しく特別な物に映るのかもしれない。




Transformers Chronicle IMGP4591

レジェンドクラス版タンクメガトロンは、長らく日本未発売の
アイテムであったが、こうして装いも新たな姿で
日本での発売が実現した事を素直に喜びたい。

海外版のグリーンカラーとは全く別物に見えるパープルカラー、
しかもG2エンブレムが印刷されている拘りは、
安価なアイテムながらファンを唸らせる程の完成度と言えるだろう。







TF tank MGP4525

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ TFクロニクル EZコレクション・メガトロン(G1) `
⇒ ロボットヒーローズ メガトロン             `
⇒ ロボットヒーローズ ガルバトロン            `
⇒ TFユナイテッド UN-04 メガトロン サイバトロンモード
⇒ TFユナイテッド UN-25 タンクメガトロン       `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog