十三非常階段
●トランスフォーマー プライム  AM-02 バンブルビー
Transformers Prime AM-02 BUMBLEBEE MG_8868

トランスフォーマー プライム』に登場するキャラクターは、
G1からの従来の物、アニメイテッド、ムービーシリーズの
特徴を掛け合わせた様な総合的な設定となっている。

その中でもバンブルビーは明らかにムービーシリーズの
イメージを引き継いでおり、変形モチーフや身体的特徴、
性格や能力等、映画版の設定が色濃く反映されている。



Transformers Prime AM-02 BUMBLEBEE MG_8845  ◆ 名前 : バンブルビー

  ◆グループ: オートボット

  ◆ 役割 : 情報員

  ◆ 変形 : アーバナ500

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー プライム

  ◆ 発売 : 2012年3月31日

  ◆ 価格 : 2000円




AM-02 BUMBLEBEE package

パッケージ




TF PRIME BUMBLEBEE Vehicle mode MG_8963

ビークルモード

明確な実車モチーフは無い物の、ハリウッド映画版バンブルビーが
変形するカマロを下敷きにしたデザインという事が分かる。

イエローのボディに黒いラインが入る特徴も類似性が見られる。



TF PRIME  AM-02 BUMBLEBEE  Car G_8966

リア

ウィンドーやヘッドライトはクリアブルーの成形色を使用し、
ウィンドー周りのサイドドアやルーフはイエローで塗装処理が施されている。

日本版アームズマイクロンシリーズはステッカーも多用されており、
バンブルビーの特徴の一つである黒いラインは全てステッカーである。




BUMBLEBEE  URBANA 500  Muscle Car G_8976

アーバナ500』とはTFプライムのアニメ劇中に登場する
架空のスポーツカーで、実際には存在しない。

オートボット基地でミコラフが観ていたテレビの
コマーシャルに登場、英語表記は『URBANA 500』。

実車のカマロに類似したマッスルカーのスタイルを有しており、
バンブルビーはこのアーバナ500と同形のカーモードである。




トランスフォーム!
AM-02 BUMBLEBEE Transform

先行して発売された『ファーストエディション』が
ムービーシリーズ準拠のクオリティであったのに対し、
アームズマイクロンシリーズ』は低年齢層にも
簡単に取り扱える様に変形も簡略化されている。




AM-02 BUMBLEBEE AUTO MORPH

オートモーフ

バンブルビーには自動変形が組み込まれており、車体リアを
脚部に変形した後、腕部を同時に左右に開くと自動変形が発動する。

両腕を開く事でボンネット部はギアで連動して後方に移動、
同時にフロントのヘッドライト部とバンパーが分割、
中央のグリル及びエンジン部が回転して頭部が現れ変形が完了する。




TF PRIME  AM-02 BUMBLEBEE IMG_8827

ロボットモード

胸部にはボンネット、背中にサイドドア、肩と足にタイヤが
位置するスタイルはCGアニメのデザイン通りに再現している。

分割されたフロントマスクが斜めに移動している事で、
逆三角形のマッシブな体型を作り出している設計が秀逸。



TF PRIME  AM-02 BUMBLEBEE MG_8837

リア

オートモーフの変形の都合、頭部の後ろに
ボンネット中央のパネルが配置される所が
アニメ設定と大幅に異なる為、目立ってしまう部分だ。

しかし全体的な再現度は高く、メカニカルにモールドされた
箇所も多く、造形は及第点のレベルだろう。




AM-02 バンブルビー G_8851

『オートボットの若き戦士。
小さな体を活かした素早い動きで敵を翻弄する。

過去の戦いで音声ユニットを破壊された為
喋る事が出来ず、表情豊かな音で会話する。』



AM-02 バンブルビー MG_8874

『正しい事には全力を尽くし、決意を持って常に進んで行動する。

その小さなサイズから生み出される素晴らしいスピードは、
彼を優れた偵察員及び伝達員とさせている。』



TF PRIME ARMS MICRON Series BUNBLEBEE G_8945

『他のオートボットと比べて地球での生活が長い彼は、地球人を愛し、
理解する様になった。― 特に天才少年“ラフ”・エスキベルを。

バンブルビーは小さく、話す事も出来ないが、
戦闘で発声機能を破壊されても戦いを続けるという強い意志と、
どんな危険でも恐れない勇気を持っている。』




トランスフォーマー プライム AM-02 バンブルビー  G_8935

テックスペック

・体力 : 6
・知力 : 8
・速度 : 8
・耐久力: 7
・地位 : 7
・勇気 : 10
・火力 : 6
・技能 : 6




TF PRIME  AM-02 BUMBLEBEE G_8860

上半身には自動変形機構が内蔵されているにも拘らず、各関節の可動範囲は広い。

首はボールジョイント、肩と二の腕にロールが設けられ前後左右に自在に動き、
肘にはクリック式可動が採用されており武器を保持する際に有用。

腰の回転は無い物の、股関節はボールジョイント、腿にロール、
膝と足首は前後に回転する為、ポージングの幅は広い。




Transformers Prime AM-02 BUMBLEBEE  eyes MG_8847

集光ギミック

広く開かれた後頭部の窓により
クリアブルーの目はよく光る。

バンブルビーの目はアニメ設定に順じ小さい物だが、
丸い瞳のモールドもある細かい造りとなっている。





アームズマイクロンシリーズ バンブルビー G_8879

トランスフォーマー プライム』のバンブルビーは、
姿形だけにとどまらず、キャラクター設定も
実写映画版バンブルビーの特徴が取り入れられている。

発声装置が破損している為、言葉を話せない事が
ムービー版の設定を最も強く感じさせる側面である。



Transformers Prime  BUMBLEBEE G_8949

サイバトロン星での長きに渡る戦争の中、
バンブルビーはタイガーパックスの戦いで捕虜となり、
メガトロンに半死半生の目に遭わされ発声装置を破壊されてしまう。

ラチェットがバンブルビーを修理し命を救った物の、
発声装置の完全な回復は適わなかった。



Transformers Prime AM-02 BUMBLEBEE IMG_8943

バンブルビーは言葉を話す事が出来ない為
ビープ音で喋るが、長年連れ添ってきた
オートボットのメンバーと地球人の少年・ラフには
バンブルビーの“言葉”が理解出来る。




TF プライム AM-02 バンブルビー  IMG_9018

コミュニケーション面で難儀する事もあるバンブルビーは、
他にもメガトロンの精神に体を乗っ取られたり、
トランスフォーム・コグを奪われて変形出来なくなったりと、
何かと受難が続くキャラクターとして描かれている。



Transformers Prime AM-02 BUMBLEBEE G_8938

しかし持ち前の明るい性格と行動力により、
苦難を潜り抜けてしまう所にバンブルビーの魅力がある。

又、オートボットチームのムードメーカーでもあり、
バンブルビーの存在意義は大きいと言えるだろう。





アームズマイクロン ビーツー G_8900

アームズマイクロン・ビーツー

ツインカノンにトランスフォームするアームズマイクロン。

ショートアニメの『アームズマイクロン劇場』での登場回数も多く、
言葉が話せないバンブルビーとは正反対によく喋るキャラクターの為、
バンブルビー以上に目立つ存在と言えるかもしれない。



アームズアップ IMG_8894

アームズアップ

アームズマイクロンのグリップは5ミリ径で、
手に保持させるだけではなく、ボディ各所に
備えられたジョイントに装備出来る。

バンブルビーはウイング状のサイドドアや
背中に位置したルーフにジョイントが設けられている。



ARMS UP  BUNBLEBEE MG_8931

海外仕様の『TRANSFORMERS PRIME ROBOTS IN DISGUISE』版の
バンブルビーには、両腕に取り付けるブラスターが二つ付属した。

日本版はこの武器の代わりにアームズマイクロンが付属する事、
各部にジョイントが追加されている事、加えて塗装面が大きな違いとなっている。



アームズアップ バンブルビー G_8985

無論、ビークルモードでのアームズアップも可能。

海外のRID版ではエンジン部のジョイントのみであったが、
日本版はルーフに二つ、左右のドアに一つずつジョイントが
追加されている為、複数のアームズマイクロンを装備出来る。





TF プライム AM-02 バンブルビー GP3707

ステッカー未貼付状態

バンブルビーはステッカーを貼付する箇所が多く、
未貼付だと成形色のイエロー一色というイメージが強くなり、
ステッカーの重要性を再認識させられる。



Transformers Prime AM-02 BUMBLEBEE  Car mode GP3663

特にカーモードではこの事が顕著で、
黒いラインは全てステッカー処理とされている為、
ステッカーを貼った状態と比べると別物に見える程だ。

ステッカーを貼る際には、黒ラインの
継ぎ目を合わせる事が肝となる。



AM-02 バンブルビー GP3684

ステッカーによる塗装面の再現度は非常に高いが、
取り扱っている内に剥がれてきてしまうマイナス要素がある。

大人のコレクターではなく一般的な子供が扱うトイとしては、
ステッカーを多用した為に劣化を早める事は間違いないだろう。





BUNBLEBEE Stryker mode  MG_8919

アームズアップ バンブルビーストライカーモード

『エネルゴンクリスタルのバランスはカスタマイズで最も重要である。
この最高のバランスでウェポンを装備したのが、
バンブルビーストライカーモード」だ。

各装備をフルパワーで使用する事を実現させた姿だ。』



アームズアップ バンブルビー ストライカーモード MG_8922

両手に武器を保持し、背中のルーフを起こして
二つの5ミリジョイントにアームズマイクロンを取り付ける。

パッケージ裏面にはアームズアップ例が写真と共に掲載されており、
設定も作られている事で世界観が広がり好印象。


使用アームズマイクロン

M-01 オーピー
M-02 ビーツー
M-03 シエル `
M-04 アルエ `




トランスフォーマー プライム AM-02 バンブルビー  G_8904

アニメ設定の再現度ではファーストエディションに一歩譲る物の、
アームズマイクロンシリーズ版は複雑な変形を自動変形で手軽に行える事や
アームズマイクロンの付属により遊びの幅が大幅に広がった事等、
優れた面も多く、甲乙付け難い仕様となっている。

劇中でも言葉を話せない事を補って余りある活躍を見せる
バンブルビーだけに、是非とも入手しておきたいアイテムである。







twin IMG_9005

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ トランスフォーマー プライム EZコレクション EZ-04 バンブルビー
⇒ フードストラップ・ポテトトランスフォーマー バンブルビー    `
⇒ トランスフォーマープライム ハッピーセット バンブルビー    `
⇒ ガチャ・アームズマイクロン バンブルビーソード          `

⇒ トランスフォーマー アドベンチャー TAV-01 バンブルビー     `
⇒ 限定EZコレクション バンブルビー クリアバージョン        `
⇒ 限定EZコレクション 黒騎士バンブルビー              `


⇒ M-02 アームズマイクロン ビーツー                `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog