十三非常階段
●X-MEN 7 エックスパワー アポカリプス
X-MENフィギュア  Xパワー アポカリプス 5180

X-MENが立ち向かう敵は数多く存在し、悪のミュータントを始め、
人間、政府機関、宇宙人や異次元人まで多岐に亘る。

その中でもアポカリプスは史上最強のミュータントの一人と目される
強力なヴィランであり、幾度となくX-MENを苦しめてきた。

強者を至上主義とする、冷徹にして無慈悲な信条を旨とするアポカリプスは、
人類を支配する地位に最も近い存在のミュータントだ。



X-MENフィギュア  Xパワー 7 アポカリプス 172  ◆ 名前 : アポカリプス

  ◆ 本名 : エン・サバー・ヌール

  ◆ チーム: 無し


  ◆メーカー: TOYBIZ (発売元タカラ)

  ◆シリーズ: 日本版 X-MEN Xパワーシリーズ

  ◆ 発売 : 1994年

  ◆ 価格 : 970円




X-MEN Figure X Power APOCALYPSE 2nd Version package

パッケージ




X-MEN 5 Inch Figure 2nd APOCALYPSE 167

フロント

人間とは懸け離れている怪物的な顔や、体格の良い
マッシブなボディから強大な存在である事が伝わってくる様だ。

筋肉質なパワー系の姿ながら、全身はブルー系統の色で纏められ、
冷静さや理知的な印象も感じられる巧い配色である。



X-MEN 5 Inch Figure 2nd APOCALYPSE 202

リア

X-MEN・5インチフィギュアシリーズに属しているが、
筋肉質なボディによりボリュームがあるフィギュアに仕上がっている。

腰から腕部に伸びるチューブは軟質なラバー素材で
自在に曲がる為、ポージングの妨げにはならない。




X-MENフィギュア  Xパワー アポカリプス 275

首、肩、腰が回転、股関節と膝も曲げる事が出来る。

スタイルに秀でたフィギュアであり、当時としては
基本的な可動は組み込まれている為、特に不満は感じられない。

腰の回転が加わっている事は、最初期のフィギュアに比べると大きな進歩だ。



X-MEN 5 Inch Figure 1993 APOCALYPSE 5287

ボディの成形色は青一色なので、胸元、前腕部、
腹部及び腰、膝下のブーツ部分の水色は全て塗装処理されている。

顔全体のグレー部分や赤い目、腹部のAマークとチューブのシルバーも
全て塗装が施してあり、塗装箇所が多い事も評価出来る仕様だ。





X-MEN 5インチフィギュア  Xパワー 7 アポカリプス 281

数千年の時を生きる魔神アポカリプスは、歴史の裏側で
暗躍を繰り返してきた不死のミュータントである。

強大な力と天才的な頭脳を有し、適者生存を信条とする
危険な思想の持ち主で、 世界は人類ではなく
力を有するミュータントが支配するべきだと信じている。



X-MEN 5 Inch Figure 2nd APOCALYPSE 289

約5000年前のエジプトで奴隷の家系に生まれた彼は、
太陽王オジマンディアスのピラミッド建設に従事する奴隷だった。

青年となりミュータントとして覚醒した彼は、
比類無きパワーでオジマンディアスとその軍隊を破り、
自らが王となって逆にオジマンディアスを下僕とした。



X-MEN 5 Inch Figure 2nd 1993 APOCALYPSE 270

奴隷として死に直面する経験をしたアポカリプスにとって、
生き延びる者、強きミュータントこそ生き残る価値があると信じ、
弱者は淘汰されるべきという過激な思想の下、人類に挑戦し続けている。

適者生存の思想は自身も含まれており、仮にアポカリプスを
倒せる強力な敵が現れ、その戦いで破れたとしても、
彼は名誉ある死を受け入れる覚悟が常に出来ている。




X-MEN 5 Inch Figure 2nd APOCALYPSE 268

アポカリプスは不老不死のミュータント
エクスターナルの一人でもあり半不死の身体を持つ為、
五千年を生き抜き、更に数千年後の未来でも生存している。

奇病治療の為、幼いケーブルが送られた39世紀の
未来世界でもアポカリプスは健在で、更に彼に従うミュータントによる
世界征服を実現し、アポカリプスが地球の覇者となっている。



TOYBIZ X-MEN 5 Inch Figure 2nd APOCALYPSE  5195

又、プロフェッサーXが死亡した事で出現した上記の物とは別の並行世界でも
地球全土を支配するに至っており、アポカリプスの強大さは計り知れない。

こちらのパラレルワールドのストーリーは、『エイジ・オブ・アポカリプス』の
タイトルで知られる長編クロスオーバーで、日本でも邦訳本が全編に亘り発行されている。



X-MENフィギュア  Xパワー 7 アポカリプス 185

アポカリプスが狂気の独裁者である事に
変わりはないが、彼の目的は安直な世界征服ではない。

全てはミュータントの繁栄の為であり、それを妨げ、
ミュータントの成長を邪魔する者達を数世紀に亘って葬ってきた。

人間性は皆無のアポカリプスだが、考え方によっては
誇り高き高尚な精神を持つ人物と捉える事も出来る。




TOYBIZ X-MEN 5 Inch Figure 2nd APOCALYPSE 5196

又、アポカリプスは突然変異を利用した生物工学
ミュータジェネティックスの発明者でもあり、
バイオ化学と機械を組み合わせた様な独自の技術を自在に操る。

後のアークエンジェル、即ち初代X-MENのメンバーの一人である
ウォーレン・ワージントン3世に生体金属の翼を与えて改造したり、
ケーブルの身体を蝕むテクノ・オーガニック・ウィルス
創り出し彼に植え付けたのもアポカリプスだ。



TOYBIZ X-MEN 5 Inch Figure 2nd APOCALYPSE 278

不老不死、強靭な肉体とパワー、天才的な頭脳に加え、
アポカリプスにはミュータント能力も備わっている。

身体の分子構造を変化させる事が出来、自身の身体を
自由自在に変形させる能力を持ち、特に腕部を鈍器や
武器に変形させて攻撃する事を得意としている。

又、この能力を応用して十数メートルの巨人に
巨大化する事も可能という万能さも備えている。





X-MEN Figure X Power APOCALYPSE 2nd Blaster 5213

ブラスターガン

フィギュアでは分子構造操作能力を再現したギミックを
搭載しており、腕部は別パーツと交換出来る。

両腕は肩から取り外し可能で、付属する武器状の腕部に
差し替える事で、腕部が変形した状態を再現している。



X-MEN Figure X Power APOCALYPSE 2nd Blaster Gun

ブラスターガンは、先端の銃身部分をレバー操作で伸長させる事が出来る。

差し替え用の武器状の腕部にも背中からのチューブを
取り付ける事が出来、腕部が変形したという設定に説得力を与えている。




X-MEN Figure X Power APOCALYPSE 2nd Crush Arm 5238

クラッシュアーム

巨大なペンチ状のアームには内部にバネが仕込まれており、
自動的に閉じるので物を挟み込む事が可能。

単に腕部を差し替える事が出来るだけではなく、
交換用アームの両方にギミックを備えており、遊び甲斐がある。



X-MEN Figure X Power APOCALYPSE 2nd Crush Arm 254

ボディの肩部分には、白い別パーツで凸型のジョイントが設けられている。
腕部には凹型の穴があり、ボディ側のジョイントに差し込む仕組み。

肩は強固に接続される為、ポーズを付けて腕を上げても保持力がある。

肩のジョイントは固めに接続される為、交換の際には
暖める等して外れ易くする配慮を行えば、破損を防止出来る。




X-MEN Figure X Power APOCALYPSE 2nd 227

アポカリプスのトイビズ製のフィギュアは1991年に一度登場しており、
そちらも分子構造変化能力を再現した胴体と脚部が伸びるギミックを搭載していた。

1991年版アポカリプスは細身の体型だったので、アメリカでは1993年に登場した
この二番目のフィギュアの方が、アポカリプスのキャラクター性が巧く表現されている。




X-MENフィギュア  Xパワー 7 アポカリプス 260

マーベルユニバース全体の中でも上位に位置する強大なヴィランの
アポカリプスは、コミックスでも大きな存在であると共に
不死のミュータントという設定により幅広い展開が可能なキャラクターだ。

重要キャラのアポカリプスのフィギュアは数あれど、1993年に登場した
このフィギュアは、既に決定版と呼べるほどのクオリティを誇っている。

キャラクターイメージの再現という点では非常にレベルが高く、
この様な傑作と呼べるアイテムは、初期の頃の
トイビズ製フィギュアにも存在するという好例である







X-MEN APOCALYPSE 5295

◆参考にならない比較◆ 


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog