十三非常階段
●ビークール  B-04 黄色のスポーツカー バンブルビー
ビークール B-04 黄色のスポーツカー バンブルビー 9089

愛嬌のあるキャラクター性から人気が高いバンブルビーは、
トランスフォーマー シリーズに不可欠な存在である。

海外主導のTFシリーズでは、ほとんどの作品に
バンブルビー』が登場しており、低年齢向けトイの
ボットショット』にも当然の様に組み込まれている。

更に日本版『ビークール』では主役級の活躍を見せ、
海外版以上に存在感があるキャラクターとなった。



ビークール B-04 黄色のスポーツカー バンブルビー 084
  ◆ 名前 : バンブルビー

  ◆グループ: ビークール

  ◆ 変形 : 黄色のスポーツカー


  ◆シリーズ: ビークール

  ◆ 発売 : 2012年12月28日

  ◆ 価格 : 680円




ビークール B-04 黄色のスポーツカー バンブルビー パッケージ

パッケージ




ビークール B-04 黄色のスポーツカー バンブルビー 104

ビークルモード

実写映画版バンブルビーが変形するカマロに
類似したスポーツカーに変形する。

大きなリアスポイラーが特徴的だが、これは
自動変形で起き上がった際に支えとして機能する為。



ビークール B-04 黄色のスポーツカー バンブルビー 9112

リア

ビークールは手の平サイズの扱い易いトイなので、
バンブルビーの場合、G1期のミニボット版バンブルを彷彿させる。

バンブルというキャラクターは、やはり小さい事が
最もイメージに合っていると再認識させられる。




ヘンケイ!
Transformers Be Cool Bumblebee Transform

ビークールでは幼児向け玩具という事を前面に出している為、
従来の様な英語の『トランスフォーム!』ではなく、
分かり易い言葉の『ヘンケイ!』が掛け声である。




ビークール B-04 バンブルビー びっくりヘンケイ 1

ビークール最大の特徴は『びっくりヘンケイ!』と称される
瞬間自動変形機構が内蔵されている事であろう。

カーモードの銀色に塗装されたバンパー部がスイッチになっており、
この箇所が押されるとロックが外れ、スプリングの力により変形する。



ビークール B-04 バンブルビー びっくりヘンケイ 2

フロント部は背中に折り畳まれ、ボディ全体が起き上がり腕部が開く。

全身各所に組み込まれたバネの働きによる
自動変形で、一瞬の内に変形を完了する。

更に足の裏やスポイラー等で接地面積が広い為、
立ち上がった勢いで倒れない様に計算された設計が秀逸。




Be Cool B-04 Bumblebee 074

ロボットモード

ディフォルメされた頭身が低いロボットモード。

可動部は変形に使用する肩と足首のみで、
瞬間変形の為のバネが仕込まれている事から、
動かしても上の写真の状態に戻る様になっている。



Be Cool B-04 Bumblebee 083

リア

海外版の『TRANSFORMERS BOT SHOTS』では
2012年にWAVE.5で発売された。

ボットショットでは、目、鼻、口がある
ノーマルの顔のタイプが先行して発売されており、

このタイプは『バトルマスク・バージョン』と呼称される。




TF Bot Shots Be Cool Bumblebee Battle Mask 137

『いつも一所懸命チャレンジするぞ。
泣き虫だけど、頑張り屋さん。』


一人称は「おいら」、遊ぶ事、冒険を好む。
スピードなら誰にも負けない自身を持っている。




TF Bot Shots Be Cool B-04 Bumblebee 136

ビークール』シリーズのプロモーション映像でも
活躍の場を多く与えられている、マスコット的キャラクター。

ビークールのTVCMに於けるナレーションの声も
バンブルビーが担当しており、主人公的な扱いになっている。



Be Cool B-04 Bumblebee 092

バンブルが各シリーズのマスコット的ポジションに
据えられるというのは、TFシリーズの定番要素である。

これは明るいカラーの黄色と、小型車に変形する事が、
馴染み易い雰囲気を備えているからであろう。





Be Cool Mark B-04 Bumblebee 095

ビークールマーク

胸部エンブレムは『ビークールマーク』と呼称され、
各人3枚のパネルが与えられている。


スポーツカーに相応しいカーレースのチェッカーフラッグ。



Be Cool Mark B-04 Bumblebee 097

疾走する黄色のスポーツカー。



Be Cool Mark B-04 Bumblebee 098

ビークール・バンブルビーの性格を表した泣き顔。





試作品 ビークール 04 黄色のスポーツカー

試作品

企画段階ではカーモードには『』のステッカーが貼付され、
より子供向け玩具である事を意識した仕様だった。

カーモードでも泣いているステッカーが与えられており、
ビークールマークに“泣き顔”が使用されているのは、
この試作品の名残りと考える事も出来る。





Transformers G1 Bumble with Be Cool Bumblebee 240

バトルマスクと称されるこのタイプの顔は、
バンブルの最初のトイであるG1ミニボット版の再現である。

元々ミクロマン・ミクロチェンジ シリーズで発売された
ミクロロボットCAR・フォルクスワーゲンを流用したトイが、
トランスフォーマーのバンブルであった。



G1バンブル ビークール・バンブルビー Face

アニメでのバンブルは、目、鼻、口があるデザインで、
数多くあるリメイク版もアニメ版を基にした物が常であった。

ビークール(ボットショット)は低年齢向け玩具であるが、
この様に30年近くも前のトイを参考に製作する等、
大人のファンにもアピール出来るマニアックさも備えている。




TF Bot Shots Be Cool Bumblebee Battle Mask 140

海外版ボットショットでのバンブルビーは幾つものタイプが
発売されているだけに、後発で登場したこのバトルマスク版は
変化を付ける意味で、顔のデザインを一新した物と思われる。

しかしながら、ミクロチェンジ時代にデザインされたロボット然とした顔が、
長い年月を経た後に再度スポットを当てられるとは予想外であった。

古参のファンにはノスタルジアを、新規のTFファンや子供達には
斬新でスタイリッシュに映るバトルマスクの採用は、大正解と言えるだろう。







Be Cool 249

◆参考にならない比較◆





⇒ B-12 スペシャルスポーツカー バンブルビークリアカラー
⇒ BOT SHOTS BP-001 バンブルビー           `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog