十三非常階段
●TF スーパーリンク  ハイパートランスフォーマー ② ウイングコンボイ キャノンモード
トランスフォーマースーパーリンク カバヤ ハイパートランスフォーマー ウイングコンボイ キャノンモード 2460

技術は年を重ねる毎に進歩していく物だ。

この事はトイ開発の場にも当て嵌まり、ファンの手元に届く製品に
それまでは見られなかった新たな要素を見出せた時に認識出来る。

カバヤの食玩トランスフォーマーにも進歩したと受け取れる面が
確認出来る事から、真摯に製品を開発している事が窺える。



Hyper Transformer WING CONVOY CANNON MODE 453  ◆ 名前 : ウイングコンボイ キャノンモード

  ◆ブランド: ハイパートランスフォーマー


  ◆メーカー: カバヤ食品

  ◆シリーズ: トランスフォーマー スーパーリンク

  ◆ 発売 : 2004年9月下旬

  ◆ 価格 : 300円




トランスフォーマースーパーリンク カバヤ ウイングコンボイ キャノンモード パッケージ

パッケージ




Transformers Superlink Kabaya Hyper Transformer WING CONVOY CANNON MODE 532

フロント

トランスフォーマー スーパーリンク』の
総司令官グランドコンボイがパワーアップした姿を再現。

カバヤの食玩では『DXトランスフォーマー』版で
グランドコンボイの変形モデルは既出であったが、
パワーアップ形態のウイングコンボイは初となる。



Transformers Superlink Kabaya Hyper Transformer WING CONVOY CANNON MODE 536

リア

ハイパートランスフォーマー』は非変形の
彩色済みモデルで、ほぼ完成品の状態で封入されている。

組み立てる箇所は両肩の武器を取り付けるだけなので、
すぐにでも遊ぶ事が出来る優れたアイテムとなっている。




カバヤ ハイパートランスフォーマー ウイングコンボイ キャノンモード 2477

サイバトロン総司令官グランドコンボイと、未来型の
ステルスジェット機に変形する新戦士ウイングセイバー
合体したパワーアップ形態がウイングコンボイだ。

ウイングコンボイは飛行能力がアップするジェットモードと、
火力重視のキャノンモードの二形態に変形する事が出来る。



Transformers Superlink Kabaya Hyper Transformer WING CONVOY CANNON MODE 502

カバヤ食玩の『ハイパートランスフォーマー』版は、
攻撃能力が高いキャノンモードでモデル化されている。

両脚をハの字型に開き胸を張った姿で造形されており、
威風堂々とした力強さが表現されたスタイルとなっている。





Hyper Transformer WING CONVOY CANNON MODE Side Blaster 466

サイドブラスター

両肩に装備された各2門の砲身を備えたビーム砲。

ほとんど完成品のウイングコンボイ キャノンモードだが、
このサイドブラスターのみユーザーが取り付ける仕様。

これは武器を取り付けた状態だとパッケージに収まり難い事と、
破損防止を考慮した為の措置と思われる。



Hyper Transformer WING CONVOY CANNON MODE Twin Cannon Head 528

ツインキャノンヘッド

両腕先端の巨大なレーザー砲はキャノンモードのメイン武装。
タカラの変形トイではミサイル発射機能を備えていた。

安価な食玩のハイパートランスフォーマー版では
ミサイル発射機構は組み込めない為、ミサイル自体を廃し、
デザイン重視の造形で製作されている事が分かる。




カバヤ ハイパートランスフォーマー ウイングコンボイ キャノンモード ボルカニックバルカン 524

ボルカニックバルカン

サイドブラスターとツインキャノンヘッドの
全ての砲門を開き、一斉射撃する大火力の大技。

タカラの変形トイの広告でも『攻撃力最強!!』とアピールされていた
ウイングコンボイ キャノンモードに相応しい技である。





カバヤ ハイパートランスフォーマー ウイングコンボイ キャノンモード 487

全高約11cmのフィギュアで、300円の食玩としては
迫力のあるサイズと全身に施された塗装も相俟って、
非常にコストパフォーマンスが高いアイテムと言えるだろう。

更にハイパートランスフォーマーはカバヤの食玩TFとしては、
それまでの物と比べると格段にリアルな造形になっている事に驚く。



Transformers Superlink Kabaya WING CONVOY CANNON MODE2 485

カバヤTFの中では前作『トランスフォーマー マイクロン伝説』の
BIGトランスフォーマーと同様の彩色済み完成モデルだが、
独自のアレンジが強かったBIGトランスフォーマーと異なり、
ハイパートランスフォーマーはアニメ設定を忠実に再現した造形が特徴。





トランスフォーマースーパーリンク カバヤ ハイパートランスフォーマー ウイングコンボイ キャノンモード 516

絶妙のアレンジが秀逸であったBIGトランスフォーマー
好印象の評価すべきトイであったが、ハイパートランスフォーマーの場合は
それとは異なる取り組み方で製作した模様だ。

頭身や手足のバランスはアニメ設定に準じた印象だが、
各部のディティールはタカラ版変形トイを研究して
製作している事が窺え、再現のレベルも非常に高い。



Transformers Superlink Kabaya Hyper Transformer WING CONVOY CANNON MODE 464

食玩としては大型のトイで、手軽にパワーアップ形態の
ウイングコンボイを手にする事が出来るのもメリットの一つ。

可動を求めるトイではない物の、首、両肩、両膝に
ロールが組み込まれており、ある程度のポーズ付けが可能。

両肩のサイドブラスターも別パーツなので回転出来る。





Kabaya Hyper Transformer WING CONVOY CANNON MODE 520

カバヤ版ウイングコンボイ キャノンモードの特筆すべき点は、
造形のリアルさに加えて塗装箇所が非常に多い事だ。

頭部、ボディ、肩、腕、腿、脚等、実は全てのパーツに
塗装を施しているという、食玩としては驚くべき豪華さなのである。

更に使用している塗料は、赤、青、白、黒、黄、グレー、ネイビーブルー、
金、銀、ガンメタルと、多くの種類をふんだんに使っている事にも感嘆する。



カバヤ ハイパートランスフォーマー ウイングコンボイ キャノンモード 2505

成型色は赤と青の二色のみである事からも、塗装箇所が多い事が容易に理解出来る。

ボディ部分は前面のみならず背面も全体を塗装しており、
武器のサイドブラスターやボディの黒い部分、バックパックは
全て塗装処理され、成型色が見える部分の方が少ないのだ。



TFスーパーリンク カバヤ ウイングコンボイ キャノンモード 1

塗装箇所の多さだけにとどまらず、ハイパートランスフォーマーは
タンポ印刷も取り入れており、更に完成度を向上させている。

右肩のサイバトロンマークだけではなく、脚部の膝辺りの模様や斜めのラインも
タンポ印刷されており、目立たない箇所への拘りには感心するばかりだ。




トランスフォーマースーパーリンク カバヤ ハイパートランスフォーマー ウイングコンボイ キャノンモード 510

食玩のTFトイはDX玩具の廉価版ではなく、
高いクオリティを備えた注目に値するアイテムである。

特に子供を対象とした食玩は安価に抑えなければならず、
制約がある中で最大限のクオリティを実現している
当時のカバヤTFトイには、驚くべき要素が満載なのだ。

2000年代前半のカバヤ製トランスフォーマーは優れ物が多く、
後年発売された物にも引けを取らない完成度の高さが魅力である。







Transformers CONVOY 539

◆参考にならない比較◆





⇒ BIGトランスフォーマー ➀ コンボイ スーパーモード
⇒ BIGトランスフォーマー ➁ コンボイ        `
⇒ ハッピーミール オプティマスプライム       `
⇒ ハイパーギャラクシー ➀ ギャラクシーコンボイ  `


⇒ ハイパートランスフォーマー ➂ スペリオン    `


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog