十三非常階段
●ビーストウォーズ  C-8 タイガトロン
Imgp1777.jpg

「ござる」口調のサムライ戦士タイガトロンは、元の海外版でも超然とした存在でした。
脇役ながら強い個性を示し、BWの物語にも深く関わっていました。

チータスと全く同じ型にも拘らず別人に見えるのは、
カラーリングの妙による物に加え、アニメでの
キャラクター付けが個性豊かに表現してくれた御蔭でしょう。



Imgp1767.jpg  ◆ 名前 : タイガトロン

  ◆グループ: サイバトロン

  ◆ 役割 : 極地偵察員

  ◆ 変形 : ホワイトタイガー

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ビーストウォーズ

  ◆ 発売 : 1997年11月下旬

  ◆ 価格 : 1500円




tigatron package56

パッケージ




Imgp1745.jpg

ビーストモード

ホワイトタイガーはインドからネパールに掛けて生息するベンガルトラの
白い体毛が生えた変種で、白トラという固有種ではない。

氷河期を生き抜く上で備わった、保護色になる
白化遺伝子が現れた物と考えられている。



Imgp1748.jpg

後姿

書籍によってはタイガトロンのビーストモードは
『ホワイトシベリアンタイガー』と記載されている物があるが、
トラの中では白変種の遺伝子はベンガルトラ特有の物で
シベリアトラには白変種は居ないので間違い。

シベリアトラが極東ロシアから中国に掛けて生息する事と、
シベリアという名前からのイメージ先行で誤解した物と思われる。




タイガトロン、変身!
tigatron transform56




Imgp1759.jpg

ロボットモード

海外版がクリーム色のボディで顔は銀色に塗られている等、
CG版の配色と異なるのは、トイの方が先行して発売され、
後になってCGアニメのキャラクターとして採用された為。

日本版タイガトロンはCGアニメに合わせたカラーリングに
変更されており、赤い目、エメラルドグリーンの顔、
純白のボディ等、劇中のイメージを投影している。



Imgp1764.jpg

リア

ハズブロはアメリカ未発売の『ビーストウォーズⅡ』や
ビーストウォーズ ネオ』の玩具を通販で販売した際に、
この日本版タイガトロンもラインナップに加えた。

海外版タイガトロンは販売期間が短く、
アニメに登場し品薄になった為選ばれた模様。




Imgp1778.jpg

『極地に於ける偵察任務を担う、冷静で無口な
サムライの様な古風な昔気質の戦士。

北極地帯で生息していた為か、サイバトロンに
仲間入りしてからも単独行動を好む傾向が見られた。』



BEAST WARS TIGATRON Tech Spec P1782

テックスペック

・パワー  : 8
・知能   : 3
・スピード : 8
・耐久力  : 7
・階級   : 4
・勇気   : 10
・火力   : 7
・テクニック: 6




Imgp1772.jpg

タイガー・ショット

『10km先の的にも命中させられるレーザーライフル。
冷凍レーザーを発射するフリーズガンとしても機能する。』


チータスと同様、内臓がモールドされた珍妙な武器として有名。
内臓部は軟質素材でスポイトの要領で水鉄砲になる。

玩具設定は、日本ではウォーターガン
海外では毒液ブラスターの名が付いている。



Imgp1773.jpg

クエーザーキャノン

この名称は海外版トイの設定名称で日本では単に“銃”となっている。

CGアニメでは主に上記のウォーターガン型の銃を
使用した為か、こちらの武器の名称が無い。





Imgp1785.jpg

タイガトロンはBWメタルス前半でエアラザーと共に
エイリアン・ヴォックに拉致され、エイリアンが二人を融合、
合体させて誕生した別人格のタイガーファルコンとして蘇る。

タイガーファルコンは戦闘で爆発四散、敢え無い最期を迎えた。



Imgp1775.jpg

その後のタイガトロンは、BOTCONのコミックにストーリーが引き継がれる。

タイガトロンとエアラザーのスパークは消滅しておらず、
エアラザーメタルスエアラザーとして、タイガトロンは
メタルスジャガーの残骸のボディとスパークを合体させ、
言わばメタルスタイガトロンになり、双方復活を果たしている。




tigatron mutanthead

ビーストマスク

ロボット頭部を90°倒すとビーストマスクになる。
大きな目と牙を生やした顔はバリ島のバロンの仮面さながら。



Imgp1783.jpg

海外版発売時は同型のチータスとの差別化を計る為、
パッケージアートはビーストマスクの姿で描かれている。

先住民族を思わせる野性味溢れるイラストは、
CGアニメでタイガトロンがネイティブアメリカン的な
キャラ付けをされた事にヒントを与えたのかもしれない。



Imgp1781.jpg

平和を愛し友情に厚く寡黙なタイガトロンは孤高の存在だった。

タイガトロンが中心のストーリーは精神面に重きを置いた物や、
戦争の悲惨さを描いた回が多かったと記憶している。

タイガトロンのストーリーには何かを考えさせられる側面があり、
一風変わった感覚を残す特殊なキャラクターであった。




Imgp1776.jpg

タイガトロンはアニメに登場する事で、多大な存在感を残す事が出来ました。

当初はタイガトロンのポジションにはウルファングハウリンガー
収まる予定だったのが変更されたそうで、それが無ければ
単なるリペイント品の一つで終わっていたかもしれません。

個性があってこそのトランスフォーマーなので、タイガトロンが
印象深いキャラクターになった事は結果として歓迎出来る物でした。






Mgp1808.jpg

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ C-10 エアラザー







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
猫科の一匹狼
ビースト時の胸辺りがちと気になりますが、
放送当時日本ではリペイントで三つも販売されたのが頷ける出来ですね。

あまり登場回数も多くないのに実にいいキャラで印象に残っています。
ハウリンガーのCG化は実現しなかったのは幸か不幸か。
2010/05/04(火) 16:15:08 | URL | イルレイ | [ 編集 ]
 鮮やかな印象変化と劇中の性格付けで別キャラだということに説得力を与える、いいリカラーですね。
 メタルスであんなことになるとは想像だにしていませんでした。
2010/05/04(火) 20:34:54 | URL | Ichi | [ 編集 ]
クリーム色の成形色だったのですね。
昔からなんで皆海外版は日焼けしているんだろう・・・と考えていました。
よくよく見れば肩ボールなど
良好っぽいです。飛び出た胸に目がいきがち
で良い所を見落としていたか。
2010/05/05(水) 00:16:53 | URL | ロードローバー | [ 編集 ]
>イルレイさん Re: 猫科の一匹狼
いらっしゃいませ、そして初めまして。

チータスの型は典型的なヒーロー体型だったんでリペイントが幾つも出たのでしょうね。
そう言えばチータスは目の色のバリエーションが話題になってましたねーw

>ハウリンガーのCG化は実現しなかったのは幸か不幸か。

ハウリンガーであれば、また違ったストーリーになっていたかもしれませんね。
それも見たかった気もしますがタイガトロンのキャラクターは結構好きなので
結果これで良かったと思いますw
2010/05/05(水) 22:23:55 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
>Ichiさん
タイガトロンの配色はなかなか綺麗で気に入ってます。
ハスブロでリペイントで出した時はここまでキャラクターが広がるとは
思っても見なかったのでしょうねーw

>メタルスであんなことになるとは

あんな事も驚きでしたが、日本でエアラザーが『男』にされなければ
もっとスマートな印象になってたかもですねw
2010/05/05(水) 22:32:14 | URL | 付喪 | [ 編集 ]
>ロードローバーさん
確かに海外版は色褪せに見えますね。
実際のホワイトタイガーはそちらの方が近い色なんですが。

チータスの型は今でも通じる位の全身可動なんでお勧めですよ。
個人的にはヘケヘケ版よりこっちの方が完成度高い様に思いますよーw

2010/05/05(水) 22:40:31 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog