十三非常階段
●ビークール  B-09 青のスポーツカー トップスピン
トランスフォーマー ビークール B-09 青のスポーツカー トップスピン 0570

ハリウッド実写映画版の影響が随所に見られる
ビークールのトイは、映画版とG1TFを混ぜ合わせた様な
独特の姿が特徴の一つとなっている。

その中でも、ほとんど全てムービー版TFを下敷きにしている
と思われるトップスピンの様なタイプは、稀な例と言える。

更に独自のアレンジも加えられている事も興味深い。



Transformers BE COOL B-09 TOPSPIN 382  ◆ 名前 : トップスピン

  ◆グループ: ビークール

  ◆ 変形 : 青のスポーツカー


  ◆シリーズ: ビークール

  ◆ 発売 : 2012年12月28日

  ◆ 価格 : 680円




ビークール B-09 青のスポーツカー トップスピン パッケージ

パッケージ




トランスフォーマー ビークール B-09 青のスポーツカー トップスピン 0343

ビークルモード

ムービー版トップスピンの特徴であった
武装したカーモードを再現している。

ボンネットに露出したエンジンや
ルーフの武器パーツが、ビークールの中では
目新しい要素と言えるだろう。



トランスフォーマー ビークール B-09 青のスポーツカー トップスピン _0347

リア

武器パーツはルーフに機銃、両サイドにキャノン砲が
装備され、戦闘的なスタイルとなっている。

合計四つの武器は一つのパーツで成形され外す事は出来ない。
児童向けトイとして、破損防止とパーツ紛失防止の為の措置である。




トランスフォーマー ビークール B-09 青のスポーツカー トップスピン 0575

シルバー塗装のエンジン、メタリックブルーのウィンドー、
ガンメタルの武器パーツと、メタリック塗装が各所に施され、
豪華な印象を引き出している独特なビークールである。

フロントマスクや各部のモールドも映画版の特徴を踏襲しており、
カーモードのデザインだけでも充分に楽しめるトイだ。




ヘンケイ!
Transformers BeCool B-09 TOPSPIN transform




Transformers BeCool TOPSPIN transform 1

フロントバンパーに衝撃が加わる事で発動する自動変形は、
パッケージでは『びっくりヘンケイ!』と表現して
大きくアピールされている、ビークール シリーズ最大のギミックだ。



Transformers Be Cool TOPSPIN transform 3

トップスピンのルーフには他のビークールには無い
武装パーツが取り付けられている。

細かい造形だが、転がったり落としたりしても
壊れない様に車幅に収まる大きさに設計されており、
児童が取り扱う事に配慮した造りが秀逸である。




Transformers BeCool B-09 TOPSPIN 0371

ロボットモード

トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』の
デラックスクラス版トップスピンも口角が上がって
笑っている様な表情になっていた。

ビークール・トップスピンもニヤリとした口元で
造形されており、基キャラクターのイメージを踏襲している。



Transformers BeCool B-09 TOPSPIN 0376

リア

カーモードのフロント部を始め、武器パーツ、リアウイング等の
各部も、ムービー版トップスピンと同様の形状である。

ディフォルメトイとしてアレンジを施しながらも、
細かい部分までキャラクター性が考慮されている事が分かる。




TF ビークール B-09 青のスポーツカー トップスピン 0400

G1版とムービー版を融合させたデザインが多い
ビークール(ボットショット)だが、トップスピンは頭部とボディが
ムービー版を基にデザインされている事が分かる。

尚、多くの車型ビークールと同様に、手足やタイヤ、ルーフは
バンブルビーと同型の物が使用されている。



Transformers Be Cool Bot Shots TOPSPIN 0428

G1期の初代トップスピンはアニメ未登場な上、
コミックスでもUK版マーベルコミックスにしか
登場しなかったマイナーなキャラクターであった。

映画から入ったファンには馴染みが無く、この事は
ボットショットの対象購買層の児童にとっては尚更である。



Transformers Be Cool B-09 TOPSPIN 0352

ボットショットは実写映画『TF ダークサイド・ムーン』の
展開時期に開発された事もあり、加えて一般に認知されている
ムービー版トップスピンをモチーフとした事は当然と言える。



ビークール B-09 青のスポーツカー トップスピン 0585

ラチェットミラージュの様にG1版頭部とムービー版ボディに
する事も出来たと思われるが、トップスピンの場合は
G1版頭部にしてもTFマニア以外には解らずアピール性に乏しい為、
頭部、ボディ共にムービー版を採用したのであろう。




ビークール B-09 青のスポーツカー トップスピン 393

ビークール・トイを使用したストーリームービーでは、
「レース!ビークール!のまき」に於いてキャラクター性が描かれている。

ビークール・トップスピンはカーレースではトップクラスの実力を誇り、
レース・ビークール』では毎回優勝を収めている模様。

トップスピンはレースの実績を鼻に掛け、自分より実力が劣る
バンブルビーを見下してからかう等、性格は少々難有りというキャラクターだ。





TF ビークール B-09 青のスポーツカー トップスピン ビークールマーク 418

ビークールマーク

ルーフに銃器を設置した青のスポーツカー。



TF ビークール B-09 青のスポーツカー トップスピン ビークールマーク 0420

自動車には欠かせない給油機。



TF ビークール B-09 青のスポーツカー トップスピン ビークールマーク 421

レースに於ける交換用と思われるスペアタイヤ。






Transformers DOTM TOPSPIN BeCool TOPSPIN 1

頭部、ボディ共にムービー版トップスピンの特徴が見られる。

縦線が入った頭部や眉毛の様なモールドの形状、
胸部の蛍光グリーンのパーツ等、映画版トップスピンの
意匠を引き継いでアレンジしている事が見て取れる。



Transformers BeCool Botshots TOPSPIN 92

敢えてG1版との共通点を挙げるならば、
バイザー状の目、鼻と口がある顔の部分となるが、
頭部形状はG1版とは似ても似つかない為、
ムービー版をアレンジしたと考える方が自然だ。




Transformers DOTM TOPSPIN BeCool TOPSPIN 2

ビークルモードもムービー版をディフォルメした形で、
ルーフに武装を展開したビークルバトルモードの状態を再現している。

映画で印象的だった武装したスポーツカーの姿をしており、
武器を装備したカーモードはビークールでは珍しいタイプである。



Transformers DOTM TOPSPIN BeCool TOPSPIN 3

ムービー版トップスピンは映画特有の有機的な部分が随所に見受けられ、
特に頭部は人間に近く髪の毛が生えている様なデザインだ。

ビークール・トップスピンは、これをG1TFの様な
ロボット的な形状にアレンジした独特な物となっている。




トランスフォーマー ビークール B-09 青のスポーツカー トップスピン 80

ビークール・トップスピンは、G1トップスピンを
ほとんど考慮していないと思われる。

ムービー版を基としているが単にディフォルメしたのではなく、
映画版をG1風のロボットにデザインし直している辺りが
他のビークールと異なる工夫されたアイディアと言えよう。

ビークールはサイズやギミックが同じな為、見逃されがちだが、
トイ毎に様々な趣向を凝らしてある事には驚くばかりである。







Transformers Be Cool 0438

◆参考にならない比較◆







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog