十三非常階段
●戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー  C-63 ビーチコンバー
G1 TRANSFORMERS MINI BOT C-63 BEACHCOMBER 489

数あるトランスフォーマーの中でも、ビーチコンバーは
“地質学者”という極めて珍しい役割のキャラクターだ。

戦闘員ではないメンバー達の存在が、TFワールドに深みを与えていた。

G1トランスフォーマーには、この様に興味を惹かれる
キャラクターや設定のアイディアが詰め込まれており、
後のTFシリーズに見られる多種多様な世界観の基礎を作り上げていた。



トランスフォーマーG1 ミニボット C-63 ビーチコンバー 6488  ◆ 名前 : ビーチコンバー

  ◆グループ: ミニボット

  ◆ 役割 : 地質学者

  ◆ 変形 : バギー

 
  ◆シリーズ: 戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー

  ◆ 発売 : 1986年1月

  ◆ 価格 : 500円




G1トランスフォーマー C-63 ビーチコンバー パッケージ

パッケージ




G1 TRANSFORMERS MINI BOT C-63 BEACHCOMBER Dune Buggy 531

ビークルモード

砂地でも自由に走行可能な全地形対応ビークル。

バギーの形状はミニボットとしては比較的リアルで、
フロント両サイドに専用パーツでヘッドライトが
造形されている面も驚きの仕様であった。



G1 TRANSFORMERS MINI BOT C-63 BEACHCOMBER Dune Buggy 533

リア

バギーの特徴的なロールバーも再現され、
座席や後部エンジンのモールドも造形されている。

タイヤはオフロードタイプではない物の
ゴム製タイヤを使用しており、小さいながらも
非常に完成度が高いアイテムである。




トランスフォーム!
G1 Transformers AUTOBOT  Mnini-Bot BEACHCOMBER transform




G1トランスフォーマー ミニボット C-63 ビーチコンバー 474

ロボットモード

角張ったシンプルなデザインのボディは
G1トランスフォーマーらしさが表れており好印象。

ブルーとグレーの二色構成の配色も纏まりが良い。

胸部のサイバトロンマークのステッカーは
当方が独自に貼付した物で、製品は貼られていない。



G1トランスフォーマー ミニボット C-63 ビーチコンバー 6482

リア

ボディ、頭部、手足と体の各パーツが
明確に造形されており、ミニボットの中では
抜群のスタイルを有している。

アダムスワーパスパワーグライド等、
両脚が繋がっている例も少なくなかった為、
ビーチコンバーのプロポーションは最上位の部類である。




G1トランスフォーマー ミニボット C-63 ビーチコンバー 6522

G1初期のアニメに於けるTFは、サイバトロンは青い目、
デストロンは赤い目に分けられている事が特徴の一つであった。

その中でもビーチコンバーはシルバーのバイザーをしている事が
目新しく映る存在であり、アニメとトイで目の色が
一致している珍しいケースに当て嵌まる。




G1トランスフォーマー ミニボット C-63 ビーチコンバー 6504

『どんな荒地でも走破出来る。
各種の探知器で資源等の発見を得意としている。

砂漠や浜辺を好み、あまり戦闘に対して興味を持っていない。』



G1トランスフォーマー ミニボット C-63 ビーチコンバー 569

テックスペック

・体力 : 3
・知力 : 9
・速度 : 5
・耐久力: 9
・地位 : 6
・勇気 : 6
・火力 : 1
・技能 : 10




G1トランスフォーマー ミニボット C-63 ビーチコンバー 603

ビーチコンバーはシリーズ中盤から加わった新メンバーの一人で、
地質学者』という稀な存在である事も印象深いキャラクターだ。

荒らされた森の様子を目にしただけで、
犯人がインセクトロンである事を即答する等、
自然に対する知識はサイバトロンの中でも随一である。



G1トランスフォーマー ミニボット C-63 ビーチコンバー 606

又、野鳥の鳴き声の意味を解析したり、
自身も鳥の声に似た音声を発する事が出来る等、
意外に万能な機能を備えたTFである事が窺える。

戦闘に関連しない特殊機能が描かれたTFは稀な為、
ビーチコンバーのアニメでの描写は貴重な物だ。



G1 TRANSFORMERS AUTOBOT BEACHCOMBER 610

ビーチコンバーは本来、非戦闘員の学者ではあるが、
サイバトロン戦士として戦闘に参加する事もある。

武器は小型のレーザーガンを携行、テックスペックの
数値と同じく劇中での威力も強力ではない様だ。




G1 TRANSFORMERS MINI BOT C-63 BEACHCOMBER Dune Buggy 6544

高性能バギータイヤ装着

これがトイ設定のビーチコンバーの武器である。

ミニボットのトイはアウトバックを除いて武器は付属しないが、
設定面での武器はレーザーガン等が記載される場合が多い。

ビーチコンバーの設定上の武器はバギータイヤであり、
ハブキャップの『ヘッドモジュール装置』と並び希有な武器設定と言える。





G1 TRANSFORMERS MINI BOT C-63 BEACHCOMBER 499

ビーチコンバーの活躍が最も記憶に残るエピソードは、
アニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の
第33話「ゴールデンラグーンの秘密」であろう。

これはシリーズ中盤頃の各キャラクターを
フィーチャーしたエピソードの一つで、
ビーチコンバーを中心にストーリーが描かれている。



G1 TRANSFORMERS MINI BOT C-63 BEACHCOMBER 627

トランスフォーマーを一時的に不死身にする神秘の力を持つ泉
ゴールデンラグーンと動物達が平和に暮らす地上の楽園を、
偵察任務中のビーチコンバーが偶然発見する。

ゴールデンラグーンの存在を知ったデストロン軍団は、
全員が無敵のボディを得てサイバトロンに攻撃を開始する。



G1 TRANSFORMERS MINI BOT C-63 BEACHCOMBER with OMEGA SUPREME 561

デストロン軍団を迎撃するも歯が立たずピンチに立たされたサイバトロン軍は、
この時点での最終兵器オメガスプリームまで加えて戦闘は激化、
楽園の平和を願うビーチコンバーの想いを余所に戦いは拡大していく。

しかしオメガスプリームを以ってしても、不死身のデストロン軍団には敵わなかった。




G1 TRANSFORMERS AUTOBOT BEACHCOMBER 526

窮地に陥ったサイバトロンは黄金の泉を探し出し、
対抗措置としてゴールデンラグーンの力を利用する。

両軍の総力戦は激しさを増し、周辺に被害を
齎しながらもサイバトロンが勝利を収めた。

戦いは終結するもゴールデンラグーンは消滅、
楽園も破壊されてしまう。



G1 TRANSFORMERS MINI BOT C-63 BEACHCOMBER 513

ビーチコンバーの探究心が楽園とゴールデンラグーンを発見した事により
戦争が引き起こされ、結果として楽園が戦闘に巻き込まれて失われた。

戦いの勝利に沸くサイバトロン軍から一人離れ、
自責の念に駆られたビーチコンバーが、焼け野原となった
楽園を眼前にして肩を落とすラストのシーンは涙を誘う。




トランスフォーマーG1 ミニボット C-63 ビーチコンバー 6517

サイバトロン、デストロンの善悪に関係無く
戦争で優位に立つ為ならば手段を選ばず、
より強力な兵器を投入し続け、更に戦略上重要な
拠点を奪い合う両軍の愚かさが垣間見え、
このエピソードでは暗に戦争批判が描かれている事が分かる。



G1 TRANSFORMERS AUTOBOT BEACHCOMBER 549

又、戦争によって最も被害を受けるのは一般市民であるという事も、
それまで平和であった楽園が戦闘で破壊される様と
戦火から逃げ惑う動物達をメタファーに描いている。

加えて軍に属している以上戦わなければならず、戦争を止める事が
出来なかった博識者の苦悩もビーチコンバーを通して表現されている。



G1トランスフォーマー ミニボット C-63 ビーチコンバー 6507

数あるエピソードの中でも「ゴールデンラグーンの秘密」は
他と一線を画する傑作と呼ぶに相応しい作品であり、
ビーチコンバーの存在感も深く印象付けられた。

子供向け番組の為、過剰に深刻な表現は成されていないが、
トランスフォーマーが単なる『勧善懲悪のロボットアニメ』
ではない事を証明しているエピソードと言える物であった。






G1トランスフォーマー C-63 ビーチコンバー パッケージ・バリエーション

バリエーション

ビーチコンバーは当初ブリスターパックで発売されていたが、
トランスフォーマー2010』シリーズのスタートに伴い
パッケージが一新され、初期ミニボットの様な箱型パッケージになった。



G1トランスフォーマー C-63 ビーチコンバー 後期版パッケージ 576

これはトランスフォーマー2010のトイシリーズより
コレクションカードが付属する様になった為で、
カードを封入する為にサック箱仕様に変更されている。

中身のビーチコンバーのトイ自体には全く変更点は無い。




Transformers G1 BEACHCOMBER Variations

1985年に海外で発売されたビーチコンバーの初期バージョンは、
バギー左側面も右側と同じく全てメッシュのモールドが施されていた。

後期版は上半分に『ⓒ HASBRO `84』の刻印が加えられている。

写真の当方所有の個体は1986年当時に購入した物なので、
日本で発売されたバージョンは刻印がある後期タイプと思われるが、
両サイド・フルメッシュの初期バージョンが日本で発売されていたかは不明。




G1トランスフォーマー ミニボット C-63 ビーチコンバー 571

トランスフォーマーが『戦うロボット物』である事は間違いないが、
戦闘員ばかりではなく科学者や技術者等、様々な立場の
キャラクターが存在する所が面白く魅力的な面であった。

そのキャラクター設定を巧く活かしたストーリーも秀逸で、
更にトイとしては安価なミニボットでも活躍の場を与えられていた事が、
初期G1トランスフォーマーの偉大な面の一つである。







G1 TRANSFORMERS 618

◆参考にならない比較◆


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog