十三非常階段
●トランスフォーマーGo!  G-24 ビークール ケンザン
トランスフォーマーGo! G-24 ビークール・ケンザン 1431

完全日本オリジナルのビークールが登場した事に
ファンは驚きと共に歓喜したに違いない。

トランスフォーマーGo!』は、2013年の日本版TFの
中心となるシリーズであるが、児童向けトイの『ビークール』にも
そのキャラクターが採用されるとは予想外であった。

更に単なるリカラー版ではなく、パーツの差し替えで
新たな姿を与えられている事も、興味をそそる要素となっていた。



トランスフォーマーGo! G-24 ビークール・ケンザン 1233
  ◆ 名前 : ケンザン

  ◆グループ: ビークール

  ◆ 変形 : パトカー


  ◆シリーズ: 参乗合体 トランスフォーマーGo!

  ◆ 発売 : 2013年10月26日

  ◆ 価格 : 2000円




トランスフォーマーGo!G-24 侍チーム・ビークールセット パッケージ 4

パッケージ

トランスフォーマーGo! 侍チームビークールセット』と
銘打たれたセット商品でのみ発売されたアイテムで、
ケンザンジンブガンオウの3体が同梱されている。

ビークール』シリーズではなく『トランスフォーマーGo!』シリーズに
組み込まれている事が特徴で、Gナンバーが与えられている事や
白と青のパッケージ、侍チームのイラストも大きく配置されている。




Transformers GO! G-24 Be Cool KENZAN Ferrari 458 Italia police car 268

ビークルモード

白地に青の塗装が映えるパトカーは、
ケンザンのイメージを巧く再現している。

シルバーのヘッドライト、メタリックブルーの
ウィンドーの配色も美しい仕上がり。



Transformers GO! G-24 Be Cool KENZAN Ferrari 458 Italia police car 1267

リア

ケンザンはパトカーというモチーフから、
ビークール・プロールと共通のボディが使用されているが、
フロント部分はミラージュの物が取り付けられている。




トランスフォーマービークール ミラージュ ケンザン プロール 1423

元々のケンザンのカーモードはマッスルカーではなく
スポーツカーに近い形状なので、ミラージュのフロント部分は
マッチしており、異なるトイを組み合わせるアイディアは見事である。




ヘンケイ!
Transformers Go! G-24 Be Cool KENZAN transform 1




Transformers Go! G-24 BeCool KENZAN transform 2

トランスフォーマーGo!』シリーズのソードボットのトイは、
児童向けTFとして変形工程は簡単な物に設計されている。

ビークール・侍チームは更に簡単な事がアピールされており、
パッケージでも「超簡単! 一瞬でヘンケイ!」と記載している。



Transformers Go! G-24 BeCool KENZAN transform 3

トランスフォーマーGo!』は児童誌の付録DVDでアニメを展開しているが、
同DVDには『ビークール』のストーリームービーも収録されている。

双方のシリーズを目にする事になる為、ソードボット・侍チームが
ビークール版となっても、理解し易い下地が既に作られていた事になる。




トランスフォーマーGo! G-24 ビークール・ケンザン  221

ロボットモード

日本に於けるこの型のビークールは、
プロールバリケードに続き3体目となる。

それぞれ異なる配色が与えられている為、
別キャラクターとして納得の出来映えに仕上がっている。



トランスフォーマーGo! G-24 ビークール・ケンザン  228

リア

元々のトイはバリケードだが、日本では
そのリペイント品・プロールの商品ナンバーの方が若い為、
プロールのリデコレーション品と説明されている。




Transformers GO! G-24 Be Cool KENZAN 259

パトカーに変形する事、青と白のボディカラーに加え
額飾りのツノは黄色でV字型になっており、これ等の特徴は
1992年に放送された勇者シリーズ・『伝説の勇者 ダ・ガーン』に
登場する主人公ロボット ダ・ガーンを思わせる。



Transformers GO! G-24 Be Cool KENZAN 253

カラーリングはボイジャークラスのソードボット・ケンザンの物を踏襲しており、
基となったケンザンの額当てが金色でアニメでは黄色の為、
ビークール・ケンザンのツノも黄色に塗装されている。

これ等の事実からも分かる様に、ダ・ガーンは
特に意識していない事は明らかである。



トランスフォーマーGo! ビークール・ケンザン 1257

ビークール・ケンザンの頭部形状は
元々バリケードプロール)の物なので、
V字型のツノである事は避けられない。

それでもケンザンのイメージが充分感じられるのは、
カラーリングの妙といった所であろう。




トランスフォーマーGo! G-24 ビークール ジンブ ケンザン ガンオウ 1461

侍チームビークールセットは2013年10月の発売だが、
それに先駆けて2013年夏にDVDで公開されたストーリームービーの
「出動!消防隊のまき」には、侍チーム3体が揃って登場している。



Transformers GO! G-24 Be Cool KENZAN 460

メガトロンの映画撮影現場の後ろ側に侍チームが並んでおり、
この時点ではビークール版・侍チームの発売は発表されていなかった為、
いわゆる布石を打つ形となっていた事が巧いアイディアだ。





トランスフォーマーGo! G-24 ビークール・ケンザン ビークールマーク 1243

ビークールマーク

ケンザンを表す漢字の「」の字。



トランスフォーマーGo! G-24 ビークール・ケンザン ビークールマーク 240

ケンザンは二刀流の使い手だ。



トランスフォーマーGo! G-24 ビークール・ケンザン ビークールマーク 237

口を固く結んだケンザンの顔は、
リーダーとしての真摯な態度の表れの様である。





トランスフォーマーGo! ソードボット・ケンザン ビークール・ケンザン 1

ビークール版ケンザンの型は元々バリケードとして造られた物なので、
ソードボット・ケンザンとの造形的な共通点は無い。

額のツノを黄色にしたり、胸部両サイドを赤く塗装して
パトランプに模している等、ソードボット・ケンザンの
特徴をカラーリングで再現している事が分かる。



トランスフォーマーGo! ソードボット・ケンザン ビークール・ケンザン パトカー

ビークルモードの再現度は高く、パトカーのボディに
ミラージュのスポーツカータイプのフロントを取り付ける事で、
ソードボット・ケンザンと類似したイメージを表現している。

白いボディやバンパー部分を青く塗装している事、
フロントエアインテークや鋭角なヘッドライトの形状も
共通した雰囲気を持ち、フロント部を差し替えた事は大正解である。




トランスフォーマーGo! ソードボット・ケンザン ビークール・ケンザン 1451

大きさを比較すると、ボイジャークラスの
ソードボット・ケンザンの迫力あるサイズと
ビークール・ケンザンの小ささがより引き立つ。

全体像は全く異なるにも拘らず、ビークール版も
ケンザンとして認識出来てしまう事に感心する。




Transformers GO! G-24 Be Cool KENZAN 1405

青と白を基調とし、赤と黄色が入る配色は、
日本的なヒーローロボットの定番のカラーだ。

ビークール・ケンザンの型は海外主導のTFのボディながら、
カラーリングにより日本的な印象を与える事に成功している。

既存のビークール・トイのリデコ版といえども、
ケンザンは新鮮なイメージを放っている優れたアイテムである。







Transformers Go! BeCool 1414

⇒ ◆参考にならない比較◆





⇒ G-24 トランスフォーマーGo! 侍チームビークールセット ジンブ `
⇒ G-24 トランスフォーマーGo! 侍チームビークールセット ガンオウ







テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog