十三非常階段
●ビーストウォーズ  C-3 チータス(レッドアイ)
トランスフォーマー ビーストウォーズ C-3 チータス・レッドアイ 988

トランスフォーマーにはバリエーションが数多く存在する。

海外版と日本版で塗装が異なるというパターンが多くを占め、
90年代後期の『ビーストウォーズ』以降、その傾向は強くなる。

同じトイであるのに一部カラーリングが異なるバリエーションは、
それに気付いてしまったマニアにとって頭から離れない垂涎のアイテムとなる。



トランスフォーマー ビーストウォーズ C-3 チータス・レッドアイ 012  ◆ 名前 : チータス

  ◆グループ: サイバトロン

  ◆ 役割 : 密林巡視員

  ◆ 変形 : チーター

 
  ◆シリーズ: トランスフォーマー ビーストウォーズ

  ◆ 発売 : 1997年3月20日

  ◆ 価格 : 1500円




BEAST WARS C-3 CHEETUS Red Eye package

パッケージ




BEAST WARS C-3 CHEETUS Red Eyes 975

ビーストモード

チータスは『ビーストウォーズ』初期からのキャラクターで、
CGアニメ放送以前から人気が高く、彩色箇所の
マイナーチェンジが何度も行われた珍しいトイである。

チーターの目が赤いこのバージョンは2番目のタイプで、
黄色の成形色に瞳の無い赤い目が映え、野獣のイメージが増大している。



BEAST WARS C-3 CHEETUS Red Eyes 5979

リア

後脚はロボットモードの脚部も兼ねている事が分かってしまうが、
前脚はロボットの腕部にはならない事が見て取れる。

ロボットの腕は完全に体内に収納されており、ビーストTFの
変形工程が初期の頃から複雑に設計されていた事が分かる。




BEAST WARS C-3 CHEETUS Red Eyes 985

チータスのトイは数々のバリエーションが存在し、
最初期の青い目のバージョンは便宜上、ブルーアイと呼称される。

これと同様に赤い目のタイプはレッドアイ緑目はグリーンアイ
日本でのみ発売された後期版はTVアニメのカラーを再現している為
アニメカラー、又はTVリペイント等と呼ばれている。

これ等はトイに与えられた正式名称ではなく、全て通称である。




チータス、変身!
Transformers Beast Wars C-3 CHEETUS Red Eyes Transform




トランスフォーマー ビーストウォーズ C-3 チータス・レッドアイ 6001

ロボットモード

胸部にチーターの頭部が位置する為、
赤い目がロボットモードでも強調される。

ロボットの目は、手やつま先と同じ
ゴールドで塗装されている事も特徴の一つ。



トランスフォーマー ビーストウォーズ C-3 チータス・レッドアイ 006

リア

日本では第3期版に当たるグリーンアイのチータス
数多く発売された為、トイとしてのレッドアイの印象は薄い。

レッドアイ・チータスはパッケージ写真やBWトイカタログ、
ホビー誌の記事の写真等に使用されている為、
印刷物ではよく目にしたバージョンである。




トランスフォーマー ビーストウォーズ C-3 チータス・レッドアイ 6010

『イナズマの様に素早いチータスは、
その足を使ってパトロールもこなす。

風の様に速く走るその姿は、サイバトロンが誇る
地上最速の戦士と言うに相応しい。』




トランスフォーマー ビーストウォーズ C-3 チータス・レッドアイ 6116

テックスペック

・パワー  : 6
・知能   : 5
・スピード : 10
・耐久力  : 8
・階級   : 6
・勇気   : 9
・火力   : 7
・テクニック: 7





BEAST WARS C-3 CHEETOR Red Eyes Quasar Rifle 057

クエーザー・ライフル

チーターの臀部と尻尾が変形したライフル。

日本版トイでは固有名称は与えられておらず、
単に『』とされる為、海外版アニメ設定の名称を引用した。



BEAST WARS C-3 CHEETOR Red Eyes Laser Shot 050

レーザー・ショット

腸のモールドがある部分は内部が空洞になっており、
スポイトと同じ要領で実際に水を発射出来る水鉄砲となっている。

このギミックにより、日本版の説明書には
ウォーターガンの名称が記載されている。




トランスフォーマー ビーストウォーズ C-3 チータス・レッドアイ ミュータントヘッド 059

ビーストマスク

頭部を前方に90°倒すと現れる第二の顔。
野性的なデザインでモンスターを思わせる。

簡単な仕組みながら、見た目の変化が大きい秀逸なギミック。






トランスフォーマー ビーストウォーズ C-3 チータス・レッドアイ 6071

チータスはCG版『ビーストウォーズ』の中でも
群を抜いて人気のあったキャラクターである。

アニメが始まる以前の海外版トイ設定にはティーンエイジャーという
設定は無いが、初期のビーストウォーズ・トイの中では
ビースト、ロボットモード共にスタイルが良かった為、
他のBWトイよりも人気が高かった事も頷ける。



BEAST WARS C-3 CHEETOR Red Eyes 6021

更にアメリカではCGアニメ放送によりビーストウォーズは
爆発的なヒットを飛ばし、TVアニメを視聴、又はトイを
購入する子供達にとって、最年少キャラクターに設定された
チータスは親しみ易い存在であったのだろう。

失敗も多いが若く快活なチータスは、頼りになるリーダー・コンボイとは
異なる独特の魅力を備えており、多くの支持を集めた。




Transformers Beast Wars C-3 CHEETUS Red Eyes 065

この様に人気キャラクターのチータスは、数多く発売された
BWトイの中でも頻繁にマイナーチェンジが行われた稀な例である。

明確なリカラー版として発売された海外限定FOX KIDSリペイントや、
日本限定テレもちゃ版ビーストウォーズとは全く趣旨が異なり、
基本的に同一アイテムとして販売されたにも拘らず多くのバリエーションがあるのだ。



BEAST WARS C-3 CHEETOR Red Eyes 6125

チータス(海外名チーター)のバリエーション

1. チーター ブルーアイ  : 海外    1996年
2. チータス レッドアイ  : 海外&日本 1996年
3. チータス グリーンアイ : 海外&日本 1997年
4. チータス アニメカラー : 日本    1997年


チータスは次々にマイナーチェンジが行われ、
同一トイながら4タイプもバリエーションが存在する。





BEAST WARS C-3 CHEETOR Green Eyed 088

『ビーストウォーズ』のトイが日本で発売されたのは1997年7月。
この時発売されたチータスは3タイプ目のグリーンアイだった。

グリーンアイは緑色の目を持つCGアニメのチータスに合わせ
リペイントされたタイプで、瞳孔(縦長の猫目)も加えられている。




BEAST WARS C-3 CHEETOR Red Eyed 085

しかし2タイプ目のレッドアイも確かに日本で発売されているのだ。

このレッドアイと呼ばれるタイプは、日本に於ける
ビーストウォーズ・トイ正規発売の1997年7月ではなく、
1997年3月~4月に熊本県で試験販売された物なのである。

一般的なグリーンアイは1997年に入ってからの製造で、
試験販売版は1997年3月の出荷であった為、
それまで生産されていたレッドアイが使用された。




BEAST WARS C-3 CHEETOR Red Eyes 6017

トランスフォーマーは元々海外展開していたトイシリーズの為、
日本市場でどれだけ通用するかが未知数であった。

この為、全国発売に先駆けて地方でテスト販売を実施し、
市場調査を行うという試みが成されている。



トランスフォーマー 1985年版コンボイ ビーストウォーズ C-3 チータス・レッドアイ 128

1985年の最初期のTFシリーズ導入の際も『変身戦隊トランスフォーマー』の
シリーズ名で、テスト販売を実施した事は有名である。

ビーストウォーズ』は、それまでのロボット玩具には無かった
生身の動物”が変形するロボットという一風変わったシリーズの為、
この様な新感覚のトイを初見する児童の反応を調査したかったのであろう。

更にトランスフォーマーの本格的再始動のシリーズでもあった為、
試験販売を行うほど力が入っていた事が窺える。




BEAST WARS C-3 CHEETOR Red Eyes 079

試験販売を行う地方はランダムに選定され、
ビーストウォーズ』の場合はたまたま熊本県だった。

試験販売は当時の児童を対象とした物で、G1時代からの
TFマニアを意識した物ではない事は明らかである。

故に通常の場合、試験販売の告知は行わないのが基本だ。



テレビマガジン 1997年5月号 ビーストウォーズ

しかし『ビーストウォーズ』では驚くべき事に
テスト販売する旨を雑誌等で告知していたのだ。

写真は児童誌テレビマガジン1997年5月号の記事。

又、大人向けのホビー誌にも告知は掲載され、
当時の熊本県ではトイCMも放送されていた模様で、
テスト販売ではある物の、ほとんど先行販売に近い状況だった。





C-3 チータス・グリーンアイとの比較◆
BEAST WARS C-3 CHEETUS Red Eyes with CHEETUS Green Eyes 031

テスト販売分のBWトイは売切れるまで店頭に
置かれていた訳ではなく、一定期間の後に全て回収された。

そして全国発売の1997年7月に、新規に生産したBWトイに
混入させる形で、テスト販売分のBWトイを
キャラクターカードとトイカタログを追加してそのまま発売した。



BEAST WARS C-3 CHEETUS Red Eyes with CHEETUS Green Eyes 035

1997年3月のテスト販売版のビーストウォーズ・トイは、
1997年7月に発売した正規販売版と同じ物であり、
トイ自体の仕様変更やバリエーションは全く無かった。

唯一の例外はチータスのトイで、
レッドアイからグリーンアイに変更されている。




BEAST WARS C-3 CHEETUS Red Eyes with CHEETUS Green Eyes Robot Head

これは海外版でもグリーンアイに生産が切り替わっていた為で、
日本での1997年7月発売分は既にグリーンアイの仕様となっている。

日本では全国正規発売の際に試験販売分のトイも
混入して流通させた為、チータスのみレッドアイ
グリーンアイの2種類が同時発売されるという事態が起こった。

このバリエーションは単体版、VSセット版の両方に存在する。



BEAST WARS C-3 CHEETUS Red Eyes with CHEETUS Green Eyes Beast Mask

テスト販売版ビーストウォーズ・トイは熊本県で
発売されたが、回収されて後に全国発売された為、
熊本県限定アイテムという訳ではない。

チータス・レッドアイもこれに含まれ、
全国に流通したアイテムなのである。




トランスフォーマー ビーストウォーズ C-3 チータス・レッドアイ グリーンアイ 6091

しかし試験販売の為に生産されたBWトイは
当然ながら全国販売分よりも少ない為、
チータス・レッドアイは1997年7月の発売時点でも
希少な存在であった事は間違いない。

店頭に並ぶチータスのほとんどがグリーンアイだった筈だ。



トランスフォーマー ビーストウォーズ C-3 チータス・レッドアイ グリーンアイ 6045

日本に於けるビーストウォーズ正規発売の1997年7月に、
既に世界中で生産が終了していたレッドアイ版チータスを
偶然にしろ購入出来た者は、非常にラッキーであったと言えるだろう。

当方はレッドアイを探し続け、入手するまでに数年間を費やした。




BEAST WARS C-3 CHEETOR Red Eyes 074

ビーストウォーズが展開していた90年代当時は、
PCやインターネットの普及率はまだまだ低かった。

トイの情報は“”に頼る事が主流で、僅かなホビー系の書籍や
輸入雑誌を基にTFのバリエーションを研究、模索した物である。

ビーストウォーズでもバリエーションが存在すると気付いた時、
再び長い探求の旅路がスタートしたのである。







BEAST WARS 6113

◆参考にならない比較◆





⇒ ビーストウォーズ C-3 チータス・グリーンアイ   `
⇒ ロボットヒーローズ チーター            `
⇒ ビーストウォーズ メタルス C-49 メタルスチータス2
⇒ ビーストマシーンズ ハッピーミール チーター    `







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント
 人に歴史ありと言いますけど、トイも歴史ありというか……BWの頃って一番玩具から遠ざかっていたこともあり、チータスのバリエーションの存在はともかく、こんな歴史があるなんて全然知りませんでした。
 毎度ながらトイの辿ってきた歴史も交えてのレビューは勉強になります。
2013/08/10(土) 21:51:35 | URL | Ichi | [ 編集 ]
>Ichiさん
初期のビーストウォーズの時期はフィギュアブームの頃でもあったのですが、
アメコミ関係の情報はあってもTFに関してはなかなか情報が掴めなくて難義しました。

日本でBWが展開されてからは状況が変わるのですが、
それ以前は色々と調べるのも楽しみの一つでした。

少しでも参考になれば私も嬉しいです。
2013/08/11(日) 22:47:57 | URL | 付喪 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog