十三非常階段
●TF スーパーリンク  ウィンドチャージャー アニバーサリーエディション スクリュー
Transformers Superlink Wind Charger Micron Anniversary Edition SCREW 495

トランスフォーマーの非売品プレミアムの配布条件は様々だ。

TF玩具を数千円以上購入でプレゼントというパターンが
大半を占める中、時として特殊な条件を満たさなければ
入手する事が出来ない限定アイテムも少なからず存在する。

予想外の条件を目の当たりにした時、TFファンの心の強さが試される。



Transformers Superlink Wind Charger Micron Anniversary Edition SCREW 473

  ◆ 名前 : スクリュー

  ◆グループ: マイクロン

  ◆ 変形 : ホバークラフト





Transformer Superlink Wind Charger Anniversary Edition Micron SCREW package

◆シリーズ: トランスフォーマー スーパーリンク

◆ 配布 : 2004年9月16日      `

◆ 価格 : 非売品         `




トランスフォーマースーパーリンク ウィンドチャージャーマイクロン・スクリュー 446

ビークルモード

ボディ側面とリアに二つずつ、合計四つの
ファンを備えたSF調のホバークラフト。

中央にはキャノピーも設置され、水中を
航行可能な潜水艇の様にも見えるデザインだ。



トランスフォーマースーパーリンク ウィンドチャージャーマイクロン・スクリュー 449

リア

ユニクロントリロジーのマイクロンの特徴であった
マイクロン・エンブレムの刻印が、
ボディ右側のファンにモールドされている。

ボディ底面に車輪は設置されておらず可動箇所も無い為、
ビークルモードでのギミックは無い物の、
完成されたデザイン故、特に不満は感じられない。




トランスフォーマースーパーリンク ウィンドチャージャーマイクロン・スクリュー ビークル 457

クリアブルーの鮮やかさが水上ビークルにマッチしており、
ボディのサイドからリアに掛けたシルバー塗装も美しさを引き立てている。

又、他のマイクロンに比べるとスクリュー型のタイプは
若干ボリュームがある為、プレミアムとして嬉しい仕様だ。




トランスフォーム!
Transformer Superlink Windcharger Anniversary Edition Micron SCREW transform




Transformers Superlink Wind Charger Micron Anniversary Edition SCREW 464

ロボットモード

手足は短くずんぐりとしたコミカルな体型。

目はイエローに、ボディはシルバーに彩色され、
ウィンドチャージャー・アニバーサリーエディション
3体のマイクロンの中では最も塗装箇所が多い。



Transformers Superlink Wind Charger Micron Anniversary Edition SCREW 471

リア

クリアパーツが多い事も特徴の一つで
全体像はビークル、ロボットモード共に美しい仕上がり。

しかしクリアパーツ同士が接合部となっている肩の可動部は、
強度の弱さに留意して取り扱う必要がある。




Transformers Superlink Wind Charger Micron Anniversary Edition SCREW 502

トランスフォーマー スーパーリンク』シリーズの
合体マイクロン・SC-09 クリフジャンパーの一体である
ランウェイのリペイント品で、クリアーパーツを多用している為、
全く異なる印象を与えている事に感心する。



トランスフォーマースーパーリンク ウィンドチャージャーアニバーサリーエディション マイクロン・スクリュー  483

特異な体型ながら可動もしっかりと組み込まれている。

腕部はファンと一体となっているが、肩はボールジョイントで
接続されている為、自由に動かす事が可能。

膝はクリック式の可動軸、加えて足首はボールジョイントの為、
見た目のイメージ以上の優秀な可動を備えている。




トランスフォーマースーパーリンク ウィンドチャージャーアニバーサリーエディション マイクロン・スクリュー  480

ウィンドチャージャー アニバーサリーエディション・コンプリートキャンペーン
で配布された限定マイクロンの3体目に当たるアイテムがスクリューである。

配布条件は、全国のトイザらスでSC-22 オメガスプリームを購入すると
プレゼントされるという物で、各店先着30名、全国合計4000個が配布された。



トランスフォーマースーパーリンク ウィンドチャージャーマイクロン・スクリュー  5478

ウィンドチャージャー アニバーサリーエディション・コンプリートキャンペーン』は、
、秋と3回に分けて実施するという長期に渡るキャンペーンで、
TFの限定マイクロン配布キャンペーンの中でも稀に見る方法だった。

スクリューは最終回の“”に配布された限定マイクロンで、
キャンペーンはオメガスプリームの発売日である
2004年9月16日(木)から実施された。



トランスフォーマースーパーリンク ウィンドチャージャー アニバーサリーエディション マイクロン・スクリュー  490

キャンペーンが3回に分けて行われたのは、3体のマイクロンが
合体して一つのロボットを形成するアイテムだった為。

各単体でも高い完成度を持つマイクロンなので充分楽しめる事は間違い無いが、
やはり3体とも集めて合体させたいという願望に駆られる事は必然。

TFファンであれば手を伸ばさずにはいられないという
ファンの心理を突いた、周到なキャンペーンと言えるだろう。




Transformers Superlink SC-22 OMEGASUPREME with Micron SCREW 5507

更にキャンペーン第三弾の秋ではのキャンペーンと異なり、
対象商品はSC-22 オメガスプリーム1種に設定されていた。

TFスーパーリンク シリーズでは、ユニクロン・ブラックバージョンと並ぶ
最高額アイテムであるオメガスプリームをマイクロン配布キャンペーンに
指定した為、急激にハードルが高くなったと感じさせるキャンペーンであった。



トランスフォーマースーパーリンク ウィンドチャージャー マイクロン・スクリュー  496

のキャンペーンがTFトイ2000円以上購入で
マイクロンを配布していたのに対し、秋のキャンペーンでは
定価7980円(税抜)のオメガスプリームに限定されていた為、
割引を考慮してもの3倍程の出費を強いられた。

それでもスクリューを目的に、オメガスプリームを
購入したファンは多かった事だろう。




Transformers Superlink Wind Charger Micron Anniversary Edition AXLE THROTTLE SCREW

春のキャンペーン・マイクロンのアクセル
夏のスロットルを数ヶ月掛けて入手していたファンは、
秋のスクリューも是が非でも入手したいと思う事は当然である。

3体合体してウィンドチャージャーに変形するとなれば、
これ等のキャンペーン・マイクロンを3体集める事は
最早強迫観念にも似た義務と言える物でもあったのだ。



Transformers Superlink Wind Charger Micron Anniversary Edition SCREW 5458

この事を重々承知の上で、高額アイテム・オメガスプリームを
配布条件に指定したタカラとトイザらスの強欲さが
露呈したキャンペーンであった事は間違い無い。

同時にTFファンの立場から見れば、
どれだけトランスフォーマーに対する想いがあるのかを試された、
ある意味試練の様なキャンペーンであったと捉える事も出来る。



Transformers Superlink Wind Charger Micron Anniversary Edition SCREW 487

マイクロンは単体販売されていたシリーズのマイクロンブースター
考慮すると、一体300円の安価なアイテムである。

しかしスクリューの様な厳しい配布条件を課せられた
非売品限定マイクロンの入手には多大な出費は避けられない。

これを良しとするか否かは、各人の判断基準に委ねられる。




トランスフォーマースーパーリンク ウィンドチャージャーアニバーサリーエディション マイクロン・スクリュー  518

キャンペーン配布品の限定マイクロンは、非売品であるが故に
一概にどれだけの価値があるかを決める事は出来ない。

この価値とは価格的な意味合いも多少は含まれるが、
それ以上に各人が抱くTFへの熱い想いの大きさでもあるのだ。

入手の為に手間を惜しまず奔走し、数々の条件をクリアして
漸く手にしたアイテムには、入手するまでの過程や想いが
籠められており、その経験が真の価値と呼べる物なのである。







Wind Charger Micron 523

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ ウィンドチャージャー アニバーサリーエディション アクセル `
⇒ ウィンドチャージャー アニバーサリーエディション スロットル


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog