十三非常階段
●トランスフォーマー オルタニティ  A-01 コンボイ アルティメイトメタルシルバー
Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Ultimate Metal Silver 7908

リアルなカーモデルと変形ロボットの融合を実現した
トランスフォーマー バイナルテック』の流れを汲む
トランスフォーマー オルタニティ』は、スケールが縮小されたにも拘らず、
バイナルテック以上の精密さと進化した技術に驚嘆した。

高い年齢層をターゲットにしたTFトイに相応しく、
数々の詰め込まれたアイディアは今尚、目を見張る物がある。



Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Silver 898  ◆ 名前 : コンボイ アルティメイトメタルシルバー

  ◆グループ: オルタニティ

  ◆ 役割 : 総司令官

  ◆ 変形 : ニッサン・GT-R R35型
         
     
  ◆シリーズ: トランスフォーマー オルタニティ

  ◆ 発売 : 2009年2月26日

  ◆ 価格 : 4500円




Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Ultimate Metal Silver package 2

パッケージ




TF ALTERNITY A-01 CONVOY Silver NISSAN GT-R 8236

ビークルモード

ニッサンが誇る名車・スカイラインGT-Rの後継車で、
1969年の初代から数えると6代目モデルに当たり、型式はR35型。

スカイラインの名を廃して車名をGT-Rとし、誰が運転しても
速く安心して走れるスーパーカーを目指したハイパフォーマンスモデル。

2007年10月にモーターショーで正式発表、同年12月から販売が開始された。



TF ALTERNITY A-01 CONVOY Silver NISSAN GT-R 241

サイド

カーモードのボディは全て塗装が施されており、ホイール部は
内側のディスクブレーキまで塗り分けているという拘りの仕様。

タイヤはゴム製でリアルさを引き出しており、モデルカーの
タイヤはゴムで再現する事が最良の選択である事が分かる。



TF ALTERNITY A-01 CONVOY Silver NISSAN GT-R 247

リア

トランスフォーマー バイナルテック』シリーズと同じく
メーカーライセンスを取得している為、非常にリアルな造形のカーモード。

1/24スケールであったバイナルテックに対し、
オルタニティでは1/32サイズに縮小されているが、
カーモデルとしてのリアルさでは劣らない精度の高さが特徴。

又、ボディはプラスティック製だが、車体底面に位置した軸部分に
ダイキャストが使用され、安定感と重量感は充分備わっている。




TF ALTERNITY A-01 CONVOY Silver NISSAN GT-R Front 206

フロントマスク

スケールモデルに迫るリアルさで、ボディラインは勿論、
グリルの細かいモールドやGT-Rのロゴも再現されている。

又、モデルカーとしての側面も考慮されており、
サイバトロンマークはカーモードでは露出しない。

ヘッドライトはクリアーパーツが嵌め込まれ、
内部のライトにはメッキ加工が施されており、リアルさが引き立つ。



TF ALTERNITY A-01 CONVOY Silver NISSAN GT-R 201

リア

スカイライン時代からのGT-Rの代名詞とも言える
特徴的な円形のテールランプにはクリアーパーツを使用。

クリアレッドで縁取る様に塗装されており、
中央部分は透明なクリアーを残すという拘りも見事だ。

右側には極小サイズのGT-Rのエンブレムもプリントされており、
マフラー部も彩色する等、カーモデルとしても遜色は無い。




TF ALTERNITY A-01 CONVOY Silver NISSAN GT-R R35 8266

左右のドアは開閉可能。

可動部にはコの字型のヒンジが採用されており、
スムーズな開閉を実現すると共に、ボディと
ドアが干渉しない様に配慮されている。



TF ALTERNITY A-01 CONVOY Silver NISSAN GT-R R35 217

コックピット

1/32スケールというサイズながら内装も再現されている。

バイナルテックの様な塗装こそ施されてはいない物の、
シート、ステアリング、シフトレバー等の細かいモールドは
驚くべき物で、非常に高い完成度を誇るトイである。




TF ALTERNITY A-01 CONVOY Silver NISSAN GT-R R35 269

エンジンルーム

ボンネットは開閉する事が出来、エンジンルーム内の
造り込まれたモールドが見事である。

中央のV型6気筒エンジンが一際目立つ。

自動車の心臓部である最も重要なエンジン部が
ロボットの最重要部位の頭部になるアイディアは意図された物で、
カーモードとロボットモードで関連付けたパーツ配置が巧い。



TF ALTERNITY A-01 CONVOY Silver NISSAN GT-R R35 8278

車体後部のトランクは開閉する事が可能。

トランクルーム内には変形後の脚部が位置している為、内部空間は無いが、
バイナルテックに比べ車体の大きさが大幅に小型化したにも拘らず、
トランクリッドの開閉まで取り入れた設計は驚きである。




トランスフォーム!
Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Ultimate Metal Silver transform

車体リア部の各パーツを何度も折り畳んで脚部を構成する変形が秀逸。
車体前方はシンクロテックの恩恵もあり、分かり易い変形になっている。




Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Ultimate Metal Silver Synchrotech 1

シンクロテック

自動変形機構、いわゆるオートモーフが組み込まれており、自動で動いた部分から
次に変形させる箇所が直感的に理解出来るという、オルタニティ独自の機構。

フロントの両サイドを押さえて中央部分を挟み込む様に前方にスライドさせると、
連動してボンネットが開き、エンジンが起き上がり、左右のドア部が開く。

これにより次に変形させる箇所はドア部なのだという発想が生まれる。



Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Ultimate Metal Silver Synchrotech 22

もう一つのシンクロテックは、ボディ中心の軸を下ろしていくと、
車体フロント底面からジョイントパーツが連動で起き上がるという物。

ジョイントが出現する事で、次に下半身のパーツと繋ぎ合わせる事が連想される。

この様な“連想”する事を踏まえて、『オートモーフ』ではなく
シンクロテック』という独自の名称が与えられている。




Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Ultimate Metal Silver 82

ロボットモード

フロントは胸部に、リアは脚部、背中にはルーフ、
サイドドアはウイングと、トランスフォーマーらしさ溢れる
カータイプTFの定番となっているパーツ配置ながら、
非常に均衡の取れたヒーロー体型を誇る。



Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Ultimate Metal Silver 888

リア

ボンネットのパネルとルーフがそのまま配置されている為、
この部分だけ大味に見えてしまうが、塗装箇所も多く
基部には可動も備わっている為、実際のトイでは
ボンネットとルーフ部は然程気にはならない。




トランスフォーマー オルタニティ A-01 コンボイ アルティメイトメタルシルバー 031

オルタニティとは、90万年の時を費やし“天上の存在”とも言うべき
段階へ進化した、トランスフォーマーの未来形の一つである。

彼等の身体は〈オルタニウム〉と呼ばれる上位次元物質で構成され、
数多の並行世界に跨る巨体を持つ為、“下界”にて単体行動を取る際、
オートアバター〉と呼ばれるトランスフォーマーの身体を使用する。』



Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Silver 998

『“オートアバター”と呼ばれるこのボディは、
高みの存在に進化したコンボイの、言わば化身である、

オルタニティは「他次元の様々なコンボイの集合体」を擁しており、
それ等の数だけアバターも存在しうる。

銀色のコンボイは、オルタニティ発祥の地
BT世界”で造られた1号機体である。』




トランスフォーマー オルタニティ A-01 コンボイ アルティメイトメタルシルバー テックスペック 052

テックスペック

・体力 : 10
・知力 : 10
・速度 : 9
・耐久力: 10
・地位 : 10
・勇気 : 10
・火力 : 9
・技能 : 10





Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Silver Weapon _8041

対ハイセリオン徹界タキオンブラススター

『過去や未来、又は別世界に存在する標的を狙撃可能な、超遠隔射程武装。』


オルタニティ・コンボイのトイには手持ちの武器は付属せず、
両腕の前腕部に設置されたブラスターが唯一の武装である。



Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Silver Weapon 8049

カーモードのシートを折り畳むという変形工程は、
バイナルテック初期からの代表アイテム・スモークスクリーン
ストリーク等にも見られ、技術が受け継がれている事が分かる。

オルタニティ・コンボイでは更に発展させて
シート裏側にキャノン砲を内蔵しているという、
細かいパーツ構成が見事な設計である。



Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Silver 162

集光ギミック

頭部はエンジンの裏側に造形されている為、
後頭部に採光窓は無く、頭頂部から光を取り入れる。

目は透明なクリアー成形のパーツをクリアブルーの
塗料で彩色している凝った造りになっている。




トランスフォーマー オルタニティ A-01 コンボイ シルバー 992

全身各所は自在に可動させる事が出来、リアルなカーモードの再現と
複雑な変形を考慮すると、可動面を犠牲にしなかった開発陣の拘りは驚くべき物だ。

股関節と膝にはクラッチ式可動、首や手首にはボールジョイント等、
様々なタイプの機構を惜しげもなく投入しており、
全身各部の可動箇所に相応しい関節機構が採用されている。



トランスフォーマー オルタニティ A-01 コンボイ アルティメイトメタルシルバー 25

大きさはデラックスクラスとほぼ同等ながら、
全身に施された細かいモールドにより精密さが表現されている。

ハイエイジ向けアイテムとして、一般ラインのTFよりも細かい造形、
変形工程や可動箇所の多さ等、造り込まれた設計である。

トランスフォーマーとしては異例な、試作段階から1年ほどの
開発期間を費やしたという、力の入れ具合が窺える特別なアイテムと言えよう。



トランスフォーマー オルタニティ A-01 コンボイ アルティメイトメタルシルバー 926

海外の文化では個性を重んじる為、海外展開を考慮したTFは
ハズブロからの要求もあって、頭部を大きめに設計する傾向がある。

オルタニティは開発時点で日本オンリーの展開が前提であった事から、
頭部を小さくして頭身を高く、ボディや手足の軸となる箇所は細くして
スタイリッシュなロボットモードが与えられている事が見て取れる。





トランスフォーマー オルタニティ A-01 コンボイ アルティメイトメタルシルバー 015

GT-Rというスポーツカーをモチーフにしている事から、
プレゼンの段階ではトレーラートラックのイメージが強いコンボイではなく、
スーパーカーTFの代表格であるマイスターが選定されており、
このキャラクターの姿でデザインイラストが起こされていた。

完成品も車体フロントが位置する胸部やドア部のウイング等、
頭部以外は従来のマイスターの基本体型を受け継いでいる事が分かる。



Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Ultimate Metal Silver _7983

オルタニティ第一号はシルバーカラーのGT-Rを基に開発されており、
ハリウッド実写映画版ジャズ(マイスター)がシルバーのスポーツカーに
変形する事から着想を得て、当初はマイスターを想定していたと推察される。

時期的にも一般層が認知しているTFは旧来のトイやアニメ版ではなく、
2007年の実写映画版であった事も関係していたのだろう。



TF オルタニティ A-01 コンボイ アルティメイト メタルシルバー 8019

書籍に掲載された開発者インタビューによると、
オルタニティ第一弾のキャラクターがコンボイに変更されたのは、
バイナルテック時代からの念願であった日産自動車との
コラボレーションに対して敬意を表した為だと言う。

日産が誇る最高峰のスーパーカー・GT-Rに見合う
トランスフォーマー最高の代表キャラを選択したとも解釈出来る。



Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Ultimate Metal Silver 34

これにより、誕生以来ビークルではトラックに変形する事が
常であったコンボイがスーパーカーに変形するという、
それまでのイメージを覆す斬新な発想の新たなコンボイが登場する事となった。

1995年のG2ゴーボット版もスポーツカーに変形するコンボイ(オプティマス)ではあるが、
元々別キャラとして製作された物のリカラーなのでコンボイのイメージは希薄。

コンボイとして開発されたスポーツカータイプのTFトイは、オルタニティが初である。




Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Silver 025

コンボイというキャラクターでありながら従来の赤い物ではなく、
実車のGT-Rのイメージを反映し、シルバーカラーの物を主軸にして
開発が進められたというのも興味深い開発秘話である。

即ち従来の様な赤いカラーのコンボイは後発という順番だ。

更にオルタニティのストーリー設定にも、
このトイ開発の裏話が巧みに取り入れられている。



トランスフォーマー オルタニティ A-01 コンボイ アルティメイトメタルシルバー 8062

異なる並行世界から次元を超えて現れたシルバーカラーの
コンボイ(アルティメイトメタルシルバー)がオルタニティの
第一号機体・通称『ベクター01』であり、
彼が導く事により赤いコンボイ(バイブラントレッド)が
オルタニティに転生するというストーリー展開が非常に面白い。

※赤いコンボイは『ベクター109』と呼称される、
シルバーカラーのコンボイとは異なる存在。




Transformers ALTERNITY A-01 CONVOY Ultimate Metal Silver 8154

バイナルテックの技術を更に突き進め、カーモードのリアルさに加え、
シンクロテックという変形の面白さ、洗練されたスタイリッシュなロボットモード等、
オルタニティ・コンボイは色褪せない魅力を備えている。

オルタニティ第一号のコンボイが幾度となくリペイントされたり、
2013年の『トランスフォーマーGT』でも基本設計が受け継がれている事からも
分かる様に、非常に優れたTFトイである事は間違いない。








Transformers ALTERNITY 168

◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog